MF 10 山口 蛍 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ

2017.10.29 (日) 16:00 キックオフ
キンチョウスタジアム
2017明治安田生命J1リーグ 第31節

最高の雰囲気と勢いでクライマックスへ

 10月は公式戦5試合を戦って4勝1分。苦しんだ夏場を乗り越え、たくましさを増しているセレッソ。この勢いのまま10月を無敗で駆け抜けたいところだ。  水曜に大宮アルディージャと激突した天皇杯準々決勝では、今シーズン無敗のカップ戦メンバーがまたも勝利への意欲を見せつけた。23分に田中裕介のクロスから福満隆貴が巧みなバックヘッドでゴールネットを揺らすと、54分には関口訓充のクロスを澤上竜二が頭で押し込み待望のシーズン初ゴール。また、守ってはボールこそ相手に保持されたものの、集中した全員守備で最後まで失点を許さず完封。2-0で快勝を飾った。  本日のJ1第31節は、4日前に対戦した大宮との再戦だ。短期間での同カードはやりづらさもあるが、両者ともメンバー変更が予想されるため、試合展開は全く異なるだろう。現在17位に沈む大宮だが“残留力”とも称される終盤戦での勝負強さは侮れない。受けて立つのではなく、攻守において挑む姿勢で戦いたい。  リーグ戦、YBCルヴァンカップ、天皇杯と激闘が続く中で、選手、そしてチームとして成長を遂げ、ついに『タイトル』を視界に捉えた桜の戦士たち。新たな歴史を作るクライマックスの戦いに最高の雰囲気と勢いで臨むため、まずはこの一戦で一丸となって勝利をもぎ取る。


STANDINGS

2017明治安田生命J1リーグ
順位表 (第30節終了時点)

順位 チーム名 勝点
2 川崎F 62 18 8 4
3 横浜FM 55 16 7 7
4 C大阪 54 16 6 8
5 54 16 6 8
6 磐田 51 14 9 7
7 浦和 46 13 7 10
順位 チーム名 勝点
1 鹿島 64 21 1 8
2 川崎F 62 18 8 4
3 横浜FM 55 16 7 7
4 C大阪 54 16 6 8
5 54 16 6 8
6 磐田 51 14 9 7
7 浦和 46 13 7 10
8 鳥栖 44 12 8 10
9 G大阪 41 11 8 11
10 神戸 41 12 5 13
11 FC東京 38 10 8 12
12 仙台 36 10 6 14
13 札幌 34 9 7 14
14 清水 30 7 9 14
15 甲府 28 6 10 14
16 広島 27 6 9 15
17 大宮 24 5 9 16
18 新潟 16 3 7 20

TOP SCORERS

2017明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第30節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 興梠 慎三 浦和 20
2 杉本 健勇 C大阪 19
3 小林 悠 川崎F 18
4 ラファエル シルバ 浦和 12
4 クリスティアーノ 12
6 金崎 夢生 鹿島 11
6 川又 堅碁 磐田 11
8 レアンドロ 鹿島 10
8 ウーゴ ヴィエイラ 横浜FM 10
8 アンデルソン ロペス 広島 10

※上位10名を表示

HOME GAME QUIZ

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!

TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 大宮アルディージャ

セレッソ大阪
セレッソ大阪
MF 10 山口 蛍 TODAY’S KEY PLAYER
MF 10 山口 蛍

ハードワークを止めない桜の10番

 セレッソのアカデミーで鍛え抜かれ、トップ昇格後はボランチとして急成長。当たり負けしない体を作り上げ、試合終盤でも衰えを知らない豊富な運動量と推進力、カバーリングセンスに長けた桜の10番だ。2014年のブラジル・ワールドカップに出場するなど、今や日本代表でも不可欠な存在となった中、今シーズンも代表の活動をこなしつつ、自慢のスタミナや優れた回復力でリーグ戦、カップ戦を問わず、出られる時には常にピッチに立つ。指揮官からの信頼も絶大で、この一戦でも相手の攻撃の芽を摘み取り、得点の起点となる活躍が期待される。柿谷曜一朗らと並ぶ桜育ちのメインキャストは、クラブをタイトルへ導くべく、ハードワークを止めることはない。(文=前田敏勝)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF ソウザ
  • 7 MF 関口 訓充
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 山口 蛍
  • 11 FW リカルド サントス
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 MF 水沼 宏太
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 MF 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 DF 温井 駿斗
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 GK アン ジュンス
  • 34 MF 阪本 将基
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 40 FW 岸本 武流
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 MF 清武 弘嗣
  • 47 FW 米澤 令衣
  • 出場停止選手
  • なし
大宮アルディージャ
大宮アルディージャ

大宮アルディージャ 選手リスト

  • 1 GK 加藤 順大
  • 2 DF 菊地 光将
  • 3 DF 河本 裕之
  • 4 DF 山越 康平
  • 6 DF 河面 旺成
  • 7 MF 江坂 任
  • 10 FW 大前 元紀
  • 11 FW 播戸 竜二
  • 13 DF 渡部 大輔
  • 14 FW 清水 慎太郎
  • 15 MF 大山 啓輔
  • 16 MF マテウス
  • 17 MF 横谷 繁
  • 19 DF 奥井 諒
  • 20 DF 大屋 翼
  • 21 GK 塩田 仁史
  • 22 DF 和田 拓也
  • 23 MF 金澤 慎
  • 25 DF 高山 和真
  • 27 MF 黒川 淳史
  • 28 MF 長谷川 アーリアジャスール
  • 32 GK 加藤 有輝
  • 33 FW マルセロ トスカーノ
  • 35 DF キム ドンス
  • 37 MF カウエ
  • 38 MF 山田 陸
  • 40 MF 茨田 陽生
  • 44 MF 瀬川 祐輔
  • 46 MF 奥抜 侃志 ※2種登録選手
  • 47 MF 岩上 祐三
  • 50 GK 松井 謙弥
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 大宮 大宮
1.9(3) ゴール 0.9(16)
11.4(14) ドリブル 11.4(12)
15.8(7) クロス 14.7(11)
455.8(12) パス 456.4(11)
3.1(1) インターセプト 2.5(7)
22.9(12) クリア 26.8(5)
20.3(6) タックル 18.8(13)
11.9(4) シュート 7.5(18)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
大宮アルディージャ大宮アルディージャ

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 16 MF 水沼 宏太 11.63km
  • 2位 10 MF 山口 蛍 11.27km
  • 3位 6 MF ソウザ 11.00km
  • 4位 9 FW 杉本 健勇 10.85km
  • 4位 46 MF 清武 弘嗣 10.85km
大宮アルディージャ大宮アルディージャ
  • 1位 40 MF 茨田 陽生 10.69km
  • 2位 19 DF 奥井 諒 10.40km
  • 3位 16 MF マテウス 10.30km
  • 4位 7 MF 江坂 任 10.29km
  • 5位 25 DF 高山 和真 9.91km

PICK UP PLAYER

MF 38 西本 雅崇

MF 38 西本 雅崇 MF 38 西本 雅崇

「『世代交代するんだ』という気持ちで」

――プロ3年目の今シーズンはトップチームでの活動も増え、貴重なシーズンとなっていると思います。 「トップでうまい選手たちとプレーすることで自分のレベルも分かりました。J1の相手は質が違うし、寄せても(ボールが)取れなかったり、スピード感があったり、改めていろいろと感じました。自分の課題を見つけ、U-23の試合やトップチームの練習で、それを補うことをこの1年を通してやれています」 ――YBCルヴァンカップでは、J1デビューも果たしました。 「1年目から積み上げてきたものが少しずつ出せるようになり、ルヴァンカップでは『自分の持っているものを全部出そう』、『チームのために頑張ろう』という気持ちで、少しは貢献できたのかなと思いますし、J1デビューできたのもうれしかった。ただ、(現状に)満足することなく、そういう積み重ねをこれからも続けていきたい。そして結果を残し続けて、トップでずっとスタメンで出場できるように頑張っていきたいです」 ――トップ昇格した時からの思いについて教えてください。 「昇格1年目、同期の生え抜き選手は試合に出ていて、僕だけが出られずに1年が終わり、正直悔しかったし、情けないというか、『まだまだだな』と思いました。2年目でU-23ができ、他チームなら僕たちの年齢で1年目から活躍している選手もいるので、『負けていられない』と死に物狂いでやりました。3年目で(出番を得る)という形になりましたが、そういう選手もいるし、ここから少しずつでも成長したい。同年代で日本代表に入っている選手もいるので、そこも目指してやっていきたいです」 ――将来はセレッソを担う選手になりたい思いも強いのでは? 「セレッソは育成(アカデミー)からどんどん選手が出てくるチーム。それをつなげるというか、切らさないよう、下からも突き上げて、僕たちの年代でも、育成出身の選手がトップのスタメンにたくさんいるようにしていきたいし、『世代交代するんだ』というくらいの気持ちで頑張りたいです」 取材・文=前田敏勝

文武両道で邁進する生粋の桜っ子

 サッカースクール時代からセレッソ一筋。サッカーへの真摯な取り組みもさることながら、一方ではプロ入りした2015年から早稲田大学人間科学部健康福祉学科のeスクールに入学し、通信課程で勉学にも励む。「めっちゃキツイです」と話しつつも、3年目の今も練習の合間を縫って映像を通して授業を受け、レポートなどの課題もこなしている。ハードな試合や練習をこなしながらの文武両道は大変だが、桜育ちの彼ならセレッソでも、大学でも、目標を達成してくれるはずだ。(文=前田敏勝)

SAKURA DIARY

取り戻したセレッソらしい躍動感とハードワーク

 YBCルヴァンカップ準決勝で手にした劇的な勝利の効果を強烈に感じた10月。「あの前の週の(リーグ戦で3)連敗していた時と、ルヴァンカップが終わってからは、明らかに雰囲気が変わった」と田中裕介も話すように、チームは前半戦の躍動ぶりを取り戻した。リーグ戦ではJ1のアウェイ戦で未勝利だったサガン鳥栖、ホームで勝てなかったヴァンフォーレ甲府ら苦手としていた相手に連勝。しかも、夏場に崩れていた“ユン・セレッソ”らしい堅守や、試合の最後まで集中してハードワークする姿が戻り、16試合ぶりの無失点勝利もつかんだ。  また、度重なるケガに苦しんだ清武弘嗣がここに来て本来のパフォーマンスに近づくプレーを見せ、前線では杉本健勇が得点を量産。鋭い裏への飛び出しが特長の柿谷曜一朗の躍動感も見逃せない。天皇杯準々決勝では大宮アルディージャを撃破し、6年ぶりに4強へ進出。ルヴァンカップ決勝へ向けた機運も高まる中、リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯でタイトルを目指せる唯一のチームとなった。シーズンを通して総力戦で戦い、結果を残してきた桜の戦士は数々の負のジンクスも突破。この一戦では、2010年以来のホーム大宮戦の勝利を狙う。そのためにも、再び取り戻した献身性と自己犠牲の精神で、最後までハードワークを続けたい。(文=前田敏勝)

maishima topics

 10月は負けなし、公式戦4勝1分という好成績を収めていることもあり、舞洲グラウンドの雰囲気も日に日に高まっている。しかも、19日には酒本憲幸に第3子、21日にはリカルド サントスに第2子が生まれるなど、うれしい話題も重なり、21日のヴァンフォーレ甲府戦では2人を祝うゴールパフォーマンスも行われた。「すごく感動したし、素敵だった」(リカルド サントス)、「勝ってくれたし、リーグ戦でのパフォーマンスはうれしかった」(酒本)と述べた2人は、「この流れを絶対に切られへん」(酒本)という思いのもとで天皇杯準々決勝でも奮闘し、勝利に貢献。今のセレッソは明るい話題が好循環できている。(文=前田敏勝)

STADIUM MAP

ピンチで拡大できます

※コーナーの位置や内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各席の境界線はイメージです。
※「ミックス」とはホーム・アウェイを限定しないエリアです。

授乳室&ベビーカー
お預かりサービスのご案内

小さなお子さま連れでも安心・安全にご観戦いただけるよう、授乳室の設置やベビーカーのお預かりサービスを実施しています。おむつ交換台は女子トイレにございます。

  • ベビーカーお預かり

    ○ 各入場ゲート
    ○セレッソコーナー※返却は総合チケットセンターおよびセレッソコーナーにて

    授乳室

    ○ ホームサポーター立見席裏 ピロティ
    ○ 南ゲート付近

    おむつ替えコーナー

    ○ 身障者トイレ内(ホームサポーター立見席西側)
    ○ メインスタンドコンコース(通路8付近)


スタジアム曲はこちらでチェック!!

セレッソ大阪では、サポーターの皆さんの声援や歌声だけでスタジアム全体を盛り上げ、よりホームらしい雰囲気を作り出すことを目指しています。選手を最大限に鼓舞できる環境を一緒に作り出してくださるよう、ご協力をお願いいたします!

SCHEDULE

2017明治安田生命J1リーグ
試合日程/結果

開催日 時間/結果 対戦相手 会場
27 9月23日(土) 1 ● 4 仙台 キンチョウスタジアム
28 9月30日(土) 1 ● 5 川崎F 等々力陸上競技場
29 10月15日(日) 2 ○ 1 鳥栖 ベストアメニティスタジアム
30 10月21日(土) 2 ○ 0 甲府 キンチョウスタジアム
31 10月29日(日) 16:00 大宮 キンチョウスタジアム
32 11月18日(土) 14:00 横浜FM 日産スタジアム

U-23 LATEST MATCH

  • アスルクラロ沼津
  • 1 0
  • セレッソ大阪U-23
  • 渡辺 亮太 (90+3')
  • 00
    10

2017.10.29 (日) 13:03
愛鷹広域公園多目的競技場
観衆 753人

INFORMATION 1

新アイテム&グッズ情報!!

新アイテム&グッズ情報!!

■仮装フォトタオル 
 ハロウィンバージョン
[価格]2,000円(税込)


■棺桶アクリルキーホルダー
 ハロウィンバージョン
※ブラインドパッケージとなるため、中身はランダムとなります。
[価格]500円(税込)


■マシュマロ
 LINEバージョン(6個入り)
[価格]600円(税込)


セレッソ大阪オンラインショップも、ぜひご覧ください。


INFORMATION 2

三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞

本日の賞品は、手軽でコンパクト。きれいな風ですみずみまでふとんを乾燥! さらに衣類やブーツ、靴まで乾かせる「三菱ふとん乾燥機」(1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。
 お名前、ニックネーム(カタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、試合前に送信ください。抽選の上、当選者にはメールをお送りし、ハーフタイムにニックネームを発表します(当選メールは上記アドレスでPCから送信します。受信できる設定にしてください)。
 当選された方は、本日試合後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、本日のチケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。皆さん、ぜひご応募ください!

INFORMATION 3

「CEREZO OSAKA Pink Halloween」本日開催!


本日の大宮アルディージャ戦にて「CEREZO OSAKA Pink Halloween」を開催します。話題のピンクの食べ物やお菓子も登場! その他にもハロウィンならではの楽しいイベントを実施します。皆様でキンチョウスタジアムをピンクに染めましょう!


①ピンクハロウィン

ドレスコードはピンク!
ピンクの仮装でご来場いただき、会場をピンクに染めましょう! 何と当日はキンチョウスタジアムもピンクに!? いつもと違う雰囲気をお楽しみに♪


②トリックオアトリート

小学生以下のお子様、または仮装姿でご来場のお客様を対象に、セレッソスタッフへの合言葉「セレッソピンクハロウィン!」でハロウィン限定オリジナルマシュマロをプレゼント!
※セレッソグッズでの仮装は除きます


③ゴスペルライブ

「HY」さんや「五木ひろし」さんとのコラボ、さらにはニューヨーク アポロシアターでの出演経験を持つ「OSMゴスペルアンサンブル」による「ゴスペルライブ」を行います!


④ピンクハロウィン特別ブース

「岩下の新生姜ブース」、「KAINOブース」、「フルタ製菓ブース」など、特別ブールがピンクハロウィンを盛り上げます!

HOME TOWN SHOP

初亀


 セレッソサポーターから根強い人気を誇る「セレッソバル」の常連店の一つ『初亀』では、ビールと相性ピッタリのボリューム満点のソーセージと2種類の味が楽しめる2種盛りをお手軽価格でご用意しております。この機会にご賞味ください! また、日本ハムの大人気商品「シャウエッセン」、「グルメイドステーキ」が入った日本ハムセットもオススメです。試合観戦の前後に、ぜひお立ち寄りください!

クーポン券ダウンロード
みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

SOCIAL MEDIA

英語、インドネシア語、タイ語も!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!