MF 7 関口 訓充 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs アルビレックス新潟 アルビレックス新潟

2017.5.10 (水) 19:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2017JリーグYBCルヴァンカップ 第5節

5月のホーム初戦で勢いを取り戻す勝利を!

 YBCルヴァンカップでは無敗を続けているセレッソ。グループステージを1位で通過するためにも、ホームで戦う残り2試合は連勝で飾りたいところだ。
 先週末のJ1第10節は敵地で柏レイソルと激突。立ち上がりから堅守をベースに主導権を握るが、57分にクリアボールが相手に当たってゴールを割る不運な形で先制を許してしまう。その後は関口訓充や木本恭生らを投入して反撃に出るが、最後まで1点が遠く0-1で敗戦。約2カ月ぶりの黒星を喫した。
 本日、迎え撃つのはBグループ最下位のアルビレックス新潟。J1でも苦戦が続いており5月6日には三浦文丈監督の休養を発表し、片渕浩一郎コーチが暫定的に指揮を執ることになった。チーム状態は決して良くないが、今日がリスタートの一戦となるため、高いモチベーションで臨んでくる難しい相手になりそうだ。
 ただし、セレッソに大きな不安はない。YBCルヴァンカップでは前節、秋山大地のプロ初ゴールでサンフレッチェ広島を1-0で破るなど2勝2分と好調をキープ。さらに4試合のうち3試合が無失点と堅い守備も形成している。今シーズンはYBCルヴァンカップで勝点を積み上げてきたいい流れをリーグ戦にもつなげてきた。その勢いを再び取り戻すため、5月最初のホームゲームで目指すのは勝利だけだ。


STANDINGS

2017JリーグYBCルヴァンカップ

順位 チーム名 勝点
1 神戸 9 3 0 0
2 C大阪 8 2 2 0
3 横浜FM 6 2 0 2
4 広島 4 1 1 2
5 鳥栖 2 0 2 1
6 甲府 2 0 2 1
7 新潟 1 0 1 2
Aグループ
順位 チーム名 勝点
1 仙台 9 3 0 1
2 札幌 7 2 1 1
3 FC東京 6 2 0 1
4 磐田 6 2 0 2
5 4 1 1 1
6 大宮 2 0 2 1
7 清水 0 0 0 3
Bグループ
順位 チーム名 勝点
8 神戸 9 3 0 0
9 C大阪 8 2 2 0
10 横浜FM 6 2 0 2
11 広島 4 1 1 2
12 鳥栖 2 0 2 1
13 甲府 2 0 2 1
14 新潟 1 0 1 2

TOP SCORERS

2017JリーグYBCルヴァンカップ
得点ランキング

順位 選手名 現所属 得点
1 小川 航基 磐田 4
2 中坂 勇哉 神戸 3
3 リカルド サントス C大阪 2
3 水沼 宏太 C大阪 2
3 クリスラン 仙台 2
3 佐々木 匠 仙台 2
3 中島 翔哉 FC東京 2
3 阿部 拓馬 FC東京 2
3 田中 達也 新潟 2
3 田中 順也 神戸 2

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs アルビレックス新潟

セレッソ大阪
セレッソ大阪
MF 7 関口 訓充 TODAY’S KEY PLAYER
MF 7 関口 訓充

労を惜しまない熱きアタッカー

 ベガルタ仙台、浦和レッズを経て2015年から桜の戦士となり、攻守にハードワークを惜しまないプレースタイルと持ち味のドリブル、攻撃力でチームを活気づける熱きアタッカーだ。ムードメーカーの1人でもある背番号7は、攻守の切り替えの速さを重んじる尹晶煥監督のサッカーでも貴重なピースの1人として活躍。 J1第6節鹿島アントラーズ戦で見せたカウンターでの出足の鋭さ、山村和也への絶妙なアシストは彼の特長が表れたプレーだった。今日の一戦でも得点に絡むプレー、前線からの守備に期待が掛かる中、「球際でしっかり戦い、相手より多く走って、チャンスをものにしていきたい」と気合を込める関口が、セレッソに勝利を呼び込む。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 山口 蛍
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 MF 水沼 宏太
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 GK アン ジュンス
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 MF 清武 弘嗣
  • 出場停止選手
  • なし
アルビレックス新潟
アルビレックス新潟

アルビレックス新潟 選手リスト

  • 1 GK 大谷 幸輝
  • 2 DF 大野 和成
  • 4 DF ソン ジュフン
  • 5 DF 前野 貴徳
  • 6 MF ジャン パトリック
  • 7 FW ホニ
  • 8 MF 小泉 慶
  • 9 FW 山崎 亮平
  • 10 MF チアゴ ガリャルド
  • 13 MF 加藤 大
  • 14 FW 田中 達也
  • 15 MF 本間 勲
  • 16 FW 平松 宗
  • 17 MF 伊藤 優汰
  • 18 MF 成岡 翔
  • 19 DF 矢野 貴章
  • 20 MF 端山 豪
  • 21 GK 守田 達弥
  • 22 GK 川浪 吾郎
  • 23 MF 酒井 宣福
  • 24 DF 川口 尚紀
  • 25 DF 長谷川 巧
  • 26 DF 酒井 高聖
  • 27 DF 堀米 悠斗
  • 29 MF 森 俊介
  • 30 MF ロメロ フランク
  • 31 GK 稲田 康志
  • 32 FW 河田 篤秀
  • 33 DF 西村 竜馬
  • 34 MF 原 輝綺
  • 35 DF 山賀 和輝 ※2種登録選手
  • 36 MF 本間 至恩 ※2種登録選手
  • 49 FW 鈴木 武蔵
  • 50 DF 富澤 清太郎
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 新潟 新潟
1.2(8) ゴール 0.8(16)
10.8(15) ドリブル 12.4(8)
16.3(6) クロス 10.7(18)
467.8(11) パス 328.3(18)
3.4(2) インターセプト 2.6(11)
23.4(11) クリア 24.7(9)
23.3(5) タックル 25.9(1)
10.9(7) シュート 9.0(12)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
アルビレックス新潟アルビレックス新潟

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 10 MF 山口 蛍 11.30km
  • 2位 46 MF 清武 弘嗣 11.01km
  • 3位 23 DF 山下 達也 10.91km
  • 4位 14 DF 丸橋 祐介 10.21km
  • 5位 22 DF マテイ ヨニッチ 10.11km
アルビレックス新潟アルビレックス新潟
  • 1位 13 MF 加藤 大 12.50km
  • 2位 49 FW 鈴木 武蔵 11.27km
  • 2位 10 MF チアゴ ガリャルド 11.27km
  • 4位 34 MF 原 輝綺 10.83km
  • 5位 9 FW 山崎 亮平 9.90km

PICK UP PLAYER

DF 5 田中 裕介

DF 5 田中 裕介 DF 5 田中 裕介

「最後まであきらめないで戦うことが鍵になる」

――ルヴァンカップ第5節アルビレックス新潟戦に向けて。
「この試合に勝てば、(グループステージ)突破に向けて有利になってくるので、ホームですし、しっかり勝つということを確認し合って(オフ明けの練習前の)ミーティングから準備をしています。そして自分自身としても、試合に出るというところではカップ戦も、リーグ戦も(大事な1試合であることは)変わらないので、常にいい状態で臨めるようにしたいです」
――対戦する新潟の印象について。
「新潟についてどうこうというよりも、ウチが自力で(上位に)行ける可能性が高いので、目の前の敵を倒すということに尽きます。もう一つは、自分たちは『チャレンジャー』であるということを忘れないこと。(セレッソは)J2から上がってきたチームであり、新潟はずっとJ1にいるチーム。監督が代わって(新潟のチーム状況が)劇的に変わる可能性もありますし、そういうところも考えて、試合の入りから『自分たちが勝つ』という気持ちを見せる、立ち上がりからしっかり戦う、そういったことが大事になると思います」
――リーグ戦での敗戦を受けて、この試合に向けて大事にしたいことは?
「(J1第10節)柏レイソル戦では暑さもあった中、前半はウチのほうが内容は良かったけど、相手がボールを保持する(主導権を握られる)時間がちょっと多くて、後半は特にウチが(ロングボールを)蹴らざるを得ない(相手に走らされるような)展開になってしまった。でも、そこでもう一度ネジを巻き直すというか、気持ちを切らさずに90分戦い続ければ絶対にチャンスは来る。柏戦でも最後にチャンスがありましたし、あそこで得点が入っていれば同点になっていましたからね。そういう(粘り強く戦う)ところが、最後に『差』になって表れてくる。だからこそ、最後まであきらめないで戦うことが(勝利への)鍵になると思います」

取材・文=前田敏勝

責任感を胸に戦う頼れる背番号5

 2015年途中に加入した田中。J1昇格に貢献しただけでなく、今シーズンは公式戦全試合でメンバー入り。ルヴァンカップでは全4試合にフル出場し、第3節サガン鳥栖戦では同点弾を記録した。優れた技術や戦術眼、複数ポジションをこなす器用さ、J1通算210試合出場の経験を兼備する背番号5はセレッソに不可欠な選手だ。「年齢も上のほうなので、責任感を持ってプレーしたい」という“桜のユースケ”は、この一戦でも貪欲に勝利を目指す。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

貴重な体験を積む“若き桜”に注目

 前節のYBCルヴァンカップ第4節サンフレッチェ広島戦。秋山大地のプロ初ゴールが決勝点となった一戦で、2人のU-23世代の選手が貴重な経験を積んだ。岸本武流は61分に途中出場すると、守備を固めた戦い方の中、前線で体を張ってボールを収める重要な役目を果たした。「守備の時間が長かったけど、長い時間出ることができて楽しかった」。そうトップチームでの2試合目を振り返った。また、この試合で記念すべきトップチームデビューを果たしたのが西本雅崇。「『守れ』という感じでピッチに入った。守り切らないと監督からの信頼もなくなるので、失点ゼロで終われて良かった」とデビュー戦の感想を話した。2人は、U-23との違いも感じていた。「後ろのベテラン選手が気迫を出して守り、(秋山)大地くんもヤスくん(木本恭生)も戦っていた。U-23はまだ勝ち切る強さが足りない」(西本)。「一致団結して同じ方向を向いて戦うことが大事だと強く感じた」(岸本)。そして「J3でも早く結果を出したい」との共通の思いを抱いて臨んだJ3第7節鹿児島ユナイテッドFC戦では見事に1-0の勝利をつかんだ。岸本は決勝点を挙げ、西本はキャプテンマークを巻いて奮闘した。今日のアルビレックス新潟戦でも、未来につながる貴重な体験を積む“若き桜”に注目してほしい。(文=小田尚史)

maishima topics

 今シーズン、早稲田大学から新加入した山内寛史。左足第5中足骨骨折によるリハビリからのスタートを余儀なくされたプロ1年目だが、4月中旬に全体練習に合流すると、5月6日に行われたJ3第7節鹿児島ユナイテッドFC戦で、セレッソの選手としての公式戦初先発、初出場を果たした。試合前日には「どのくらい動けるのか不安はあるけど、J3はまだ勝てていないので、大前提として勝つためにプレーしたい。チームの力になりたい気持ちを少しでもピッチで表現したい」と話していた山内。プロとしての第一歩を刻んだ彼の、これからの活躍に期待したい。(文=小田尚史)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

SCHEDULE

2017明治安田生命J1リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
7 4月16日(日) 2 △ 2 G大阪 ヤンマースタジアム長居
8 4月22日(土) 1 △ 1 甲府 山梨中銀スタジアム
9 4月30日(日) 2 ○ 0 川崎F ヤンマースタジアム長居
10 5月6日(土) 0 ● 1 日立柏サッカー場
11 5月14日(日) 15:00 広島 キンチョウスタジアム
12 5月20日(土) 16:00 大宮 NACK5スタジアム大宮

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 1 1
  • カターレ富山
  • 西本 雅崇 (84')
  • 01
    10
  • オウンゴール (26')

2017.5.13 (土) 14:00
キンチョウスタジアム
観衆 748人

NEXT MATCH

vs サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島

2017.5.14 (日) 15:00 キックオフ
(キンチョウスタジアム)
2017明治安田生命J1リーグ 第11節

次節対戦チームのホームタウンをご紹介!

1.厳島神社

 廿日市市厳島(宮島)にある厳島神社の総本社。「安芸の宮島」と呼ばれ日本三景の一つに数えられているだけでなく、本殿・拝殿・回廊など6棟は国宝に、14棟が重要文化財に指定されている。1996年に世界遺産にも登録された海上の神秘的な神社、アウェイ遠征の際は足を運んでみては?

2.尾道ラーメン

 尾道市を中心とした備後地方のご当地ラーメン。豚の背脂を浮かせたコク深い醤油ベースのスープと平打ち麺が特長。地元ではラーメンではなく、中華そばと記す店が多く店ごとに個性が異なるので、自分好みの味を探すのも楽しみの一つ。まずはお取り寄せして試してみるのもオススメです!

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■17プレイヤーズ 下敷き
[価格]400円(税込)


■17プレイヤーズ 定規
[価格]400円(税込)


■なりきりロビーキャップ
[価格]2,160円(税込)


■ロビーポシェット
[価格]1,620円(税込)


■ロビーリストバンド
[価格]864円(税込)


■mimiペン(ロビー)
[価格]864円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、備長炭コート2層厚釜でお米の芯までおいしく。「三菱IHジャー炊飯器『炭炊釜』」(1名様)です。

お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(カタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、試合前に送信ください。抽選の上、当選者にはメールをお送りし、ハーフタイムにニックネームを発表します(当選メールは上記アドレスでPCから送信します。受信できる設定にしてください)。当選された方は、本日試合後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。皆さん、ぜひご応募ください!

INFORMATION 3

5/14(日)サンフレッチェ広島戦で「ワンコインSOCIOくじ」開催!

5月14日(日)J1第11節サンフレッチェ広島戦は「SOCIOサンクスDAY」! 当日はSAKURA SOCIO限定イベントとして「ワンコインSOCIOくじ」を実施します。「ワンコイン500円」もしくは「500LOBBYポイント」でも参加可能です。当日限定グッズもございますので、 この機会にぜひ挑戦してください!


対象者

SAKURA SOCIOプライム、SAKURA SOCIO、 SAKURA SOCIOキッズにご入会いただいている方
※東住吉区セレッソ大阪後援会は対象外となります。
※会員証(ICカード、情報カード)をご提示いただきますので、必ず忘れずにお持ちください。


価格

「500円」または「500LOBBYポイント」
※お一人様1度につき2回までとさせていただきます。
※数量限定となりますので、賞品がなくなり次第終了とさせていただきます。
※500LOBBYポイントでお支払する場合は、必ずICカードをお持ちください。


賞品

○特賞:選手サイン入りグッズ
○A賞:選手直筆サイン入りポストカード3枚セット(全24デザイン)
○B賞:オリジナルミニタオル(11デザイン)※ハート形または四角形の2種類
○C賞:オリジナルデカ缶バッジ(10デザイン)
○D賞:掘り出し物グッズ(2016シーズン以前のグッズなど!)
※各賞品の選手デザインはランダムとなりますので、お選びいただけません。

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!