FW 8 柿谷 曜一朗 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 柏レイソル 柏レイソル

2017.7.8 (土) 19:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2017明治安田生命J1リーグ 第18節

ついに後半戦。目前の一戦を全力で戦い抜く

 前半戦を終えて、10勝5分2敗の2位。桜の戦士は3年ぶりとなるJ1の舞台で、尹晶煥監督のもと臆することなく総力を挙げて首位争いを繰り広げている。
 前半戦ラストマッチとなった前節は、ホームにFC東京を迎えた。前半は相手に押し込まれて0-1で折り返すが、後半に入ると猛攻を仕掛ける。57分に水沼宏太のクロスに杉本健勇が頭で合わせ同点弾を決めると、63分には再び水沼のお膳立てから松田陸が逆転ゴール。古巣対決に燃える2人が意地を見せる。さらに83分にはソウザが豪快ミドルを突き刺してダメ押し。3-1で快勝を飾った。
 後半戦の初陣は、3位・柏レイソルと相まみえる。前半戦で黒星を喫した数少ないチームであり、首位争いのライバルだ。前回対戦では日本代表GK中村航輔やU-20代表DF中山雄太らを擁す守備陣の前に無得点で終えただけに、今日こそ“いい守備からのいい攻撃”で牙城を崩したい。
 前節後、「まだ17試合という多くの試合が残っている」と前置きしながらも、「胸に星を付けられるように頑張っていきたい」と指揮官は語った。後半戦は悲願の初タイトルも視野に入れる――。しかし、戦い方も、スタイルも、変えることはない。「1試合1試合を大事に」(山村和也)。勝負の後半戦も、ユン・セレッソらしく目前の一戦に全力を注ぎ、走り抜く。


STANDINGS

2017明治安田生命J1リーグ
順位表 (第17節終了時点)

順位 チーム名 勝点
1 鹿島 36 12 0 5
2 C大阪 35 10 5 2
3 34 11 1 5
4 G大阪 32 9 5 3
5 川崎F 32 9 5 3
6 横浜FM 32 10 2 5
順位 チーム名 勝点
1 鹿島 36 12 0 5
2 C大阪 35 10 5 2
3 34 11 1 5
4 G大阪 32 9 5 3
5 川崎F 32 9 5 3
6 横浜FM 32 10 2 5
7 磐田 28 8 4 5
8 浦和 26 8 2 7
9 FC東京 24 7 3 7
10 鳥栖 24 6 6 5
11 神戸 23 7 2 8
12 仙台 21 6 3 8
13 清水 18 4 6 7
14 甲府 16 3 7 7
15 札幌 15 4 3 10
16 大宮 14 4 2 11
17 広島 10 2 4 11
18 新潟 8 2 2 13

TOP SCORERS

2017明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第17節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 興梠 慎三 浦和 12
2 阿部 浩之 川崎F 8
2 小林 悠 川崎F 8
4 杉本 健勇 C大阪 7
4 山村 和也 C大阪 7
4 クリスラン 仙台 7
4 クリスティアーノ 7
4 鄭 大世 清水 7
9 ラファエル シルバ 浦和 6
9 大久保 嘉人 FC東京 6

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 柏レイソル

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 8 柿谷 曜一朗 TODAY’S KEY PLAYER
FW 8 柿谷 曜一朗

チームを栄光へ導く絶対エース

 幼少期から桜一筋で歩み、今や絶対的なエースに成長。敬愛する“ミスターセレッソ”森島寛晃氏が着けていた8番を受け継ぎ、海外経験を経て、昨シーズンから主将に就任すると、ケガに苦しみながらもJ1復帰に貢献。今シーズンもプレーで、姿勢で、イレブンを牽引する。抜群のサッカーセンスで観る者を惹きつけつつ、攻守にチームプレーを惜しまないのも彼の魅力だ。「これから先の土台を作る意味では、自分のプレーもそうだし、課題は山積み。でも、だからこそ、やりがいを感じている」。前半戦の結果に満足することなく、厳しく向き合う我らが8番はセレッソの、そして自身の未来に向かって、この一戦も大事に戦う。愛するクラブで栄光をつかむために。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 山口 蛍
  • 11 FW リカルド サントス
  • 13 MF 丸岡 満
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 MF 水沼 宏太
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 MF 清原 翔平
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 GK アン ジュンス
  • 33 DF 椋原 健太
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 MF 清武 弘嗣
  • 出場停止選手
  • なし
柏レイソル
柏レイソル

柏レイソル 選手リスト

  • 1 GK 桐畑 和繁
  • 2 DF 鎌田 次郎
  • 3 DF ユン ソギョン
  • 4 DF 中谷 進之介
  • 5 DF 中山 雄太
  • 6 MF 小林 祐介
  • 7 MF 大谷 秀和
  • 8 MF 武富 孝介
  • 9 FW クリスティアーノ
  • 10 FW 大津 祐樹
  • 11 FW ディエゴ オリヴェイラ
  • 13 DF 小池 龍太
  • 14 FW 伊東 純也
  • 16 GK 滝本 晴彦
  • 17 MF 手塚 康平
  • 19 MF 中川 寛斗
  • 20 FW ハモン ロペス
  • 21 DF 橋口 拓哉
  • 22 DF 輪湖 直樹
  • 23 GK 中村 航輔
  • 24 FW 大島 康樹
  • 25 MF 安西 海斗
  • 26 DF 古賀 太陽
  • 27 DF 今井 智基
  • 28 MF 栗澤 僚一
  • 29 DF 中川 創 ※2種登録選手
  • 30 GK 猿田 遥己 ※2種登録選手
  • 31 DF 宮本 駿晃 ※2種登録選手
  • 37 MF 細貝 萌
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 柏
1.9(2) ゴール 1.5(6)
11.8(12) ドリブル 14.6(4)
16.1(7) クロス 17.1(3)
474.0(8) パス 500.4(7)
3.1(2) インターセプト 2.6(7)
22.7(13) クリア 23.6(11)
22.1(5) タックル 22.1(4)
11.6(6) シュート 12.0(4)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
柏レイソル柏レイソル

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 24 MF 山村 和也 11.15km
  • 2位 16 MF 水沼 宏太 10.94km
  • 3位 10 MF 山口 蛍 10.93km
  • 4位 6 MF ソウザ 10.87km
  • 5位 2 DF 松田 陸 10.61km
柏レイソル柏レイソル
  • 1位 9 FW クリスティアーノ 10.42km
  • 2位 7 MF 大谷 秀和 10.27km
  • 3位 13 DF 小池 龍太 10.16km
  • 4位 22 DF 輪湖 直樹 10.03km
  • 5位 14 FW 伊東 純也 9.72km

PICK UP PLAYER

MF 7 関口 訓充

MF 7 関口 訓充 MF 7 関口 訓充

「1試合1試合、ハードワークを」

――前半戦を振り返っての感想を聞かせてください。
「チームとしては順位も上にいますし、予想以上にいい展開なのかなと思います。個人としては、もう少し試合に出たいというのが率直な感想です。YBCルヴァンカップでは試合に出ていますが、リーグ戦では主にケガ人が出た時に出場している状況なので、もう少し出場時間を増やしたい。ただ、自分たちは与えられた時間の中でやるだけですし、YBCルヴァンカップもすごく大事に戦っています」
――今節は、柏レイソルとの上位対決になります。
「柏はすごく走って、前からプレスを仕掛けてくるチーム。いかに受け身にならず、かわしていくかが大事だと思います。プレッシャーをもろに受けると、押し込まれる展開になり、自分たちのサッカーができない。そこ(相手のプレス)をチームとしてどうかいくぐるかが勝負のカギを握るのかなと思います。また、柏は若い選手が多く、勢いを持っているチームなので、乗せてしまうと厄介になる。前半開始から球際で強く行って、本当に相手が嫌がるような試合展開にしていきたいです」
――加入3年目の今シーズン、関口選手が追求していることは?
「やっぱりゴールに直結するプレーは大事にしているというか、出番が少ない時こそ(試合に出場した時)目に見える結果を残すしかないと思うので。だから、得点なり、アシストなりで結果を出すことですね」
――チームとして着実に積み上げて成果を出している中、後半戦に向けての抱負を聞かせてください。
「まだまだ前半戦が終わっただけであって、後半戦はもっともっと相手も研究してくると思うし、7月に関しては上位チームだったり、苦戦しているとはいえ浦和レッズなど最終的に優勝争いに絡んでくるようなチームが相手になるので、この7月をどう乗り切れるか(が大事)だと思っています。だからこそ1試合1試合、ハードワークをして戦っていきたいです」

取材・文=前田敏勝

チームを盛り立てるムードメーカー

 オン・オフを問わず、チームを鼓舞するムードメーカーである関口。「明るい先輩であり、若手たちを引っ張ってくれる存在。おちゃらけているところもあるけど(笑)、頼りにしています!」と山村和也も語るように、チームにとって頼もしい存在だ。ただ、最近では山村や山口蛍らにイジられたり、少々風向きが変わってきている様子。この件について本人に直撃すると、「ちょっと強くいかないといけないですね!」と巻き返し(?)を誓っていました(笑)。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

公式戦11戦負けなしで再び迎える“決戦”

 リーグ前半戦を終え、積み重ねた勝点は『35』。尹晶煥監督、選手たちも揃って「出来過ぎ」と声を揃える好結果だが、「まだ喜ぶのは早い」(尹晶煥監督)、「序盤はもっと勝点を取ることもできた」(山口蛍)と現状に満足せず、貪欲な姿勢がチームにはある。
 今シーズンはリーグ戦、カップ戦、天皇杯を含めて、負けたのは2試合のみ。1つの敗戦から教訓を得ることができるのが、今シーズンのセレッソの特長だ。完敗を喫した第2節浦和レッズ戦では、内容もさることながら、浦和の球際に懸ける姿勢を学び取り、その後の公式戦11戦負けなしへつなげた。そして、その負けなしが止まったのが、第10節柏レイソル戦だった。ミスから失点すると、その後は焦りから効果的な攻撃を繰り出せず、自滅に近い形で敗れた。ただし、この試合以降も再び公式戦11戦負けなし。快進撃を続けている。アウェイに続き、奇しくもホームの柏戦も公式戦11戦負けなしで迎えることとなった。「前回の柏戦も、決して私たちが相手に劣っていたわけではない。今回、必ずリベンジしたい」と指揮官も闘志を燃やす。前節のFC東京戦では、先制されながら、後半3得点。スタジアム全体でチームを後押しする雰囲気は素晴らしく、ホームの利を強く感じさせた。今節の“決戦”も、チーム一丸で勝点3を奪い取る。(文=小田尚史)

maishima topics

 日々の練習メニューの一つに、クロスからのシュート練習がある。右から、左から、グラウンダーで、浮かせたボールで、ニアへの速いクロス、ファーへの緩めのクロスと狙いは様々。前節のFC東京戦で決まった1点目、水沼宏太のクロスから杉本健勇のヘディングなどは、まさに練習の賜物だ。練習では、“決めるのが当たり前”といった厳しい雰囲気が自然と作られており、実戦に近いプレッシャーの中で放つ1本1本のシュートが糧になっていることは間違いない。今節も、前回のアウェイ戦では完封された柏レイソルのGK中村航輔から得点を奪う選手が、何人も出てきて欲しい。(文=小田尚史)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

SCHEDULE

2017明治安田生命J1リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
14 6月4日(日) 4 ○ 0 新潟 キンチョウスタジアム
15 6月17日(土) 1 △ 1 清水 ヤンマースタジアム長居
16 6月25日(日) 4 ○ 2 仙台 ユアテックスタジアム仙台
17 7月2日(日) 3 ○ 1 FC東京 キンチョウスタジアム
18 7月8日(土) 19:00 キンチョウスタジアム
22 7月22日(土) 19:00 浦和 ヤンマースタジアム長居

U-23 LATEST MATCH

  • 福島ユナイテッドFC
  • 3 2
  • セレッソ大阪U-23
  • 平 秀斗 (22'), アレックス (43'), アレックス (47')
  • 22
    10
  • 岸本 武流 (19'), 岸本 武流 (35')

2017.7.16 (日) 15:00
会津総合運動公園あいづ陸上競技場
観衆 1419人

NEXT MATCH

vs 浦和レッズ 浦和レッズ

2017.7.22 (土) 19:00 キックオフ
(ヤンマースタジアム長居)
2017明治安田生命J1リーグ 第22節

次節対戦チームのホームタウンをご紹介!

1.調神社

 狛犬ではなく、兎が置かれている全国的にも珍しい神社。鳥居がないことでも有名で、地元では「つきのみや」の愛称で親しまれています。調(つき)が「月」と同じ読みであるところから、月の動物と言われた兎が神の使いとされ、いたるところに兎を配したと伝えられています。

2.うなぎ

 ご当地グルメの一つ。江戸時代、浦和近郊は沼地があり川魚が生息する水郷地帯で行楽客に新鮮なうなぎを提供したことがはじまり。大正半ばの開発により地場のうなぎは姿を消したものの、うなぎの蒲焼という伝統の味は受け継がれています。ぜひ、お取り寄せして味わってみては?

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■タオルマフラー(桜魂)
[価 格]1,620円(税込)


■タオルマフラー(アーガイル)
[価 格]1,620円(税込)


■メッシュキャップ ベーシック
(ピンク・ネイビー)
[価 格]2,500円(税込)


■メッシュキャップ カモフラ
[価 格]2,600円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ
セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、かる~く使えて排気もキレイ。吸引力が長続きするサイクロン式。「三菱サイクロン式掃除機Be-K(ビケイ)」(1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(カタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、試合前に送信ください。抽選の上、当選者にはメールをお送りし、ハーフタイムにニックネームを発表します(当選メールは上記アドレスでPCから送信します。受信できる設定にしてください)。
 当選された方は、本日試合後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。皆さん、ぜひご応募ください!

INFORMATION 3

セレッソ大阪に乾杯! ビール半額デー開催!


 7月~8月に開催されるホームゲーム計3試合で「ビール半額デー」を開催します! キンチョウスタジアムで販売しているビールが半額で楽しめる1日。ビールを片手にセレッソを応援してください。開催当日は、通常500円で販売している生ビール&缶ビールを、半額の250円で販売! みんなで乾杯して盛り上がろう!!


対象試合

2017明治安田生命J1リーグ
・7月8日(土)第18節vs柏レイソル
・8月5日(土)第20節vs北海道コンサドーレ札幌
2017 JリーグYBCルヴァンカップ
プレーオフステージ第2戦
・7月26日(水)vs北海道コンサドーレ札幌


対象店舗

・セレッソバル(ビール販売全店舗)
・キンチョウスタジアム内売店
・キンチョウスタジアム内売り子
※上記店舗で生ビール&缶ビールが対象となります。

HOME TOWN SHOP

やまびこ


 セレッソバルに出店している桜サポーターにはお馴染みの一軒「やまびこ」。人気メニューのドネルケバブは、ピタパンとバケットの2種類からお好みのパンを選ぶことができ、目の前で回転させながら焼く大きな鶏肉から削いだ、できたてジューシーなお肉を味わえます。また、ソースも5種類用意しているので、その日の気分に合わせたオーダーが可能です。ぜひ、いろいろな組み合わせでドネルケバブを楽しんでください!

クーポン券ダウンロード
みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!