DF 23 山下 達也 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス

2017.3.15 (水) 19:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2017JリーグYBCルヴァンカップ 第1節

J1復帰を決めた聖地で今シーズン初勝利を!

 カップウィナーの称号を懸けたYBCルヴァンカップが本日、幕を明ける。3年ぶりの参戦となるセレッソは、ここまでリーグ戦で2分1敗と未勝利。今シーズン初勝利、そして週末のリーグ戦に向けて弾みをつける意味でも、大きな意味を持つ初戦と言えるだろう。
 先週末に敵地で行われたJ1第3節北海道コンサドーレ札幌戦では、今シーズン初めて4-2-3-1を採用。前半からボールを保持し主導権を握ると、13分にソウザのFKからマテイ ヨニッチが2試合連続弾となる先制点を挙げ、幸先良くリードする。しかし、後半に入ると次々に交代カードを切り攻勢に出る札幌に押し込まれ、73分に同点弾を許してしまう。その後は互いにチャンスを作りながらも決め切れず1-1のドロー。チーム全員が勝点3へ強い意欲を見せていただけに、悔しい結果となった。
 本日のルヴァンカップ初陣はリーグ戦5位の横浜F・マリノスと激突する。今オフ大幅な刷新に着手したが、新戦力のウーゴ ヴィエイラやダビド バブンスキーがすでにリーグ戦2得点とフィット。主将の齋藤学も攻撃の軸として存在感を見せており、難しい一戦になるだろう。
 ただし、セレッソも札幌戦で清武弘嗣が待望の復帰を果たし、開幕2試合よりも明らかに得点機や攻撃バリエーションが増加。また、守備も押される時間帯が続いた中で1失点に抑える粘り強さを見せており、一歩一歩、着実に前進している。また、ルヴァンカップではリーグ戦で出番を得ていなかった選手の起用も予想されるため、起爆剤として彼らの奮起に期待が掛かる。J1への復帰を決めたキンチョウスタジアムでの2017シーズン初戦、必ず勝利を飾り、リーグ戦の巻き返しにつなげる。


HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 横浜F・マリノス

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 23 山下 達也 TODAY’S KEY PLAYER
DF 23 山下 達也

相手エースを封じる叩き上げDF

 今年でプロ12年目。努力を積み重ねてきた、叩き上げのセンターバックだ。強靭なフィジカルを生かしたプレス、出足の鋭さ、果敢なボール奪取だけでなく、空中戦に強く、セットプレー時の得点力も備える。今年もJ1全3試合にフル出場中。新加入マテイ ヨニッチとのコンビも卒なくこなし、DFラインからのコーチングで全体を統率する。
 普段は温厚な好青年は、ピッチではトレードマークの長髪を束ねて相手エースを封じ込める頼もしいDF。近年のJ1降格、J2での厳しい戦いを乗り越えてきたセレッソ愛の強い男が、3年ぶりのJ1で体を張って相手を食い止め、味方の攻撃につなげていく。「自分たちが失点ゼロで抑えれば、(勝つ)チャンスはある」。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 山口 蛍
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 MF 水沼 宏太
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 MF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 GK アン ジュンス
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 MF 清武 弘嗣
  • 出場停止選手
  • なし
横浜F・マリノス
横浜F・マリノス

横浜F・マリノス 選手リスト

  • 2 DF パク ジョンス
  • 4 DF 栗原 勇蔵
  • 5 MF 喜田 拓也
  • 6 MF 扇原 貴宏
  • 7 FW ウーゴ ヴィエイラ
  • 8 MF 中町 公祐
  • 10 MF 齋藤 学
  • 13 DF 金井 貢史
  • 14 MF 天野 純
  • 15 DF 新井 一耀
  • 16 FW 伊藤 翔
  • 17 FW 富樫 敬真
  • 18 MF 遠藤 渓太
  • 19 FW 仲川 輝人
  • 20 MF マルティノス
  • 21 GK 飯倉 大樹
  • 22 DF 中澤 佑二
  • 23 DF 下平 匠
  • 24 DF 山中 亮輔
  • 25 MF 前田 直輝
  • 26 MF 中島 賢星
  • 27 DF 松原 健
  • 28 DF 高野 遼
  • 30 GK 鈴木 彩貴
  • 31 GK 杉本 大地
  • 32 GK 原田 岳
  • 33 MF ダビド バブンスキー
  • 34 DF ミロシュ デゲネク
  • 35 MF 吉尾 海夏
  • 41 MF 山田 康太 ※2種登録選手
  • 44 MF 堀 研太 ※2種登録選手
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 横浜FM 横浜FM
0.7(10) ゴール 2.0(3)
8.3(17) ドリブル 17.3(3)
13.7(11) クロス 11.7(12)
442.3(11) パス 388.7(13)
2.7(8) インターセプト 2.7(8)
22.3(11) クリア 25.7(5)
22.7(6) タックル 24.0(5)
8.3(12) シュート 11.3(5)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
横浜F・マリノス横浜F・マリノス

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 46 MF 清武 弘嗣 11.73kmkm
  • 2位 10 MF 山口 蛍 11.49kmkm
  • 3位 6 MF ソウザ 11.23kmkm
  • 4位 9 FW 杉本 健勇 10.89kmkm
  • 5位 2 DF 松田 陸 10.76kmkm
横浜F・マリノス横浜F・マリノス
  • 1位 14 MF 天野 純 12.77kmkm
  • 2位 5 MF 喜田 拓也 12.38kmkm
  • 3位 27 DF 松原 健 11.93kmkm
  • 4位 13 DF 金井 貢史 11.22kmkm
  • 5位 20 MF マルティノス 10.97kmkm

PICK UP PLAYER

MF 13 丸岡 満

MF 13 丸岡 満 MF 13 丸岡 満

「『活躍するんだ』という強い意欲を持って」

――先発したJ1第2節浦和レッズ戦で感じた課題は?
「浦和はずっとJ1にいるチーム。僕たちはJ1に復帰したチームなので、どんな相手でも油断できないし、チャレンジャーとしてやらなければいけない。少しでも驕った気持ちを持てば、すぐにやられてしまう。浦和戦もビビらず、負けずにやろうと臨んだけど、スタジアムの雰囲気だったり、どこか『呑まれてしまった』ところもあり、ボールに触る回数、守備でのチャレンジ、攻撃のクオリティーなどが欠けてしまった。そこは反省点です。もう同じ間違いはできない。試合のメンバーに入ることができれば、しっかり自分のやるべきことをやっていきたいです」
――試合に出るために取り組んでいることは?
「練習がすべてだと思っているので、紅白戦も含めて、普段からプレーに(調子の)波が出ないように、練習から常に高いパフォーマンスを見せて、かつ、維持してやることが自分の課題。練習、体のケアなど、高い意識を持ってやっています」
――ルヴァンカップはJ1に復帰したからこそ参加できるリーグカップ戦です。その大会への意気込みをお願いします。
「特に、僕みたいに(J1の)試合に出られるかどうかという選手は、このルヴァンカップで出場できた時がチャンスだと思う。しっかりアピールできれば、J1にもつながっていく。今はどんどん試合をして、経験を積んでいきたい。『試合に出て活躍するんだ』という強い意欲を持ってやっていきたいです」

取材・文=前田敏勝

アカデミーの先輩を越えて

セレッソU-18からドルトムント(ドイツ)に渡り、本場のプレーを体感して成長を遂げた中、大きな期待を受けてセレッソに加わった昨シーズンはJ2出場はわずか3試合。U-23チームのJ3が主戦場となり、悔しい思いをした丸岡。心機一転で臨む今シーズン、目の色が違った。キャンプや開幕前の練習試合にて、限られた出番でもゴールに絡むなど結果を残したことで尹晶煥監督の目にも止まり、J1デビューも果たした。それでも、持ち味とするスプリント力、得点に絡むプレーをまだ発揮し切れていないのが現状だ。今日の相手は、昨シーズンもチームメートだった扇原貴宏を擁する横浜FM。アカデミーの先輩を乗り越えて、結果を示したい。「タカくんはセレッソでもずっと試合に出ていた選手。そして横浜FMは強い相手。そこで『セレッソはJ1に上がってきたばかりだから、まだまだだな』と思わせないような戦いを見せたい。勝利へのこだわりを見せるためにも、どんなプレーでも激しく強くやっていきたい」(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

チームの総力を高める重要な試合

 J1に復帰したからこそ挑むことができる、もう一つの大事な舞台ルヴァンカップ。3年ぶりの出場となるリーグカップ戦でも、セレッソは多くの歴史を築いてきた。2005年以降ではベスト8入りが6度(11年、14年はAFCチャンピオンズリーグ出場によるシード権獲得のため)。ただし、8強の壁を乗り越え切れない時が続いただけに、さらなる上位進出、悲願のタイトル獲得へ邁進したい。
 それでも現実を見れば、セレッソは昨年のJ2で4位、J1昇格プレーオフから這い上がってきた、いわばJ1で18番目のチーム。J1だけでなく、このルヴァンカップでも厳しい戦いを強いられるのは自明の理であり、そこを乗り越えるために、尹晶煥監督のもとで守備組織の構築など、ベース作りからコツコツと積み上げている最中だ。
 その中で躍進のために大事なのは選手層の厚みだ。特に今回はJ1の合間に行われるミッドウィークの試合。丸岡満、清原翔平、秋山大地らキャンプから精力的にアピールを続けてきた選手たちの台頭だけでなく、新加入の福満隆貴や2年目の庄司朋乃也、ルーキーで唯一トップチームの練習に参加している舩木翔など、『ニューヒーロー』誕生への期待も膨らむ。この一戦も、チームの総力を高めるべく、セレッソの未来のために重要な試合になる。(文=前田敏勝)

maishima topics

 ハードな練習をこなして近未来の躍動を誓うU-23が3月12日、J3開幕戦に臨んだ。オーバーエイジ枠を使わず、U-18の選手たちを含めて平均年齢17.82歳というメンバーを揃えたチームは、前半からいきの良さを見せて2点を先行。しかし、後半途中から相手の反撃を許して2失点し、2-2の引き分け。試合後の選手たちは勝ち切れない悔しさを滲ませていた。それでも、2ゴールを決めてアピールした岸本武流の力強さ、沖野将基の推進力、西本雅崇のハードプレス、ルーキー山根永遠のゴールに向かう貪欲な姿勢など、ワクワクするような楽しみなプレーも随所に見られただけに、今後の成長へ期待は高まる。「前に出て行くところだったり、運動量が僕の持ち味。もっとゴールや得点にかかわるプレーをしていきたい」と話すのはトップ昇格1年目の斧澤隼輝。J3での貴重な経験を糧に、今シーズンこそは彼らの中からトップチームでのJ1デビューを飾る新星が出てきてほしいものだ。(文=前田敏勝)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

TIME SCHEDULE

  • 当日券売り場、総合チケットセンター、インフォメーションオープン
  • フードパークオープン
  • スタジアム開門
  • GKウォーミングアップ
  • FPウォーミングアップ
  • 選手入場
  • キックオフ!!

SCHEDULE

2017明治安田生命J1リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
1 2月25日(土) 0 △ 0 磐田 ヤンマースタジアム長居
2 3月4日(土) 1 ● 3 浦和 埼玉スタジアム2002
3 3月11日(土) 1 △ 1 札幌 札幌ドーム
4 3月18日(土) 15:00 鳥栖 キンチョウスタジアム
5 4月1日(土) 15:00 横浜FM キンチョウスタジアム
6 4月8日(土) 15:00 鹿島 カシマスタジアム
7 4月16日(日) 14:00 G大阪 ヤンマースタジアム長居
8 4月22日(土) 14:00 甲府 山梨中銀スタジアム
9 4月30日(日) 19:00 川崎F ヤンマースタジアム長居

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 1 3
  • ブラウブリッツ秋田
  • 岸本 武流 (78')
  • 01
    12
  • 久富 賢 (18'), 藤山 智史 (55'), 青島 拓馬 (60')

2017.3.19 (日) 14:00
キンチョウスタジアム
観衆 1083人

NEXT MATCH

vs サガン鳥栖 サガン鳥栖

2017.3.18 (土) 15:00 キックオフ
(キンチョウスタジアム)
2017明治安田生命J1リーグ 第4節

次節対戦チームのホームタウンをご紹介!

1.佐賀城

 1602年に築城された「日本100名城」の一つ。かつては城が樹の中に沈んで見え、防衛時は主要部以外を水没させる仕組みだったため「沈み城」とも呼ばれた。「鯱の門」が唯一現存する遺構で、本丸御殿は現在、佐賀城本丸歴史館となっている。アウェイ遠征の際は、足を運んでみては?

2.シシリアンライス

 ご飯の上に甘辛タレで炒めた薄切り肉と玉ねぎを乗せ、その上にレタスやトマトなどの生野菜を盛り付け。仕上げにマヨネーズを網掛けする地元グルメ。調理法が簡単なので佐賀では家庭料理としても人気。料理が得意な方は、ぜひ挑戦して対戦相手のご当地グルメを食べちゃいましょう!

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■ホワイトデー企画♥ハート型缶バッジ
※3月15日・18日の2試合のみ
[価 格]1回:300円


■湯のみ
[価 格]1,296円(税込)


■オックスフォードシャツ
[価 格]4,860円(税込)


■ジャージープルオーバーパーカー
[価 格]6,696円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、備長炭コート2層厚釜でお米の芯までおいしく。「三菱IHジャー炊飯器『炭炊釜』」(1名様)です。

お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(カタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、試合前に送信ください。抽選の上、当選者にはメールをお送りし、ハーフタイムにニックネームを発表します(当選メールは上記アドレスでPCから送信します。受信できる設定にしてください)。
 当選された方は、本日試合後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。皆さん、ぜひご応募ください!

INFORMATION 3

「ヤンマースタジアム長居開催4試合セット券」販売中!


ヤンマースタジアム長居で開催される4試合をセットにしたチケットを販売中です。2.5試合分の価格ですので、3試合観戦すれば0.5試合分、4試合観戦すれば1.5試合分お得です! ぜひ、お得にご観戦ください!


【対象試合】

2017明治安田生命J1リーグ 
〇4月16日(日)第7節vsガンバ大阪(14:00キックオフ)
〇4月30日(日)第9節vs川崎フロンターレ(19:00キックオフ)
〇6月17日(土)第15節vs清水エスパルス(19:00キックオフ)
〇7月22日(土)第22節vs浦和レッズ(19:00キックオフ)


【対象席種・価格】

◇カテゴリー3自由席(大人)9,250円(通常14,800円/最大5,550円お得!)
◇カテゴリー3自由席(小中)3,750円(通常6,000円/最大で2,250円お得!)
◇ホームサポーター自由席(大人)5,500円(通常8,800円/最大3,300円お得!)
◇ホームサポーター自由席(小中)2,000円(通常3,200円/最大1,200円お得!)
※上記金額は4試合セット金額です。
※SAKURA SOCIO割引、福祉割引など、他の優待および割引は対象外です。


【販売期間・場所】

〇セレッソ大阪オフィシャルチケットサイト(Jリーグチケット)
URL: https://www.jleague-ticket.jp/club/co/
〇チケットぴあ
URL: http://w.pia.jp/t/cerezo

HOME TOWN SHOP

スリーモンキーズカフェ


 天王寺最大級のダーツ&スポーツバー「スリーモンキーズカフェ」。ダーツ10台、ビリヤード1台、ダイニング個室3部屋を完備しており、遊び空間が盛りだくさん♪ リゾート感満載の店内ではサッカーをはじめスポーツ観戦もOK! 名物のハニートースト×ロビーのコラボメニュー「セレッソ応援ハニトー」は大人気の一品です!


[住所]大阪市天王寺区悲田院町8-1 バリタワーホテル天王寺3F
[TEL]0120-148-759

クーポン券ダウンロード
みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!