TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

DF 22 マテイ ヨニッチ 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 済州ユナイテッド(韓国) 済州ユナイテッド(韓国)

2018.4.3 (火) 19:00 キックオフ
大阪長居スタジアム
AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD5

試合詳細

タフなプレーでタイ王者を打ち破る

 公式戦5試合にわたって勝利から遠ざかっているセレッソ。ここまで敗戦はわずかに一つだが、勝ち切れない試合が続いているだけに、この一戦できっちり勝利をつかんで嫌な流れを断ち切りたい。
 先週末に行われたJ1第3節では、アウェイで柏レイソルと激突。開始4分に自陣でのミスから先制点を献上し追いかける展開となるが、気落ちすることなくボールを保有しながら攻撃を組み立てる。前半はチャンスで決め切れない時間が続いたが、後半に入り迎えた60分、スライディングで相手ボールを奪ったソウザが思い切り良く右足を一閃。豪快なロングシュートを突き刺して同点に追いつく。その後も攻撃姿勢を貫いたが、勝ち越しには至らず1-1のままタイムアップ。開幕から3試合連続となる引き分けに終わった。
 リーグ戦から中3日の過密スケジュールで迎えるAFCチャンピオンズリーグ第4節で相まみえるのは、タイ王者のブリーラム・ユナイテッド。0-2で敗れた前回対戦で得点を許したアンドレス トゥニェスやエドガルら外国籍選手だけでなく、タイ人選手たちのクオリティーも高い難敵だ。
 セレッソとしては、最近2試合で開始直後の立ち上がりに失点しているだけに、まずは試合の入り方に注意を払いたい。その上で大事にしたいのが、“ユン・セレッソ”の生命線である戦う姿勢とハードワークだ。ドローで終えた柏戦後、指揮官も「闘志溢れる姿が戻ってきたように感じる。それが勝利につながれば、もっと自信も生まれる」と語っただけに、甦りつつあるタフなプレーでタイ王者を打ち破り、引き分けが続いているホームで待望の今シーズンの初勝利をもぎ取る。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 済州ユナイテッド(韓国)

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 22 マテイ ヨニッチ TODAY’S KEY PLAYER
DF 22 マテイ ヨニッチ

シャットアウトを誓う桜の壁

 昨シーズン、セレッソに加入し最終ラインで絶大な存在感を発揮したマテイ ヨニッチ。2年目の今シーズンはチームがAFCチャンピオンズリーグにも出場する中で、ここまで第1節済州ユナイテッド戦、第2節広州恒大戦で完封に大きく貢献。目を見張る活躍を見せている。そんな中、J1第3節柏レイソル戦では自身のパスミスが失点につながり「ミスした後は少し動揺した」と振り返ったが、「すぐに自分自身に『やり返さないといけない』と言い聞かせた」と気持ちの強さを見せた。これまでの彼の貢献度の高さを認めているからこそ、チームメートは「取り返せばいい」と試合後は口を揃えた。迎えるACL第4節ブリーラム・ユナイテッド戦。「敵地での試合は映像で見た。前線のFWを自分の力でしっかり抑えたい。出たい気持ちが強い」と出場へ意欲を示す。柏戦から中3日の過密日程のためターンオーバーにより出場を回避する可能性もあるが、ピッチに立てば相手の強力FW封じへ、背番号22がこの一戦のキーマンになるはずだ。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 永石 拓海
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF 山口 蛍
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 FW ヤン ドンヒョン
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 RENTAL 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 34 FW 山田 寛人
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF チャウワット
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 43 MF オスマル
  • 出場停止選手
  • なし
済州ユナイテッド(韓国)
済州ユナイテッド(韓国)

済州ユナイテッド(韓国) 選手リスト

  • 1 GK Sivarak Tedsungnoen
  • 3 DF Pansa Hemviboon
  • 4 DF Praweenwat Boonyong
  • 5 DF Andres Tunez
  • 6 MF Sasalak Haiprakhon
  • 7 FW Anon Amornlerdsak
  • 8 MF Suchao Nutnum
  • 9 FW Supachai Jaided
  • 10 MF Jakkaphan Kaewprom
  • 11 DF Korrakot Wiriya-Udomsiri
  • 13 DF Narubodin Weerawatnodom
  • 14 DF Chitipat Tanklang
  • 16 MF Yoo Jun-Su
  • 17 DF Ekkaluck Thonghkit
  • 19 MF Supachok Sarachart
  • 23 FW Edgar
  • 26 MF Rattanakorn Maikami
  • 29 GK Yotsapon Teangdar
  • 33 DF Srayut Sompim
  • 37 GK Nopphon Lakhonphon
  • 40 FW Diogo
  • 50 DF Kritsana Daokrajai
  • 51 MF Panyawat Nisangram
  • 52 MF Yuthapichai Lertlum
  • 54 FW Suphanat Mueanta
  • 60 DF Keeron Ornchaiphum
  • 77 MF Matee Sarakum
  • 99 GK Kevin Sangsamanan
  • 出場停止選手
  • Jakkaphan Kaewprom

PICK UP

MF 39 チャウワット

MF 39 チャウワット MF 39 チャウワット

「左足のパスを生かして活躍したい」

─―セレッソに加入して約2カ月が経ちますが、これまでの期間で感じたことは?
「サッカーにおいて、まだまだ上達しなければいけない、早く日本のスタイルに慣れないといけないと感じています。セレッソにはいい選手が揃っているので、そういった選手や監督から、様々なことを学ばないといけないと思っています」
─―現在は主にU-23でプレーしていますが、チームメートとの関係はいかがですか?
「本当に仲良くさせてもらっています。僕が一人でいる時があれば声を掛けてくれて、アドバイスもしてくれます。みんなピッチ内だけでなく、ピッチ外でもいろいろ話し掛けてくれますよ」
─―どうやってコミュニケーションを取っているのですか?
「英語で話し掛けてくれる選手もいます。日本語は……ちょっとまだ難しいですね(苦笑)。勉強中です」
――特によく話す選手は?
「トシキ(斧澤隼輝)と、モギシュウ(茂木秀)ですね。彼らは頑張って英語で話し掛けてきてくれます(笑)」
─―タイ料理などが恋しくなることはありませんか?
「日本食は美味しいので何でも食べられますし、タイ料理が恋しくなったら、外食して食べに行くので問題ないです。オフにはデパートに買い物へ行ったり、カフェに行ったり、街の散歩も楽しんでいます(笑)」
─―ピッチ内外で少しずつ慣れてきたからこそ、早くピッチで戦いたい気持ちも強いのでは?
「もちろん、そうですね。U-23の開幕戦を観たのですが、J3は思っていたよりも(攻守の)切り替えが速いので、そういったところでも頑張って貢献しないといけないと感じました。その上で、自分の長所である左足のパスを生かして活躍したいです」

取材・文=小田尚史

タイ国籍選手の活躍を励みに

 昨シーズンから北海道コンサドーレ札幌でプレーしているチャナティップだけでなく、今シーズンはサンフレッチェ広島にティーラシン、ヴィッセル神戸にティーラトンが加入。Jリーグ全体で、一気にタイ国籍の選手が増加した。彼らの活躍はチャウワットの励みにもなっているようで、「タイの選手が出ている試合はテレビで観ています。彼らの活躍は誇らしく思いますし、タイの希望にもなってくれていると思います」と目を輝かせる。その意味では、J1第2節札幌戦におけるチャナティップのJリーグ初ゴールは複雑だったかもしれない。「彼自身にとっては良かったけど、セレッソにとっては残念だったので、何とも言えないですね」と笑う。そんなチャウワットがJリーグのピッチに立ってゴールを決める瞬間も、今から楽しみに待ちたい。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

※ユニフォーム規制エリアについて ユニフォーム規制エリアでは、アウェイチームのユニフォームやグッズを身に着けることは出来ません。

※コンコース規制エリアについて コンコース規制エリア内外からの通り抜け・通行は一切できませんので、アウェイサポーター席(自由席)をお持ちの方は再入場は出来ませんので予めご了承ください。

タイムスケジュール

15:30 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
16:30 セレッソバル オープン
16:30 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)
16:35 先行入場(SAKURA SOCIO会員)
17:00 スタジアム開門
18:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
18:59 選手入場
19:04 キックオフ

スタジアムグルメ情報

<1>「たこ焼道楽 わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと中はとろり美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<2>「M.M.P」勝利の焼きそば 500円
やきそばはあまり目立たない存在ですが、無ければ寂しい、そんなポジションを守りたいです。 「この焼きそばを食べると負けない」そんなやきそばを目指します。


<3>「やまびこ」フレーバーポテト 400円
フライドポテトに数種類のフレーバーを用意してお客様の好みに合わせます。


<4>「初亀」ドイツソーセージ 500円
オクトーバーフェストで販売中のビールとの相性ぴったりのボリュームのあるソーセージと二種類の味が楽しめる二種盛りをお手軽価格でご用意しております。是非この機会に!


<5>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
どこにもないホルモン、一度食べたらやみつきになる味。是非ご賞味下さい。


<6>「肉の達人」国産牛しゃぶ焼き 800円
サッとジューシーな味わい。 柔らかい薄切りスライスなので老若男女問わず食べやすい一品となっております。


<7>「和牛工房ゆかり」和牛焼きそば 600円
宮崎牛を100%使用し、肉の旨味、甘味が味わえます。 麺との絡みも最高の一品。


<8>「空とぶからあげ」500円
「こめ油」を使用し、食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけ込んで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<9>「コメソウドウ」ビビンバ風キムチからあげ丼 800円
辛いのが好きな方は是非これを!!手仕込みのトリ肉のからあげ、キムチ、ナムル、水菜、温玉、と刻みのり。これに自家製の辛旨タレをかけて提供します。


<10>「ビッグダイナー」佐世保バーガー 900円~
オリジナルブレンドの生地を使用し、外はさっくり、中はもちもちとしたチュロスです。 このチュロスをポップカラーのアイシングやチョコスプレー、コーンフレーク、マシュマロ等をトッピングすることにより、バラエティ豊かなチュロスを作り上げています。


<11>SAKURA BAR(エースケータリング)ドリンク各種 200円~


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近


<B>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>鶴心 ※G3、I2ゲート付近
※G3ゲート付近「鶴心」売店
日本ハムセット2018バージョン(800円)。ボリュームも美味しさもアップ!

※I2ゲート付近「鶴心」
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、マリネ風の紫たまねぎとライムの風味が爽やかな「紫たまねぎライムソース」(500円)。 ※ヤンマースタジアム時はフードパークには鶴心は出店しません。


<D>松葉寿司 ※H2ゲート付近
贅沢!ミニ巻寿司セット(5個入り)500円

スクール生の皆さまへ

セレッソ大阪サッカースクール生観戦チケットは「ホームサポーター自由席」です。 15:30より総合チケットセンター「サッカースクール生受付」で「セレッソ大阪スポーツクラブ会員証」をご提示ください。 ※予定枚数が終了した場合、引換および優待販売を終了させていただきます。会員証をお忘れの場合はチケットをお渡しできませんので、必ずご持参ください。

SAKURA DIARY

原点に立ち返り、チーム一丸で勝点3を

 AFCチャンピオンズリーグ第1節で済州ユナイテッドに勝利して以降、公式戦5試合で勝利がなく、ACLとリーグ戦の両立に苦しんでいる感もあるセレッソ。しかし直近のJ1第3節柏レイソル戦では今後につながる内容のある試合を披露した。試合開始早々にミス絡みで先制点を与えるも、チーム全体で跳ね返す姿勢を見せ、球際や走力でも相手を凌駕。「失点しても気持ちを落とさず前を向き、守備から『もう一回やろう』と立ち返ることができた。試合を通してみんながしっかり走り切れたし、ピンチでもみんなで体を張って守れた」。そう試合後に話したのは水沼宏太だが、それこそが昨シーズン2冠を獲得した原動力であり、「立ち返れる原点」(水沼)でもある。
 1週間前、敵地に乗り込んで挑んだACL第3節ブリーラム・ユナイテッド戦では開始早々の失点に加え、暑さやホームを後押しするスタジアムの大歓声といった外的な要素も加わり、“ユン・セレッソ”の持ち味を発揮することができなかった。それだけに、ホームで迎える今節は自らの良さを存分に出したい。ACLグループステージ突破へ向けて重要になる今節での勝点3を、チーム一丸で奪いにいく。(文=小田尚史)

maishima topics

 ACL第3節ブリーラム・ユナイテッド戦から帰国後、舞洲の練習場で大勢の記者に囲まれたのが、ブリーラム戦で2度の決定機を迎えた山田寛人だ。「外した瞬間のことは今でも何回も思い返す。決めた時のことを考えるともったいなかったな、とか(苦笑)。でもプロの厳しさも分かったし、怖がらず何度でもシュートは打ちたい。今節、出るチャンスがあるなら、あのGKから決めたい」とよどみなく話した。ホームで迎えるACL第4節。18歳になったばかりのルーキー山田にリベンジの機会が訪れるかにも注目だ。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • ヴィッセル神戸
  • 2 0
  • セレッソ大阪
  • 藤田 直之 (34'), ルーカス ポドルスキ (83')
  • 10
    10

2018.3.18 (日) 16:03
ノエビアスタジアム
観衆 20108人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • カターレ富山
  • 1 2
  • セレッソ大阪U-23
  • 今瀬 淳也 (75')
  • 01
    11
  • 米澤 令衣 (15'), 中島 元彦 (69')

2018.3.21 (水) 13:03
富山県総合運動公園陸上競技場
観衆 1602人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。