MF 15 木本 恭生 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 清水エスパルス 清水エスパルス

2017.6.17 (土) 19:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2017明治安田生命J1リーグ 第15節

全員が力を尽くし、総力で5連勝をつかむ

 リーグ戦4連勝中のセレッソは暫定ながら首位と勝点2差の2位。J1復帰1年目にして、首位争いを繰り広げている。
 ホームにアルビレックス新潟を迎えた前節は、前半こそ無得点で終えたものの後半に攻撃が爆発。68分に柿谷曜一朗のPKで先制したのを皮切りに、73分に水沼宏太のクロスから山下達也がヘッド弾、80分にはFKの素早いリスタートから山村和也が冷静に流し込む。そして86分、ソウザが狙い澄ましたFKを突き刺し4-0で快勝。わずか18分で4得点を挙げ、一気に勝負を決する強さを見せつけた。
 本日、相対するのは同じJ1復帰組の13位・清水エスパルス。昨年、ホームで悔しい逆転負けを喫した因縁の相手だ。最近8試合は未勝利、背番号10の白崎凌兵も負傷中とチーム状態は良くないが、第6節では首位・柏レイソルを破っているだけに、隙を見せることなく“借り”を返したい。
 その上でポイントになるのがボランチだろう。今節はソウザが累積警告で出場停止。日本代表からチームに戻る山口蛍も負傷を抱えているため、不動のコンビから顔ぶれが変わる。それでもYBCルヴァンカップをはじめ、今シーズンのセレッソは出番を与えられた選手が輝きを放ち、チームに勢いを与えてきただけに不安はない。これまでどおりピッチに立つ全員が力を尽くし、総力で5連勝をつかみ取る。


STANDINGS

2017明治安田生命J1リーグ
順位表 (第14節終了時点)

順位 チーム名 勝点
1 30 10 0 4
2 C大阪 28 8 4 2
3 G大阪 25 7 4 2
4 FC東京 24 7 3 4
5 鹿島 24 8 0 5
6 浦和 23 7 2 4
順位 チーム名 勝点
1 30 10 0 4
2 C大阪 28 8 4 2
3 G大阪 25 7 4 2
4 FC東京 24 7 3 4
5 鹿島 24 8 0 5
6 浦和 23 7 2 4
7 横浜FM 23 7 2 5
8 神戸 23 7 2 5
9 川崎F 22 6 4 3
10 仙台 20 6 2 6
11 磐田 19 5 4 5
12 鳥栖 19 5 4 5
13 清水 14 3 5 6
14 甲府 14 3 5 6
15 札幌 12 3 3 8
16 広島 10 2 4 8
17 大宮 8 2 2 10
18 新潟 8 2 2 10

TOP SCORERS

2017明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第14節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 興梠 慎三 浦和 11
2 クリスラン 仙台 7
3 山村 和也 C大阪 6
3 杉本 健勇 C大阪 6
3 ラファエル シルバ 浦和 6
3 大久保 嘉人 FC東京 6
3 鄭 大世 清水 6
3 倉田 秋 G大阪 6
9 都倉 賢 札幌 5
9 クリスティアーノ 5

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 清水エスパルス

セレッソ大阪
セレッソ大阪
MF 15 木本 恭生 TODAY’S KEY PLAYER
MF 15 木本 恭生

攻守に高い能力を誇るボランチ

 静岡学園高校、福岡大学を経て、昨年から桜の戦士となった攻守に高い能力を誇るボランチ。優れたバランス感覚、体を張った守備で失点を防ぐ一方、鋭い縦パスで攻撃も加速させる。また空中戦の強さや得点力、勝負強さも魅力だ。
 昨年はJ2デビュー戦で初得点。今年もYBCルヴァンカップ初戦で得点すると、山下達也の負傷交代で巡ってきたJ1デビュー戦の第4節サガン鳥栖戦では完封に貢献しつつ決勝点をアシストし、第5節横浜F・マリノス戦ではJ1初得点も記録した。飛ぶ鳥を落とす勢いで、今や不可欠な存在の15番は、郷里・静岡勢との対戦に燃える1人。普段は“パパ”の愛称で親しまれる好青年だが、ピッチでは勝利のため、ハードに、アグレッシブに戦い抜く。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 山口 蛍
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 MF 水沼 宏太
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 GK アン ジュンス
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 MF 清武 弘嗣
  • 出場停止選手
  • ソウザ
清水エスパルス
清水エスパルス

清水エスパルス 選手リスト

  • 1 GK 西部 洋平
  • 3 DF 犬飼 智也
  • 4 DF カヌ
  • 5 DF 鎌田 翔雅
  • 6 MF 杉山 浩太
  • 7 MF 六平 光成
  • 8 FW チアゴ アウベス
  • 9 FW 鄭 大世
  • 10 MF 白崎 凌兵
  • 11 FW 村田 和哉
  • 13 GK 六反 勇治
  • 14 MF 野津田 岳人
  • 15 DF ビョン ジュンボン
  • 16 DF 村松 大輔
  • 17 MF 河井 陽介
  • 18 FW 長谷川 悠
  • 19 FW ミッチェル デューク
  • 20 MF 竹内 涼
  • 21 GK 高木和 徹
  • 22 MF 枝村 匠馬
  • 23 FW 北川 航也
  • 25 DF 松原 后
  • 26 DF 二見 宏志
  • 27 DF 飯田 貴敬
  • 30 FW 金子 翔太
  • 32 MF 光崎 伸
  • 33 DF 立田 悠悟
  • 41 GK 梅田 透吾 ※2種登録選手
  • 42 DF 監物 拓歩 ※2種登録選手
  • 43 GK 植草 裕樹
  • 44 DF フレイレ
  • 45 DF 角田 誠
  • 46 FW 平墳 迅 ※2種登録選手
  • 47 MF 新関 成弥 ※2種登録選手
  • 48 DF 伊藤 研太 ※2種登録選手
  • 49 MF 宮本 優 ※2種登録選手
  • 50 MF 滝 裕太 ※2種登録選手
  • 51 FW 鈴木 魁人 ※2種登録選手
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 清水 清水
1.8(3) ゴール 1.2(8)
11.3(13) ドリブル 12.3(9)
15.6(6) クロス 17.6(3)
472.2(8) パス 433.5(13)
3.2(2) インターセプト 2.1(16)
22.6(13) クリア 25.1(8)
23.1(2) タックル 21.7(8)
11.2(6) シュート 9.1(13)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
清水エスパルス清水エスパルス

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 24 MF 山村 和也 11.90km
  • 2位 10 MF 山口 蛍 11.43km
  • 3位 16 MF 水沼 宏太 10.63km
  • 4位 6 MF ソウザ 10.53km
  • 5位 23 DF 山下 達也 10.11km
清水エスパルス清水エスパルス
  • 1位 19 FW ミッチェル デューク 10.99km
  • 2位 25 DF 松原 后 10.52km
  • 3位 20 MF 竹内 涼 10.28km
  • 4位 16 DF 村松 大輔 9.85km
  • 5位 8 FW チアゴ アウベス 9.71km

PICK UP PLAYER

FW 19 澤上 竜二

FW 19 澤上 竜二 FW 19 澤上 竜二

「これからはどんどん点を取っていきたい」

――ケガから復帰し、チームへの貢献が目立っています。
「今シーズンは開幕前にケガをしてしまい、全然試合に出ることができなかった。その間に、同年代の木本(恭生)や(秋山)大地が活躍していたので、自分も早く試合に出たかったです。復帰した(最初の)試合はYBCルヴァンカップでしたが、そこで少しはアピールできて、(最近のリーグ戦で)メンバーに入れていると思います。ただ、点を取らないとメンバーに残れないと思うので、これからはどんどん点を取っていきたいです」
――サッカーから離れていた期間は苦しい思いもしたのでは?
「3カ月も休んだことがなかったし、最初は全く動けなかったので、『早くサッカーをしたい』思いがずっとありました。やっと復帰できたので、楽しみながらやっていけたらと思います」
――プロ2年目の今シーズン、意識して取り組んでいることは?
「今年はFWで出場できているので点を取るのはもちろん、前で起点になったり、前からの守備も意識しています。そこは試合で表現できてきたと思うので、さらに出していきながら、自分の特長を周りに分かってもらい、ゴールも狙っていきたいです」
――本日は、高校時代を過ごした静岡県のチームであり、練習参加したこともある清水エスパルスとの対戦になります。
「高校、大学と練習参加をしていたチームで、知っている選手もたくさんいます。だから、自分が当時とは変わった(成長した)というところを見せたいです」
――同期の木本選手と2人でチームを良くしていきたいという思いもあるのでは?
「最近、木本と自分が途中から試合に入ることが多いですからね。木本とは大学からずっと一緒にやっているし、普段も一緒にいることが多く、結構サッカーの話もします。攻撃でも守備でも、いい特長を持っている選手だし、自分を生かしてくれると思うので、試合に出ることができれば、2人でいい流れに持っていければなと思います」

取材・文=前田敏勝

先輩の思いにゴールでの恩返しを誓う

 練習後に柿谷曜一朗と食事に行くなど「普段から一緒にいることが多い」という澤上。「一緒に試合に出た時は、好きにプレーできるよう気を回してくれます。昨年は試合中も気を遣っていましたが、今年はそこまで気を遣わず気持ち良くプレーさせてもらえるので、点を取れれば」と先輩の思いに応えたい気持ちは強い。ちなみに今年は澤上から後輩を食事に誘うことも増えたそう。先輩からのいい流れを引き継ぎ、チーム内の風通しの良さもプラスにしている19番のJ1初得点が待ち遠しい。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

苦い記憶を塗り替え、連勝街道を突っ走る

 リーグ戦4連勝という調子の良さを保った状態で、代表ウィークによる中断期間を迎えたセレッソ。前節のアルビレックス新潟戦翌日からトップチームは3日間のオフが設けられ、選手は思い思いの過ごし方で連戦の疲れを癒した。オフが明けて再集合した選手、チームからはいい雰囲気が発散されている。中断明け初戦となる今節を前に決起集会も行った。ここから再び連勝街道を突っ走る準備はできている。
 ヤンマースタジアム長居での清水エスパルス戦は、近年“お得意様”のカードだったが、昨年はJ1自動昇格に向けた勝負どころのJ2第34節で逆転負け。セレッソがホームで清水に敗れたのは実に18年ぶりだった。酒本憲幸の先制点でリードしながら、終盤に2失点した苦い記憶を塗り替える舞台が今節だ。「逆転負けした悔しさは、出ていた選手は持っている。その時の分もこの試合で返したい」と話すのは丸橋祐介。「今はいい意味で自信を持って戦えている。相手がどこであれ、恐れる必要はない」とチーム状態について話す松田陸の言葉は、チーム全体の総意だ。昨年J2でしのぎを削った相手に対し、選手たちは自信を持って今の力をぶつける。そしてサポーターの皆さんが作り出す最高の雰囲気と供に清水を飲み込み、リーグ戦5連勝を果たす。(文=小田尚史)

maishima topics

 先週から今週にかけて、欧州のシーズンを戦い終えて帰国中の南野拓実が自主練の一環として、舞洲のグラウンドで汗を流した。この来客に刺激を受けたのが西本雅崇。同じU-18出身の南野とは2歳違いで、南野が高校3年時、西本は高校1年だった。「拓実くんみたいになりたいという気持ちでずっとやっていた。僕にとって特別な存在。今でもしゃべる時はドキドキします」と笑う。現在はU-23が主戦場ながら、トップチームの練習にもたびたび呼ばれている西本。当時の気持ちを思い出しつつ、これからのさらなる成長を誓った。(文=小田尚史)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー

    授乳室

    バックスタンド側コンコース(G1、G2ゲート付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

SCHEDULE

2017明治安田生命J1リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
11 5月14日(日) 5 ○ 2 広島 キンチョウスタジアム
12 5月20日(土) 3 ○ 0 大宮 NACK5スタジアム大宮
13 5月28日(日) 2 ○ 1 神戸 ノエビアスタジアム
14 6月4日(日) 4 ○ 0 新潟 キンチョウスタジアム
15 6月17日(土) 19:00 清水 ヤンマースタジアム長居
16 6月25日(日) 18:00 仙台 ユアテックスタジアム仙台

U-23 LATEST MATCH

  • AC長野パルセイロ
  • 1 1
  • セレッソ大阪U-23
  • 有永 一生 (56')
  • 00
    11
  • 岸本 武流 (57')

2017.6.18 (日) 17:00
長野Uスタジアム
観衆 4169人

NEXT MATCH

vs ベガルタ仙台 ベガルタ仙台

2017.6.25 (日) 18:00 キックオフ
(ユアテックスタジアム仙台)
2017明治安田生命J1リーグ 第16節

次節対戦チームのホームタウンをご紹介!

1.大崎八幡宮

 創建年は不明。坂上田村麻呂が宇佐神宮を勧請して「鎮守府八幡宮」と称し、室町時代に奥州管領大崎氏へ遷したため「大崎八幡宮」と呼ばれるようになったそう。1607年に伊達政宗が造立した社殿(本殿・石の間・拝殿)は、1952年に国宝に指定されています。ぜひ一度、足を運んでみては?

2.ずんだ餅

 宮城県を中心に地元民から広く愛される郷土菓子。枝豆を茹でて薄皮を剥いて潰し、砂糖と食塩を混ぜたずんだ餡を餅にまぶしたもので、枝豆の風味が口の中に広がります。近年はシェイクやクレープをはじめ、様々なずんだスイーツが登場。お好みにあったスイーツを探してみるのも一興です。

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■バリ風ネームブレスレット
[選手] 松田/関口/柿谷/杉本/山口/12番/丸橋/清原/酒本/キム ジンヒョン/山下/山村/清武
[価格]1,000円(税込)


■ヴィンテージブランケット
[価格]4,860円(税込)


■デニムポーチ
[価格]1,300円(税込)


■ぬいぐるみロビー
[サイズ]S、M、L
[価格]
Sサイズ:1,500円(税込)
Mサイズ:3,000円(税込)
Lサイズ:13,000円(税込)


■キャンバストートバッグmini(ロビー)
[価格]1,000円(税込)


■ガチャガチャシリーズ マフラーストラップ
[価格]1回300円


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、かる~く使えて排気もキレイ。吸引力が長続きするサイクロン式。「三菱サイクロン式掃除機Be-K(ビケイ)」(1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(カタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、試合前に送信ください。抽選の上、当選者にはメールをお送りし、ハーフタイムにニックネームを発表します(当選メールは上記アドレスでPCから送信します。受信できる設定にしてください)。
 当選された方は、本日試合後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。皆さん、ぜひご応募ください!

INFORMATION 3

「父の日」に感謝を込めて! ソックスセット販売!


 「父の日」のギフト商品として「ソックスセット」を販売します。デニム素材のオリジナル巾着付きのソックスセットは、お仕事にも使えるタイプと、カジュアルなドット柄と2種類のソックスが入っています。夏場も快適に着用いただけるように、クールマックス素材を使用しているため、履き心地と吸湿性を備えたプレゼントにもオススメの商品です!


販売期間&場所

オンラインショップ:発売中
スタジアム売店:6月17日(土)清水戦~
※こちらの商品はオンラインショップ・スタジアム売店の限定販売となります。
※完売次第、商品の販売は終了となりますので、何卒ご了承ください。


[商品名]デニム巾着付き ソックスセット(ビジネス・カジュアル)
[サイズ]約25cm~27cm対象
[素材]綿50%/アクリル50%でクールマックス糸使用
[価格]2,900円(税込)

INFORMATION 4

「StubHub ワールドマッチ 2017」チケット一般販売開始!

 7月17日(月・祝)に開催される「StubHub ワールドマッチ2017 セレッソ大阪vsセビージャFC」の一般チケット販売が6月19日(月)よりスタートします。チケットは「StubHub ワールドマッチ2017特設ページ」より購入できますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、ぜひご来場ください!


[大会名称]StubHub ワールドマッチ 2017
[対戦カード]セレッソ大阪vsセビージャFC
[開催日時]2017年7月17日(月・祝)18:00キックオフ予定
[開催地]ヤンマースタジアム長居


チケットご購入URL

StubHub ワールドマッチ2017 特設ページ
URL:http://bit.ly/stubhub-wm2017
※チケットは、すべて上記Webページでの販売となります。


チケット詳細

チケットに関する詳細は下記URLよりご確認ください。
URL:https://www.cerezo.jp/news/2017-06-07/

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!