山下 達也 Tatsuya YAMASHITA 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス

2016.6.19 (日) 19:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2016明治安田生命J2リーグ 第19節

必勝を誓うホームで白星をつかみ、連勝ロードへ!

 キャプテン柿谷曜一朗の負傷をはじめ、苦戦を強いられながらもアウェイ2連戦で連勝を飾ったセレッソ。再び上位に浮上し、ここから一気に首位奪還を狙いたい。
 トップチームデビューを飾った木本恭生の劇的な決勝弾で2-1と勝利した長崎戦から中3日で迎えた前節は、岐阜と激突。開始早々の5分に杉本健勇とのコンビプレーで左サイドを崩した丸橋祐介の折り返しをブルーノ メネゲウが冷静に決めて先制する。その後は相手に押し込まれる展開となったが、全員でしっかり守り抜き1-0で第11節以来となる完封勝利を手にした。
 約1カ月ぶりのキンチョウスタジアム開催となる本日は12位・徳島を迎える。黒星が先行している相手だが、上位の清水や京都を下しているとおり地力は十分。2戦連続得点中の佐藤晃大ら上り調子の攻撃陣は特に要注意だ。
 今シーズン、セレッソはホームで3勝2分3敗とまさかの大苦戦。これ以上、不甲斐ない戦いは許されない。柿谷不在となるが、デビュー戦ゴールを決めた木本、岐阜戦で改めて能力の高さを示した玉田圭司、約1年半ぶりにトップチームの公式戦に復帰した藤本康太など存在感を増している選手は多く、戦力に不安はない。「ホームでは必ず勝つ」。“桜の戦士”の誰もがそう誓う聖地で今日こそ白星をつかみ、J1へと続く連勝ロードを突き進む。


STANDINGS

2016明治安田生命J2リーグ
順位表 (第18節終了時点)

順位 チーム名 勝点
1 札幌 36 11 3 3
2 岡山 34 10 4 4
3 C大阪 34 10 4 4
4 京都 33 9 6 2
5 松本 32 9 5 4
6 町田 32 9 5 4
順位 チーム名 勝点
1 札幌 36 11 3 3
2 岡山 34 10 4 4
3 C大阪 34 10 4 4
4 京都 33 9 6 2
5 松本 32 9 5 4
6 町田 32 9 5 4
7 清水 29 8 5 5
8 千葉 28 7 7 4
9 山口 28 8 4 6
10 山形 21 5 6 6
11 讃岐 21 5 6 7
12 徳島 21 6 3 9
13 岐阜 21 6 3 9
14 横浜FC 20 5 5 7
15 愛媛 20 4 8 5
16 水戸 19 4 7 6
17 熊本 17 5 2 6
18 東京V 17 3 8 7
19 長崎 16 3 7 7
20 群馬 16 4 4 10
21 北九州 14 3 5 10
22 金沢 11 2 5 11

TOP SCORERS

2016明治安田生命J2リーグ
得点ランキング (第18節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 大前 元紀 清水 12
2 都倉 賢 札幌 10
2 鈴木 孝司 町田 10
2 永井 龍 長崎 10
5 三島 康平 水戸 7
5 中島 裕希 町田 7
5 押谷 祐樹 岡山 7
8 内村 圭宏 札幌 6
8 原 一樹 北九州 6
10 柿谷 曜一朗 C大阪 5

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 徳島ヴォルティス

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 23 山下 達也 TODAY’S KEY PLAYER
DF 23 山下 達也

強気な守備で牽引する桜の砦

 セレッソ守備陣の要であり、力強く、ハードに、アグレッシブなディフェンスで相手の攻撃を封じ込める叩き上げのセンターバック。2011年の札幌でのプレーを除き、プロ入りした06年から常に桜の戦士として歩み続け、13年途中からはレギュラーに君臨。14年に1試合出場停止で欠場した以外、最近3シーズンは常に先発出場を続けるなど、タフネスさを兼ね備えており、チームの信頼も厚い。
 今シーズンは無失点勝利が増えている中、ディフェンスリーダーとして体を張ったプレーでの貢献度の高さは際立っている。それでも「もっと安心させられるように、僕は守備をしっかりして、皆さんに納得してもらえるようなプレーをしていきたい」と意気込む桜の23番が、セレッソサポーターの声援を力に、前へ前へとチームを勢いづける強気な守備でJ1復帰へ突き進む。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 武田 博行
  • 2 MF 扇原 貴宏
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 FW ブルーノ メネゲウ
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 松田 陸
  • 16 DF 小谷 祐喜
  • 17 DF 酒本 憲幸
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 田代 有三
  • 20 FW 玉田 圭司
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF 中澤 聡太
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 小暮 大器
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 FW 澤上 竜二
  • 30 MF 木本 恭生
  • 31 MF 橋本 英郎
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 FW 米澤 令衣
  • 37 DF 池田 樹雷人
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 北野 貴之
  • 出場停止選手
  • なし
徳島ヴォルティス
徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティス 選手リスト

  • 1 GK 相澤 貴志
  • 2 DF 福元 洋平
  • 3 DF アレックス
  • 4 DF 藤原 広太朗
  • 5 DF 石井 秀典
  • 6 MF カルリーニョス
  • 7 MF 木村 祐志
  • 8 MF 岩尾 憲
  • 9 FW 長谷川 悠
  • 10 MF 大﨑 淳矢
  • 11 MF キム キョンジュン
  • 13 FW 佐々木 一輝
  • 14 MF 濱田 武
  • 15 DF 井筒 陸也
  • 16 FW 渡 大生
  • 17 FW 山﨑 凌吾
  • 18 FW 佐藤 晃大
  • 19 DF 内田 裕斗
  • 21 GK 渡辺 泰広
  • 22 DF 広瀬 陸斗
  • 23 MF 前川 大河
  • 24 MF 佐々木 陽次
  • 25 DF 冨田 大介
  • 26 DF 橋内 優也
  • 27 DF ソン セファン
  • 28 MF 井澤 惇
  • 29 GK 杉本 大地
  • 31 GK 長谷川 徹
  • 32 GK 中野 小次郎 ※2種登録選手
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 徳島 徳島
1.2(8) ゴール 0.9(17)
13.0(5) ドリブル 11.2(9)
17.2(4) クロス 13.4(17)
470.9(4) パス 443.4(9)
1.9(19) インターセプト 2.6(8)
23.1(19) クリア 30.7(1)
21.1(7) タックル 21.5(6)
12.7(1) シュート 7.7(19)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
徳島ヴォルティス徳島ヴォルティス

PICK UP PLAYER

MF 30 木本 恭生

「チームの戦力になりたい」

 静岡学園高校、福岡大学を経て、今シーズンから桜の戦士となった大型ボランチ。力強く要所を引き締める守備や空中戦の強さに加え、的確なフィードやスルーパスで得点にも絡む。同じく大卒ルーキーの澤上竜二とともに、2015年ユニバーシアード日本代表としても活躍。即戦力として大きな期待が掛かる一人だ。
 ただし、チームにはソウザや山村和也、扇原貴宏、橋本英郎ら錚々たるボランチ陣がひしめいており、開幕当初はU-23でプレー。J3が舞台となったものの、オーバーエイジ枠の清原翔平とともに、格の違いを見せるプレーを継続した。時にはセンターバックもこなし、得点にも絡むなど、攻守でアピール。その活躍を評価され、J2第17節長崎戦で初めてトップチームでベンチ入りすると、65分から途中出場して起死回生の勝ち越し弾を記録。鮮烈なデビューを飾った。
 それでも「あの時間帯にボランチで出たということは、試合を落ち着かせたり、無失点で終わらせたりする役割を持っていた。(ゴールの前に)失点したシーンではパワープレーで入ってきた相手選手をマークしていたが、自分のスペースを使われてしまったので、そこは反省しないといけない」と初得点に満足せず、厳しいポジション争いで勝ち残るべく、気を引き締め直す。ただ、第18節岐阜戦でもベンチ入りするなど、先週はトップチームに帯同し続け「貴重な1週間になった」のは確か。その経験を生かすべく、「これをコンスタントに続けて、(チームの)戦力になりたい」と誓う。
 普段は先輩からも後輩からもイジられる、気の優しい好青年。セレッソでも“愛されキャラ”になってきた30番は、ピッチ上ではしっかりと仕事をこなす“職人”だ。攻守両面で持ち味を生かし、桜色のチームに新たな風を吹き込む。(文=前田敏勝)

結果にこだわる“優男”

 同期の澤上竜二が「イジられるのが好きなんですよ。おいしいと思っている(笑)。自分には全然(若手がイジりに)来ないので、ヤスキに守ってもらっていますね。そういう役を全部担ってくれているから」と話すとおり、心優しい木本。そんな彼だからこそ、J2初出場初ゴール時にはお祝い連絡が殺到。「試合が終わって(携帯を)見たら、今までにないくらい(多くの連絡)でびっくりしました(笑)」。J3での活躍、J2でのデビューと奮闘を続け、サポーターからの声援も日増しに高まっている。「試合に出る前からファン・サポーターの皆さんに声を掛けてもらっていたが、得点を決めて『初ゴールおめでとう!』とさらに声を掛けてくれるので、結果を残すとサポーターの方も喜んでくれるんだと実感しました。そういう意味でも、どんどん結果を残していきたい」。木本はこれからもプロとして結果にこだわっていく。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

U-23の若手選手に未来を示した木本の価値あるプロ初ゴール

 1点リードで迎えた第17節長崎戦の後半アディショナルタイム。昨シーズンまでセレッソに在籍していた永井龍に同点ゴールを決められた直後、劇的な勝ち越しゴールを決めたのが大卒ルーキー木本恭生だった。試合後、木本はプロ初ゴールの喜びとともに「いいボールをキヨさん(清原翔平)がくれた」と、絶妙な折り返しでゴールをアシストした清原へ感謝の気持ちを述べた。清原も「ヤス(木本)とはJ3でも一緒にやっていたし、彼が一生懸命やっている姿は見てきた。そういう選手が決めて勝てたことは、チームの勝利と同じくらいうれしい」と満面の笑みを浮かべた。J3を主戦場にしていた2人が紡いだゴールだった。
 木本は前節の岐阜戦でもトップチームに帯同。J3を戦うU-23も、岐阜戦と同日にアウェイ富山戦を控えていた。試合前日、トップチームよりも先にクラブハウスを出発するU-23のチームバスを見送りに出てきた木本は、大熊裕司U-23監督や選手からの「こっちじゃないの?」というイジリに、照れた様子で応じていた。「自分がトップチームで試合に出ることで、U-23の選手も『(J3で)結果を残せばトップへ行ける』という気持ちになると思う」。U-23で戦う若手に未来を示した価値あるプロ初ゴールだった。(文=小田尚史)

maishima topics

 試合3日前の16日(木)、大雨が降りしきる中、舞洲練習場では引き締まった紅白戦が行われた。先週に続き、得点を決めたのは玉田圭司。1本目の途中にAチームのトップ下に入ると、2本目は1トップに入り、トップ下のブルーノ メネゲウと時にポジションを変えながら、攻撃を牽引した。「タマダさんはテクニックもあって素晴らしい選手。(紅白戦の得点場面のように)2人でコミュニケーションを取ってプレーすればチャンスも作れる。今日はいい感じでプレーできた」とブルーノ。エース柿谷曜一朗が今節も不在の中、彼らが生み出すコンビネーションや得点力に期待が高まる。(文=小田尚史)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。
※レンタルラジオは「セレッソコーナー」、「インフォメーション」で受付けています。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

TIME SCHEDULE

  • 当日券売り場、総合チケットセンター、インフォメーション
  • フードパークオープン
  • スタジアム開門
  • GKウォーミングアップ
  • FPウォーミングアップ
  • 選手入場
  • 前半キックオフ!!!

SCHEDULE

2016明治安田生命J2リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
15 5月28日(土) 2 ○ 1 岡山 ヤンマースタジアム長居
16 6月4日(土) 2 ● 3 讃岐 ヤンマースタジアム長居
17 6月8日(水) 2 ○ 1 長崎 長崎県立総合運動公園陸上競技場
18 6月12日(日) 1 ○ 0 岐阜 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
19 6月19日(日) 19:00 徳島 キンチョウスタジアム
20 6月26日(日) 19:00 東京V キンチョウスタジアム

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 2 2
  • ガイナーレ鳥取
  • 木本 恭生 (56'), 岸本 武流 (60')
  • 01
    21
  • 山道 淳司 (23'), 川鍋 良祐 (82')

2016.6.25 (土) 19:00
キンチョウスタジアム
観衆 1221人

NEXT MATCH

vs 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ

2016.6.26 (日) 19:00 キックオフ
(キンチョウスタジアム)
2016明治安田生命J2リーグ 第20節

次節対戦チームのホームタウンをご紹介!

1.東京スカイツリー

 2012年5月に電波塔・観光施設として開業した東京都のランドマーク。高さ634メートルを誇り、世界一高い自立式電波塔としてギネスに認定されている。東京ソラマチをはじめ周辺施設は東京スカイツリータウンと呼ばれ、食事からショッピングまで幅広く楽しめる複合施設となっている。

2.もんじゃ焼き

 東京下町の人気グルメ。小麦粉を溶かす水の量が多く、ソースなどの調味料や具材を一緒に混ぜ込むのが特徴で、トロッとした食感が魅力。月島の「もんじゃストリート」には約60店が軒を連ね、魚介系からエスニック系まで多様な味が楽しめる。アウェイ遠征時は、ぜひ足を運んでみては?

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■オリジナル扇子
[価 格]1,296円(税込)


■バイカラーポーチ
[価 格]2,484円(税込)


■コンパクトミラー(エンブレム)
[価 格]1,296円(税込)


■バケットハット(リバーシブル)
[価 格]3,672円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、手軽でコンパクト。きれいな風ですみずみまで布団を乾燥!さらに衣類やブーツ、靴まで乾かせる「三菱ふとん乾燥機」(1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(必ずカタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、キックオフまでに送信してください。抽選の上、当選者にはメールでお知らせするとともに、ハーフタイムにニックネームを発表します。※当選メールは上記アドレスでパソコンから送信します。受信できる設定にしてください。
 当選された方は、本日試合終了後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。
 セレッソサポーターの皆さん、「三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞」にぜひご応募ください!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!