リカルド サントス RICARDO SANTOS 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア

2016.7.20 (水) 19:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2016明治安田生命J2リーグ 第24節

培ってきたチーム力で勝利を手繰り寄せる!

 札幌との首位決戦はドローで終えたものの、気持ちを切らすことなく勝点を積み重ねている桜の戦士たち。再びの連勝ロードへ、今日も一丸となって戦う。
 敵地で行われた前節の群馬戦は、丸岡満がトップ下でトップチーム初出場。序盤から果敢に相手ゴールへ迫り、チームに勢いを与える。迎えた3分、丸橋祐介の左CKを杉本健勇がニアですらすと、そのボールを清原翔平が頭で押し込み先制する。後半も主導権を握り続け、61分には速攻から清原、リカルド サントスとつなぎ、最後は杉本が決めて2点目を奪う。守っては相手のシュートをわずか2本に抑え込み完封。後半戦の初勝利を挙げた。
 本日は8位・町田と激突する。最近5試合で1勝と不調の相手だが、開幕戦では勝利こそしたが連動した堅守と走力で内容では押されただけに油断は大敵。中3日の過密日程だが、まずは走力で上回ることが勝利への条件だ。
 7月に入り扇原貴宏、ブルーノ メネゲウらがチームを去ったが、その一方で清原や山口蛍、そして丸岡といった新戦力が躍動。「後先を考えずに全員が1試合に集中してやっていくことが大切」。指揮官の言葉どおり、夏場の連戦では集中力やチームの総力が勝敗を大きく左右する。連戦の幕開けとも言える今日の一戦、今シーズン培ってきたチーム力を見せつけ、勝利を手繰り寄せる!


STANDINGS

2016明治安田生命J2リーグ
順位表 (第23節終了時点)

順位 チーム名 勝点
1 札幌 47 14 5 3
2 松本 47 14 5 4
3 C大阪 47 14 5 4
4 岡山 40 11 7 5
5 清水 38 10 8 5
6 京都 38 10 8 5
順位 チーム名 勝点
1 札幌 47 14 5 3
2 松本 47 14 5 4
3 C大阪 47 14 5 4
4 岡山 40 11 7 5
5 清水 38 10 8 5
6 京都 38 10 8 5
7 山口 37 11 4 8
8 町田 36 10 6 7
9 千葉 32 8 8 7
10 山形 28 7 7 9
11 愛媛 28 6 10 6
12 徳島 28 8 4 11
13 長崎 27 6 9 7
14 水戸 26 6 8 8
15 熊本 25 7 4 9
16 横浜FC 24 6 6 10
17 岐阜 24 7 3 13
18 讃岐 23 5 8 10
19 東京V 23 5 8 10
20 北九州 20 5 5 13
21 群馬 19 4 7 12
22 金沢 19 4 7 12

TOP SCORERS

2016明治安田生命J2リーグ
得点ランキング (第23節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 大前 元紀 清水 12
1 永井 龍 長崎 12
3 都倉 賢 札幌 10
3 鈴木 孝司 町田 10
5 三島 康平 水戸 9
5 鄭 大世 清水 9
5 押谷 祐樹 岡山 9
5 原 一樹 北九州 9
9 高崎 寛之 松本 8
9 中山 仁斗 山口 8

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs FC町田ゼルビア

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 11 リカルド サントス TODAY’S KEY PLAYER
FW 11 リカルド サントス

桜にすべてを捧げるストライカー

 長身かつ強靱な体躯を生かして最前線で相手ゴールに圧力を掛け続けるセンターフォワード。母国ブラジルだけでなく、北欧や中国でのプレーも経験し、今シーズンからセレッソの一員に。J2ではここまで21試合に出場し、チーム2位タイの5得点を記録。前半戦終盤の5連勝時には4ゴールを決めるなど、勤勉な11番の活躍がチームに勢いをもたらしている。
 「チームのためにすべてを捧げ、全力を尽くす」。常々そう言い続けているブラジリアンは、日本特有のハードワークを求められるサッカーにも順応。攻撃だけでなく、前線からの守備でも幾度となくチームを救ってきた。前への推進力に溢れ、チームメートからも愛されている“リカ”が、セレッソを頂点へと導くべく、蒸し暑い日本の夏でも相手守備陣をなぎ倒し、愛するサポーターのために勝利を呼び込む。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 武田 博行
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 松田 陸
  • 16 DF 小谷 祐喜
  • 17 DF 酒本 憲幸
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 田代 有三
  • 20 FW 玉田 圭司
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF 中澤 聡太
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 小暮 大器
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 FW 澤上 竜二
  • 30 MF 木本 恭生
  • 32 GK アン ジュンス
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 FW 米澤 令衣
  • 37 DF 池田 樹雷人
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 40 FW 岸本 武流
  • 41 MF 山口 蛍
  • 45 GK 北野 貴之
  • 出場停止選手
  • なし
FC町田ゼルビア
FC町田ゼルビア

FC町田ゼルビア 選手リスト

  • 1 GK 内藤 圭佑
  • 2 DF 星野 悟
  • 3 DF 畠中 槙之輔
  • 4 MF 三鬼 海
  • 5 DF 深津 康太
  • 6 MF 李 漢宰
  • 7 MF 戸高 弘貴
  • 8 MF 谷澤 達也
  • 9 FW 鈴木 孝司
  • 10 MF 土岐田 洸平
  • 11 FW 中村 祐也
  • 13 MF 大竹 隆人
  • 14 MF 横山 翔平
  • 15 MF 井上 裕大
  • 16 DF 有薗 真吾
  • 17 MF 鈴木 崇文
  • 19 DF 松本 怜大
  • 20 MF 松下 純土
  • 21 GK 髙原 寿康
  • 22 GK 島崎 恭平
  • 23 FW 戸島 章
  • 24 DF 金 聖基
  • 27 DF 福田 友也
  • 29 MF 森村 昂太
  • 30 FW 中島 裕希
  • 37 DF カルフィン ヨン ア ピン
  • 38 FW 久木野 聡
  • 39 FW 重松 健太郎
  • 出場停止選手
  • 深津 康太

チームスタッツ

C大阪C大阪 町田 町田
1.4(6) ゴール 1.1(12)
12.5(5) ドリブル 10.5(11)
16.6(4) クロス 16.6(4)
471.6(4) パス 365.0(21)
2.0(19) インターセプト 2.7(5)
22.6(18) クリア 23.7(16)
20.1(9) タックル 18.9(14)
13.1(1) シュート 10.5(5)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
FC町田ゼルビアFC町田ゼルビア

PICK UP PLAYER

FW 40 岸本 武流

「自分が得点を決めて勝ちたい」

 一瞬のスピードで相手を抜き去り、どんな形からでも貪欲にゴールを決め切る、アカデミー育ちのゴールゲッター。2013年にU-18へ加入し、桜のアカデミーで大熊裕司(現アカデミーダイレクター兼U-23監督/U-18総監督)をはじめとする育成スタッフによって鍛え上げられると、好素材はすぐに光輝き台頭。高校2年時には高円宮杯U-18サッカーリーグ2014チャンピオンシップ優勝にレギュラーFWとして貢献する。さらに、昨年のU-18プレミアリーグWESTでも10得点を挙げるなど決定力を武器にチームを牽引し続け、今シーズンから庄司朋乃也とともにトップ昇格を果たした。また、これまで各年代の日本代表に名を連ねており、将来を嘱望されている若き点取り屋だ。
 今シーズンは新たに発足したU-23で研鑽を積む中、開幕当初は負傷により別メニュー調整を余儀なくされたが、J3第7節YS横浜戦でプロデビューを飾る。すると、続く第9節鹿児島戦ではプロ初得点。さらに第14節鳥取戦でも豪快なシュートでネットを揺らし、徐々に本領を発揮しつつある。ただし、「ここ(U-23)で結果を残して、早くトップチームに上がって試合に出たい」と話すように、狙うのはあくまでトップチームでの活躍だ。「自分が得点を決めて勝ちたい」。そう話す岸本のゴールへのこだわりは人一倍強く、5大会ぶりとなるU-20ワールドカップ出場を目指すU-19日本代表にとっても、彼の力は必要不可欠だ。
 明るく、優しく、無邪気で律儀な40番はピッチではたくましさを備える東京オリンピック世代の逸材。その得点力にますます磨きをかけるべく、「気持ちが一番の武器」という近未来を担うエース候補は、世界の舞台でその名を轟かせるためにも、遮二無二かつ、「地道に、謙虚に」走り続ける。(文=前田敏勝)

無邪気で一途なサッカー小僧

 奈良県橿原市出身。澤上竜二も育った桜FCを経て、「プロになりたい」一心でセレッソのアカデミーに飛び込んだ岸本。年代別代表とチームでの活動を兼務する中、今シーズンはU-19日本代表の活動も多くなり、海外遠征も重ねる日々が続く。そんなタイトなスケジュールでも「サッカーができて楽しいし、最高です!」と笑顔で話す姿は、まさしくサッカー小僧。今、目標とする選手は、日本代表FW岡崎慎司というように、ガッツ溢れるストライカーを理想像とする。ちなみに、今のマイブームは「最近買ったニンテンドー3DSで、チームメートと対戦ゲームをして遊ぶこと」なんだとか。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

J1昇格の切符をつかむべく、桜の戦士が夏攻勢を仕掛ける

 7月も約3分の2が過ぎた今は、本格的に真夏モード。それでも、セレッソのイレブンは蒸し暑い中でタフにトレーニングを行い、チーム全体で戦闘態勢をしっかり維持している。第22節札幌との首位決戦はホームで悔しいスコアレスドローだったが、最近の6勝1分けという好成績で、ようやく首位の札幌、2位の松本と同勝点(47)に並ぶことができた。
 ただし、J1復帰、J2優勝へ、上位陣からさらに抜け出すためにも、大事なのはここから。近年のJ2では、7月と8月の真夏に勝点を積み重ねたチームが、J1昇格の切符をつかんできた実績がある。昨シーズンは大宮がこの時期に8連勝。一昨年は湘南(5勝4分け)と松本(6勝3分け)が負けなし。2013年はG大阪と神戸がともに6勝を記録した。さらに12年の甲府は、7月からの6連勝で加速をつけ、6月からシーズン終了まで24試合連続負けなし(引き分けは8)のJ2記録を樹立した。「いかに夏を乗り切るか」、それはシーズン前から大熊清監督やスタッフをはじめ、チームがテーマにしてきたこと。中3日で臨む今節、タフな町田との一戦は正念場の一つだ。それでも、前節の快勝を勢いに、チームの総力でこの試合を乗り切り、さらに夏攻勢を仕掛けていきたいものだ。(文=前田敏勝)

maishima topics

 7月に入って、蒸し暑さが際立ってきた舞洲グラウンド。今シーズン初めて大阪生活を送っている山村和也、清原翔平も「暑さが本当に大変!」と漏らしていた。それでも、彼らをはじめ桜の戦士たちが精力的に走り、たっぷり汗をかき、トレーニングに勤しむ姿は頼もしい。ちなみに、2005年からセレッソでプレーしている藤本康太も、熊本から大阪に来た当初は「湿度がやばい! 九州から来て、こっちの湿度がキツかった!」と相当ビックリしたそう。だからこそ、「大概どのチームが来てもそう思うだろうけど、この時期、僕らはやっぱりチャンスだと思ってやっていかないといけないし、相手に走り負けないように、球際だったりそういうところで気持ちを入れて負けないことが大事になる」と、大阪特有の気候への慣れをアドバンテージにしつつ、原点をしっかり見つめながら戦う重要性を強調していた。(文=前田敏勝)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。
※レンタルラジオは「セレッソコーナー」、「インフォメーション」で受付けています。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

TIME SCHEDULE

  • 当日券売り場、総合チケットセンター、インフォメーション
  • フードパークオープン
  • スタジアム開門
  • GKウォーミングアップ
  • FPウォーミングアップ
  • 選手入場
  • 前半キックオフ!!!

SCHEDULE

2016明治安田生命J2リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
20 6月26日(日) 1 ○ 0 東京V キンチョウスタジアム
21 7月3日(日) 5 ○ 1 熊本 うまかな・よかなスタジアム
22 7月9日(土) 0 △ 0 札幌 キンチョウスタジアム
23 7月16日(土) 2 ○ 0 群馬 正田醤油スタジアム群馬
24 7月20日(水) 19:00 町田 キンチョウスタジアム
25 7月24日(日) 18:00 讃岐 Pikaraスタジアム

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 2 2
  • SC相模原
  • 米澤 令衣 (59'), 小谷 祐喜 (90+4')
  • 00
    22
  • シンバ (52'), 飯田 涼 (75')

2016.7.24 (日) 17:00
キンチョウスタジアム
観衆 894人

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■ハローキティ コラボハンドタオル
[価格]756円(税込)


■ハローキティ コラボシュシュ
[価格]1,296円(税込)


■ハローキティ コラボリボンマグネット
[価格]1,944円(税込)


■プレイヤーズフォトTシャツ
[種 類]柿谷/玉田/キム ジンヒョン
[サイズ]XS / S / M / L / LL
[価 格]2,808円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、手軽でコンパクト。きれいな風ですみずみまでふとんを乾燥!さらに衣類やブーツ、靴まで乾かせる「三菱ふとん乾燥機」( 1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(必ずカタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、キックオフまでに送信してください。抽選の上、当選者にはメールでお知らせするとともに、ハーフタイムにニックネームを発表します。※当選メールは上記アドレスでパソコンから送信します。受信できる設定にしてください。
 当選された方は、本日試合終了後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。
 セレッソサポーターの皆さん、「三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞」にぜひご応募ください!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!