DF 2 松田 陸 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs FC東京 FC東京

2017.7.2 (日) 19:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2017明治安田生命J1リーグ 第17節

勝負の夏へ。まずは7月初陣で“結果”を!

 首位と勝点2差の暫定2位をキープしているセレッソ。これから過酷な夏場に突入するが、しっかり首位を追撃したい。
 水曜に開催されたYBCルヴァンカップのプレーオフステージ初戦では、敵地で北海道コンサドーレ札幌と激突。リーグ戦から先発全員を入れ替えたが、前半終了間際にリカルド サントスのヘッドで先制すると、58分には福満隆貴が巧みなトラップから加入後初得点を挙げるなど、与えられた出番で個々が輝きを見せる。その後は、相手の反撃に懸命の守備で対応。終盤にはU-18所属の瀬古歩夢、喜田陽を投入し若き才能に貴重な経験を積ませながらも、2-0で勝ち切った。
 公式戦3連勝と勢いづく中、本日は8位・FC東京を迎える。エースの大久保嘉人が不在とはいえ、前田遼一やピーター ウタカら歴代得点王が並ぶ攻撃陣は迫力十分。守備陣にも森重真人や太田宏介らタレントが揃っており、難戦は必至だろう。
 それでも、前節ベガルタ仙台戦で山口蛍に今シーズン初得点が生まれるなど4-2で快勝したように、攻撃陣は充実している。清武弘嗣の負傷離脱は痛手だが、「キヨがプレッシャーを感じないように僕らがピッチで結果を出す」と主将の柿谷曜一朗は誓う。それを実現するためにも、まずは7月初陣できっちり結果を残し、強豪との連戦が続く夏場に一丸となって挑む。


STANDINGS

2017明治安田生命J1リーグ
順位表 (第16節終了時点)

順位 チーム名 勝点
1 34 11 1 4
2 C大阪 32 9 5 2
3 鹿島 30 10 0 5
4 G大阪 29 8 5 2
5 横浜FM 29 9 2 5
6 川崎F 26 7 5 3
順位 チーム名 勝点
1 34 11 1 4
2 C大阪 32 9 5 2
3 鹿島 30 10 0 5
4 G大阪 29 8 5 2
5 横浜FM 29 9 2 5
6 川崎F 26 7 5 3
7 磐田 25 7 4 5
8 FC東京 24 7 3 6
9 浦和 23 7 2 6
10 鳥栖 23 6 5 5
11 神戸 23 7 2 7
12 仙台 21 6 3 7
13 清水 18 4 6 6
14 甲府 15 3 6 7
15 大宮 14 4 2 10
16 札幌 12 3 3 10
17 広島 10 2 4 10
18 新潟 8 2 2 12

TOP SCORERS

2017明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第16節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 興梠 慎三 浦和 11
2 山村 和也 C大阪 7
2 クリスラン 仙台 7
2 鄭 大世 清水 7
5 杉本 健勇 C大阪 6
5 ラファエル シルバ 浦和 6
5 クリスティアーノ 6
5 大久保 嘉人 FC東京 6
5 ウーゴ ヴィエイラ 横浜FM 6
5 川又 堅碁 磐田 6

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs FC東京

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 2 松田 陸 TODAY’S KEY PLAYER
DF 2 松田 陸

勇猛果敢な攻撃的サイドバック

 昨シーズンから桜の一員となった地元・大阪市出身、ファイタータイプの攻撃的右サイドバックだ。正確なクロスでチームのサイド攻撃を支え、チャンスを演出。対人守備でも相手アタッカーに隙を与えない、強気なディフェンスが光る。丸橋祐介とともに左右で繰り広げる豊富な上下動は、チームを支える肝の一つだ。今節はプロ入りから2シーズンを過ごしたFC東京戦。待ち望んでいた古巣対決だ。
 「J2の時から、FC東京と試合をしたい思いが強かった。J1に来て僕らは今、調子がいいので、勝つことしか頭にないし、頑張っている姿を見せたい」。そう話す背番号2が、成長の跡を披露して『恩返し』すべく、勇猛果敢なプレーで青赤軍団を右サイドから切り崩す。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 山口 蛍
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 MF 水沼 宏太
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 GK アン ジュンス
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 MF 清武 弘嗣
  • 出場停止選手
  • なし
FC東京
FC東京

FC東京 選手リスト

  • 1 GK 大久保 択生
  • 2 DF 室屋 成
  • 3 DF 森重 真人
  • 4 DF 吉本 一謙
  • 5 DF 丸山 祐市
  • 6 DF 太田 宏介
  • 7 MF 米本 拓司
  • 8 MF 髙萩 洋次郎
  • 9 FW ピーター ウタカ
  • 10 MF 梶山 陽平
  • 13 FW 大久保 嘉人
  • 15 FW 永井 謙佑
  • 17 MF 河野 広貴
  • 18 MF 石川 直宏
  • 19 MF 平岡 翼
  • 20 FW 前田 遼一
  • 21 MF ユ インス
  • 22 DF 徳永 悠平
  • 23 MF 中島 翔哉
  • 24 MF 佐々木 渉
  • 25 DF 小川 諒也
  • 26 DF 柳 貴博
  • 27 MF 田邉 草民
  • 28 MF 内田 宅哉
  • 29 DF 岡崎 慎
  • 30 GK 廣末 陸
  • 31 DF 岡庭 愁人 ※2種登録選手
  • 32 DF 坂口 祥尉 ※2種登録選手
  • 33 GK 林 彰洋
  • 34 MF 生地 慶充
  • 35 MF 鈴木 喜丈
  • 36 DF 山田 将之
  • 37 MF 橋本 拳人
  • 38 MF 東 慶悟
  • 39 GK 大本 竜司 ※2種登録選手
  • 40 MF 平川 怜 ※2種登録選手
  • 41 MF 久保 建英 ※2種登録選手
  • 42 MF 小林 真鷹 ※2種登録選手
  • 43 MF 品田 愛斗 ※2種登録選手
  • 44 FW 阿部 拓馬
  • 45 FW 原 大智 ※2種登録選手
  • 46 GK 髙瀨 和楠 ※2種登録選手
  • 47 MF 小林 幹 ※2種登録選手
  • 48 FW 田中 和樹 ※2種登録選手
  • 49 DF 長谷川 光基 ※2種登録選手
  • 50 GK 波多野 豪
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 FC東京 FC東京
1.9(2) ゴール 1.3(8)
11.6(13) ドリブル 11.8(12)
16.0(7) クロス 16.4(6)
474.7(8) パス 461.1(10)
3.1(2) インターセプト 2.4(12)
22.5(12) クリア 24.2(9)
22.3(4) タックル 19.9(14)
11.4(6) シュート 8.2(15)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
FC東京FC東京

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 24 MF 山村 和也 11.44km
  • 2位 10 MF 山口 蛍 11.22km
  • 3位 9 FW 杉本 健勇 11.16km
  • 4位 2 DF 松田 陸 10.47km
  • 5位 6 MF ソウザ 10.31km
FC東京FC東京
  • 1位 6 DF 太田 宏介 11.28km
  • 2位 2 DF 室屋 成 11.11km
  • 3位 37 MF 橋本 拳人 10.86km
  • 4位 8 MF 髙萩 洋次郎 10.81km
  • 5位 3 DF 森重 真人 9.99km

PICK UP PLAYER

MF 16 水沼 宏太

MF 16 水沼 宏太 MF 16 水沼 宏太

「感謝や思いをプレーで示していけたら」

――今シーズンここまでを振り返っていかがですか?
「ケガもあって、思うようなスタートを切れなかったですが、出た試合で結果を残すことだけを考えながらやってきて、チームの調子もいいですし、それに乗っかって僕もコンディションを上げられているのかなと思います」
――リーグ戦でもカップ戦でも、試合に出ればゴールに絡んでいる印象が強いです。
「セレッソは攻撃が特長としてありますし、個々の能力も高く、いろいろなプレーができる選手が多い。その中で自分の持ち味を生かしながら、プレーできていると思います。自分のプレースタイルは、結果を残さないと評価されにくいところもありますが、チームを勝たせることや得点を取ることはうまくできていると思うので、これからも自分らしくやっていきたいです」
――チームが苦しい時、熱い檄を飛ばす姿が頼もしいです。
「それも自分らしさの一つです。プレーでも、声でも引っ張れる存在というのは、チームに一人は絶対に必要だと思いますし、僕はその役割を担いたいと思っています。様々な特長を持った選手がいますが、『僕は僕らしく』が自分のテーマですし、そこはいい感じになってきているのかなと感じています。他にあまりガーガー言う人がいないから、目立っているだけかもしれませんが(苦笑)。でも、そこは惜しまずやっていきたいです」
――同世代が多いのも、チームに入りやすかった要因ですか?
「そこは本当に溶け込みやすかったですし、すごく居心地がいいので良かったなと思います。初めての関西だったので、どういうノリなのかとか、いろいろ考えましたが、『こっち(関西)のほうが合っているのかな』と思うくらい、セレッソは入っていきやすいチームでした。そんなチームのみんなとJ1の上位争いだったり、目標達成に向かって切磋琢磨していくというのは本当に幸せなこと。だから、このチームに入れてもらった感謝だったり、思いをプレーで示していけたらと思います」

取材・文=前田敏勝

指揮官の意図を体現する愛弟子

 尹晶煥監督とサガン鳥栖時代から師弟関係を築く水沼。「2年半、鳥栖で自分を成長させてくれた監督。(一緒に)やっていたサッカーを、全部ではないけど、少しずつ尹さんの色を出せるようになってきた。先頭に立つ気持ちでやっています」。指揮官の意図を汲みチームに落とし込む彼の存在があるからこそ、ここまで好成績を出せているとも言える。「とにかくプレーで、ピッチで表現して、何かを感じてもらえるようなサッカーを見せられたら」。水沼の攻撃的な姿勢、ハードワークから目が離せない。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

初心を忘れず、ひたむきに走り、戦う

 16試合を終え、9勝5分2敗、勝点32で暫定2位。得点数30はリーグ2位、失点数14はリーグ3位タイ、得失点差+16はリーグ1位だ。公式戦を通じて連敗はなく、ホームでは無敗。尹晶煥監督のもと組織的な戦いを繰り広げ、攻守のバランスの良さが際立つセレッソ。当初の目標は9位以内だったが、上方修正も現実味を増している。
 さらに平行して戦うYBCルヴァンカップでは、出番を得た選手たちが躍動。グループステージは4勝2分でBグループ2位。水曜日のプレーオフステージ第1戦でもアウェイで2-0と勝利し、ベスト8進出目前まできた。リーグ戦、カップ戦を含め、前半戦はまさに総力を挙げて戦い抜き、結果を出すことができている。
 「ギリギリの戦いが多い中、勝ち切れているのはいいこと」と話すのは山村和也。「でも、それはチーム全体が献身的にやっているからだと思うので、FC東京戦で(シーズン)折り返しになるが、初心を忘れずにやっていきたい」と躍進の立役者が気を引き締めるように、この試合も、今シーズンのJ1に『18番目』で入ってきた身としてチャレンジャー精神で臨まなければJ1上位常連の相手に足元をすくわれるのは明白だ。いよいよ暑い夏に突入する今こそ、ひたむきに戦い、走り勝つユン・セレッソのサッカーを体現し続け、勝利をつかみたい。(文=前田敏勝)

maishima topics

 セレッソには、FC東京に縁のある選手やスタッフが多い。圍謙太朗や松田陸、茂庭照幸、水沼宏太、椋原健太と、かつては青赤のユニフォームを身にまとった5選手が、今は桜の戦士として勇敢に戦っている。そして、もう一人忘れてはならないのは大熊清チーム統括部長だ。FC東京の前身である東京ガス時代からコーチ、監督を務め、Jリーグ加入時のFC東京初代監督に就任。また、2度目の監督時代である2011シーズンにはJ2優勝、天皇杯制覇といったタイトルをもたらした。その青赤のレジェンドが大宮アルディージャ監督を経て、2014年12月からセレッソの強化に携わり、15シーズン終盤からは監督として、J1昇格という重責を担った。昨シーズンも様々な苦労があったとはいえ、J1昇格のミッションを達成。現在は再び強化のトップとして、桜を支えている。足の負傷により、一時は松葉杖をついて練習や試合を見る姿もあり心配されたが、「足が一本あれば大丈夫ですよ!」と笑顔で返すようなキャラクターは、多くの人に親しまれる大熊統括部長らしい一面だ。その彼がセレッソの一員として初めて迎えるFC東京との古巣対決。ぜひとも、セレッソの勝利で飾りたい。(文=前田敏勝)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

SCHEDULE

2017明治安田生命J1リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
13 5月28日(日) 2 ○ 1 神戸 ノエビアスタジアム
14 6月4日(日) 4 ○ 0 新潟 キンチョウスタジアム
15 6月17日(土) 1 △ 1 清水 ヤンマースタジアム長居
16 6月25日(日) 4 ○ 2 仙台 ユアテックスタジアム仙台
17 7月2日(日) 19:00 FC東京 キンチョウスタジアム
18 7月8日(土) 19:00 キンチョウスタジアム

U-23 LATEST MATCH

  • 福島ユナイテッドFC
  • 3 2
  • セレッソ大阪U-23
  • 平 秀斗 (22'), アレックス (43'), アレックス (47')
  • 22
    10
  • 岸本 武流 (19'), 岸本 武流 (35')

2017.7.16 (日) 15:00
会津総合運動公園あいづ陸上競技場
観衆 1419人

NEXT MATCH

vs 柏レイソル 柏レイソル

2017.7.8 (土) 19:00 キックオフ
(キンチョウスタジアム)
2017明治安田生命J1リーグ 第18節

次節対戦チームのホームタウンをご紹介!

1.落花生

 千葉県が日本一の収穫量を誇り、全国シェアは7割以上。まさに、県が誇る特産品です。原産地は南米大陸で東アジアを経由し、江戸時代に日本へ持ち込まれたそう。近年ではサブレやケーキをはじめ、落花生スイーツも登場しています。ぜひ、お取り寄せして味わってみてください。

2.柏まつり

 毎年約70万人が訪れる千葉県内の大規模な祭り。阿波踊りをベースに生まれた「柏おどり」、青森県柏村(現つがる市)との交流から実現した「柏ねぶた」が特長です。記念すべき40回目となる今年は、7月29日~30日に開催。夏休みの思い出に足を運んでみてはいかがでしょうか?

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■背番号リストバンド(※選手追加)
[価格]864円(税込)
[選手]丸橋/水沼/山村


■桜レザーキーホルダー(※選手追加)
[価格]1,296円(税込)
[選手]丸橋/水沼/山村


■長財布
[価格]3,700円(税込)


■オリジナル サーモボトル
[価格]2,000円(税込)


■ユニフォーム型クッキー
[価格]500円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

 本日の賞品は、手軽でコンパクト。きれいな風ですみずみまでふとんを乾燥! さらに衣類やブーツ、靴まで乾かせる「三菱ふとん乾燥機」(1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(カタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、試合前に送信ください。抽選の上、当選者にはメールをお送りし、ハーフタイムにニックネームを発表します(当選メールは上記アドレスでPCから送信します。受信できる設定にしてください)。
 当選された方は、本日試合後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。皆さん、ぜひご応募ください!

INFORMATION 3

7/8(土)柏レイソル戦で「セレッソ大阪ゆかたDAY 2017」開催!


 7月8日(土)J1第18節柏レイソル戦において、祭だワッショイ 狼祭「セレッソ大阪ゆかたDAY 2017」を開催します。当日は、スタッフも浴衣や法被を着用し、お楽しみ企画をたくさんご用意してお待ちしております。お気に入りの浴衣・甚平を着て、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、ぜひスタジアムへお越しください!


ゆかた・甚平ご着用者対象イベント

①「浴衣オリジナルステッカー」を先着1,000名様へプレゼント!
【配布場所】~小粋な街あそび~ 梅田ゆかた祭2017ブース
②ダイヘンpresents 選手と浴衣で写真撮影会
詳細は後日、公式サイトにてご案内いたします。
③「野点フォトスポット」
お申込みはこちら! ⇒ https://goo.gl/forms/HJ0ANwqpJtiYeJzI3
④セレッソバルお得な特典!
詳細は後日、公式サイトにてご案内いたします。


浴衣・甚平を着用されていない方も対象

①「想いを伝える花火大会」
詳細はこちら⇒ https://cerezo.jp/news/2017-06-27-3/
②「長居de盆踊り」
【時間】17:30頃予定 【場所】イベント広場
③縁日ブース
【時間】15:30~18:30予定 【場所】イベント広場

◆小粋な街あそび~ 梅田ゆかた祭2017ブース
梅田ゆかた祭2017フォトブースや選手の浴衣姿の等身大パネルが登場します!

HOME TOWN SHOP

クレープリー・クランデール


 セレッソ・バルにも出店しているクレープをはじめとする各種スイーツが人気の「クレープリー・クランデール」。看板商品のアイスブリュレクレープは、注文を受けてから表面をバーナーで炙り、キャラメリゼします。中にはアイスがたっぷり入って、表面はカリカリ、中はひんやりした大人気のクレープです。また、季節に合わせた美味しいスイーツも取り揃えています。ぜひ、試合観戦の前後にご家族やご友人とご来店ください!


クーポン券ダウンロード
みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!