TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

GK 21 キム ジンヒョン 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 済州ユナイテッド(韓国) 済州ユナイテッド(韓国)

2018.4.3 (火) 19:00 キックオフ
大阪長居スタジアム
AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD5

試合詳細

“らしさ”を見せつけ、連勝街道へ

 最大12試合を戦う連戦の初陣で公式戦8試合ぶりの白星を手にし、勝ち切れない嫌な流れを払拭したセレッソ。この勝利をきっかけに、一気に連勝街道を突き進みたい。
 中断期間を挟み、2週間ぶりに開催されたJ1第5節ではホームに湘南ベルマーレを迎えた。序盤から攻守に鋭い出足を見せて立ち流れを呼び込むと、13分に水沼宏太のパスを受けたヤン ドンヒョンが豪快に左足を振り抜きリーグ戦初ゴールを奪取。幸先良くリードすると、その後も攻守に積極的な姿勢を見せる。しかし、36分に一瞬の隙を突かれ、警戒していたクロスから失点。それでも後半に入り、相手のサイド攻撃への対応をしっかり修正すると、76分に杉本健勇、85分にはケガから復帰した福満隆貴を投入して攻撃のギアを上げる。迎えた86分、右サイドでボールを受けた杉本が巧みな切り返しで相手DFを振り切ると、エリア内に進入して左足を一閃。これがゴールに突き刺さり、値千金の決勝点。2-1で競り勝ち、待望のリーグ戦初勝利を手にした。
 ただし、喜びの束の間。中2日というタイトな日程で迎える本日のAFCチャンピオンズリーグ第5節済州ユナイテッド戦は、ラウンド16進出を懸けた大一番となる。グループステージ2位以内に入るためには是が非でも勝点3が欲しいが、湘南戦の疲労や相次いているケガ人を考慮するとメンバー構成が難しいところ。ただ、誰がピッチに立っても大事なのは戦う姿勢だろう。1-0で勝利した前回対戦も、2-1で勝ち切った湘南戦も、球際で激しい攻防を繰り広げ、“ユン・セレッソ”のベースであるハードワークと組織的な守備、そして勝利への執着心によって結果をつかんだ。その“らしさ”を、今度はACLの舞台で見せつけ、4月のスタートを勝利で飾る。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 済州ユナイテッド(韓国)

セレッソ大阪
セレッソ大阪
GK 21 キム ジンヒョン TODAY’S KEY PLAYER
GK 21 キム ジンヒョン

ゴールに鍵をかける桜の守護神

 セレッソ一筋10年目。先日のJ1第4節ヴィッセル神戸戦では、J通算300試合出場を達成したキム ジンヒョン。ホームで行われたJ1第5節湘南ベルマーレ戦では、試合前に花束の贈呈が行われ、改めてその偉業が称えられた。ただし、本人は積み重ねた『300』という数字について「そこまで大きなものとは思っていません。まだ300試合しか出ていないのかという思いもあるし、ケガがなければ、もっと早く300試合を重ねることができたと思います。ここからもっと(出場数を)積み重ねていきたい」と感慨にふける様子はなく、あくまで前だけを見据えている。また、「外国籍選手なので、もっとチームを助けないといけない」と自身のパフォーマンスにも決して満足していない。
 今節の済州ユナイテッド戦については「昨シーズンみんなが頑張って勝ち取ったACLの出場権。簡単に大会を去ることはしたくない。この試合を勝ち切って、突破に望みをつなげたい」と今大会の持つ重要性を語る。チームとして、個人としてさらなる高みへ到達するべく、桜の守護神はゴールマウスにカギをかけ、勝利を呼び込む。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 永石 拓海
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF 山口 蛍
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 FW ヤン ドンヒョン
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 RENTAL 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 34 FW 山田 寛人
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF チャウワット
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 43 MF オスマル
  • 45 GK 茂木 秀
  • 出場停止選手
  • なし
済州ユナイテッド(韓国)
済州ユナイテッド(韓国)

済州ユナイテッド(韓国) 選手リスト

  • 1 GK Kim Kyeong-min
  • 2 DF Jung Da-Hwon
  • 3 DF Kim Sang-Won
  • 4 DF Oh Ban-Suk
  • 5 DF Kweon Hang-Jin
  • 6 DF Park Jin-Po
  • 7 MF Kwon Soon-Hyung
  • 8 MF Kim Do-Yeop
  • 9 FW Jin Seong-Uk
  • 10 MF Magno Cruz
  • 11 FW Roberson
  • 13 DF Chung Woon
  • 14 MF Lee Chang-Min
  • 15 DF Aleksandar Jovanovic
  • 16 DF Lee Dong-Su
  • 17 MF Moon Sang-Yun
  • 18 DF Bae Jae-Woo
  • 19 FW Bae Il Hwan
  • 20 DF Cho Yong-Hyung
  • 21 GK Lee Chang-Geun
  • 22 DF Kim Soo-Beom
  • 27 MF Ryu Seung-Woo
  • 29 FW Lee Geon-Cheol
  • 30 MF Kim Hyeon-Ug
  • 31 GK Kwang-Seok Moon
  • 32 DF Kim Seung-Uh
  • 35 MF Choi Hyun-Tae
  • 36 FW Chang-Hun Lee
  • 37 DF Kim Won-Il
  • 40 MF Lee Chan-Dong
  • 41 GK Park Han-Keun
  • 42 MF Lee Dong-Hee
  • 45 DF Jeong Tae-Wook
  • 47 FW Lee Eun-Bum
  • 99 FW Tiago Marques
  • 出場停止選手
  • Kim Won-Il

PICK UP

FW 18 ヤン ドンヒョン

FW 18 ヤン ドンヒョン FW 18 ヤン ドンヒョン

「個人的にも済州には必ず勝ちたい」

――今シーズンここまでを振り返っていかがでしょうか?
「加入から約2カ月半が経ちますが、まずチームが変わり、チームメートも環境も変わり、その環境に順応できるよう必死に努力してきました。自分は、まずチームメートとお互いのことを知り合い、その上で親しくなり、そこから練習も試合もうまくできるタイプなので、ここまで慣れるのに少し時間は掛かりました」
――チームメートの性格を知ることが、ピッチ上での好プレーにもつながっていくのですね。
「はい。やっぱり、チームメートの性格を知ることは大事です。日や状況によって気持ちは変わりますが、それを分かることで『こういう時には俺が助ける』、『こういう時には俺も助けてもらう』ということができるようになります。そういう環境作りが大事だと思います」
――尹晶煥監督には、Kリーグ時代にも指導を受けていますが、当時と比べて変化はありますか?
「いえ、同じですね。練習メニューも全く一緒です(笑)」
――セレッソに加入して改めて感じることは?
「すごく大勢のファン・サポーターがいるクラブで、とてもいい環境で練習ができていると感じています。それに韓国にいた時も『セレッソ大阪』というクラブの名前は聞いていたので、親近感もありますね」
─―改めて、自身のプレーでサポーターに見てほしい部分は?
「シュートやポストプレーなど、昨日の試合(J1第5節湘南ベルマーレ戦)のようなプレーが持ち味で、自信を持っているところです。だから、ゴール前で得点を狙うプレーを見てくださればと思います」
─―AFCチャンピオンズリーグ第5節済州ユナイテッド戦に向けての意気込みをお願いします。
「今の状況は、いいとも悪いとも言えない状況です。今節がグループステージ突破のカギを握る試合になります。僕らの戦力は済州に負けないだけのモノがありますし、個人的にも済州には必ず勝ちたいと思っています」

取材・文=小田尚史

紳士的で素晴らしい性格の持ち主

 インタビューでは新しいチームメート、新しい環境に慣れる必要性を強調していたヤン ドンヒョンだが、ピッチ外での生活についても、「違和感はありません。日本の生活にすごく満足しています」と語る。ただし、「海外での生活ということで、奥さんが少し苦労している」と心配そうに話す。それでも「徐々に奥さんも慣れてきていますよ。一人で地下鉄に乗ってどこかへ行くこともありますしね(笑)」と家族としても、ピッチ外での順応は進んでいるようだ。「日本人は礼儀正しく、優しい人が多い」と語るヤン ドンヒョン自身、仲間とコミュニケーションを図る姿、記者の一つひとつの質問に丁寧に答える姿などを見れば、とても紳士で、素晴らしい性格の持ち主だと感じる。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

15:30 総合チケットセンター/インフォメーションオープン
16:30 セレッソバルオープン
16:45~ 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
17:00 スタジアム開門
18:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
19:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

<1>「たこ焼道楽 わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと中はとろり美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<2>「M.M.P」勝利の焼きそば 500円
やきそばはあまり目立たない存在ですが、無ければ寂しい、そんなポジションを守りたいです。 「この焼きそばを食べると負けない」そんなやきそばを目指します。


<3>「やまびこ」フレーバーポテト 400円
フライドポテトに数種類のフレーバーを用意してお客様の好みに合わせます。


<4>「初亀」ドイツソーセージ 500円
オクトーバーフェストで販売中のビールとの相性ぴったりのボリュームのあるソーセージと二種類の味が楽しめる二種盛りをお手軽価格でご用意しております。是非この機会に!


<5>「串かつ しんや」串かつ 特選海鮮4本セット 450円
海老・キス・鰯・貝柱、当店人気の特選海鮮4本セット。特製極細生パン粉はとってもヘルシーで何本でも食べられる軽いサクサクとした軽い食感は女性にも大人気。旨み凝縮の「二度漬けごめんだれ」でお召し上がりください。


<6>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
どこにもないホルモン、一度食べたらやみつきになる味。是非ご賞味下さい。


<7>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
「こめ油」を使用し、食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけ込んで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<8>「ココロ焦がれ」壺漬けハラミ丼 1,000円
極上の旨みを誇るハラミを丸ごと鉄板で焼き肉汁と旨みを閉じ込める。 カットしたハラミを自家製壺漬けダレと絡めてご飯へ。 ハラミの旨みと自家製ダレの旨みが抜群の相性です。


<9>「ビッグダイナー」佐世保バーガー 900円~
オリジナルブレンドの生地を使用し、外はさっくり、中はもちもちとしたチュロスです。 このチュロスをポップカラーのアイシングやチョコスプレー、コーンフレーク、マシュマロ等をトッピングすることにより、バラエティ豊かなチュロスを作り上げています。


<10>「コメソウドウ」ビビンバ風キムチからあげ丼 800円
辛いのが好きな方は是非これを!!手仕込みのトリ肉のからあげ、キムチ、ナムル、水菜、温玉、と刻みのり。これに自家製の辛旨タレをかけて提供します。


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近


<B>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>鶴心 ※G3、I2ゲート付近
※G3ゲート付近「鶴心」売店
日本ハムセット2018バージョン(800円)。ボリュームも美味しさもアップ!

※I2ゲート付近「鶴心」
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、トマトソースとチーズの相性が抜群の「トマトチーズソース」500円。
※ヤンマースタジアム時はフードパークには鶴心は出店しません。


<D>松葉寿司 ※H2ゲート付近
みたらし団子 250円、他

スクール生の皆さまへ

セレッソ大阪サッカースクール生観戦チケットは「ホームサポーター自由席」です。 15:30より総合チケットセンター「サッカースクール生受付」で「セレッソ大阪スポーツクラブ会員証」をご提示ください。

※予定枚数が終了した場合、引換および優待販売を終了させていただきます。会員証をお忘れの場合はチケットをお渡しできませんので、必ずご持参ください。

SAKURA DIARY

ニューヒーローの出現にも期待

 待望のリーグ戦初勝利を挙げたJ1第5節湘南ベルマーレ戦から中2日。息つく暇もなく、AFCチャンピオンズリーグ第5節済州ユナイテッド戦がやってくる。「これだけ日程が立て込んでくると、疲労も溜まっていくので、まずはケガをしないことが一番。トレーニングの量よりもリカバリー的な要素が大事になる」と話すのは、湘南戦で殊勲の決勝点を挙げた杉本健勇だが、済州戦は「勝たないと(グループステージ)突破が見えてこない」(杉本)正念場の一戦。中2日の連戦だが、ある程度リーグ戦での主力選手を投入することも考えられる。それでも湘南戦のメンバーをそっくりそのまま起用するということは難しく、各ポジションでフレッシュな選手が起用されることは間違いないだろう。ピッチに立つ選手にとってはチャンスであり、観る側としても、ここまでなかなかプレーが見られなかった選手の活躍に期待は高まる。
 最大12連戦の初戦となる湘南戦にしっかりと勝利したことで、チームを覆う「重圧は取れた」(オスマル)。済州戦に臨む選手たちにとっても、伸び伸びとプレーできる環境が整ったと言えるだろう。チームを活気づける選手は誰か。済州戦は、もちろん勝敗も極めて大事だが、結果とともに新たな起爆剤となるニューヒーローの出現にも期待したい一戦だ。(文=小田尚史)

maishima topics

 湘南戦の翌日、舞洲の練習場にはリラックスした表情でリカバリーを行う選手たちの姿があった。まさに“勝利に勝る良薬なし”。リーグ戦での今シーズン初勝利の効果は大きく、「ここからチームはどんどん良くなっていく」(オスマル)と選手一人ひとりの活力も増している。そんな中、清武弘嗣の復帰へ向けたピッチも徐々に上がっており、1日には山口蛍が付き添い、一緒にボールを蹴る姿も見られた。間もなく、完全合流を果たしそうな様子だ。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • セレッソ大阪
  • 2 1
  • サガン鳥栖
  • 柿谷 曜一朗 (27'), 丸橋 祐介 (55')
  • 10
    11
  • 趙 東建 (77')

2018.4.7 (土) 15:03
キンチョウスタジアム
観衆 10627人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • FC琉球
  • 1 1
  • セレッソ大阪U-23
  • 富樫 佑太 (11')
  • 10
    01
  • 山内 寛史 (88')

2018.4.7 (土) 18:03
沖縄県総合運動公園陸上競技場
観衆 1782人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。