TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

FW 18 ヤン ドンヒョン 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎

2018.5.5 (土・祝) 15:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2018明治安田生命J1リーグ 第13節

試合詳細

フィニッシュ精度を高めてゴール、勝利を!

 アウェイ2連戦をいずれもドローで終え、思うように勝点を伸ばせなかったセレッソ。首位追撃のためには、これ以上の足踏みは許されない。今シーズン無敗のホームできっちり勝利し、勝ち切るサイクルを築きたい。
 水曜日に開催された前節は、名古屋グランパスと激突。降雨によって難しいピッチコンディションとなったが、落ち着いたプレーで攻撃の形を作る。しかし23分、清武弘嗣が負傷交代するアクシデントが発生。それでも、徐々に攻勢を強めるセレッソが試合のペースをつかんでいく。85分には相手に退場者が出たことで数的優位にも立ったが、悪条件下でフィニッシュの精度を欠き、無得点のまま試合終了。守備では安定感を見せたものの、勝ち切れないもどかしさが残るスコアレスドローとなった。
 最近5試合でわずか1勝。やや失速しつつある中で迎える今節は、是が非でも勝利がほしい一戦だ。相対するV・ファーレン長崎は、今シーズンJ1に初昇格した言わば新興勢力だが、第7節から清水エスパルス、ガンバ大阪、柏レイソル、ジュビロ磐田を破って4連勝を飾るなど決して侮れない。突出した“個”の存在こそないが、チーム全体が連動して攻守にハードワークを続けるため、勢いに乗せると試合を支配されかねない。
 そのためセレッソとしては、まずハードワークで負けないことを徹底し、その上で“個”の違いを見せつけて優位に立ちたい。杉本健勇、清武弘嗣ら負傷者が相次いでいるのは痛手だが、それでも柿谷曜一朗、高木俊幸、ヤン ドンヒョン、山村和也ら桜の前線には“主役”を張れるプレーヤーが数多くいるため不安はない。前節も相手の3倍以上のシュートを放つなど、攻撃姿勢も十分。あとは最後の精度を高めることができれば、自ずとゴール、そして勝利をつかめるはずだ。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs V・ファーレン長崎

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 18 ヤン ドンヒョン TODAY’S KEY PLAYER
FW 18 ヤン ドンヒョン

ゴールに飢える大型ストライカー

 今シーズン、韓国の浦項スティーラーズから加入したヤン ドンヒョン。韓国代表歴もある大型ストライカーは加入当初、セレッソからオファーを受けた時の心境について「一度、日本でプレーしたかったので、迷わずセレッソに行くことを決めた」と明かしていた。待望のJリーグでのプレー。ここまでは途中出場も多い中、リーグ戦とAFCチャンピオンズリーグで1点ずつを決めている。リーグ戦では第5節湘南ベルマーレ戦で距離のあるところから左足を振り抜いてミドルシュートを突き刺し、ACLではグループステージ第4節のブリーラム・ユナイテッド戦で丸橋祐介のクロスから豪快なヘディングシュートを決めた。どちらもストライカーらしいスカッとする一撃だっただけに、今後これらのシーンがもっともっと増えていくことに期待したい。
 スコアレスドローに終わった前節の名古屋グランパス戦では、チーム最多のシュート5本を放った。もっとも、そのいずれもが空砲に終わったため、試合後は勝利を逃した責任感も口にした。それだけに、今節のV・ファーレン長崎戦ではチームを勝利に導くゴールを決めるべく、左右両足、そして頭から放たれるヤン・ドンヒョンのシュートに注目したい。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 永石 拓海
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF 山口 蛍
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 FW ヤン ドンヒョン
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 25 RENTAL 山内 寛史
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 33 FW 米澤 令衣
  • 34 FW 山田 寛人
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF チャウワット
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 43 MF オスマル
  • 45 GK 茂木 秀
  • 出場停止選手
  • なし
V・ファーレン長崎
V・ファーレン長崎

V・ファーレン長崎 選手リスト

  • 1 GK 増田 卓也
  • 2 DF 田代 真一
  • 3 MF 飯尾 竜太朗
  • 4 DF 髙杉 亮太
  • 5 DF 田上 大地
  • 6 MF 前田 悠佑
  • 7 MF 幸野 志有人
  • 8 MF 木村 裕
  • 9 FW ファンマ
  • 10 MF 黒木 聖仁
  • 11 FW 鈴木 武蔵
  • 13 DF 乾 大知
  • 14 MF 中村 北斗
  • 15 MF 島田 譲
  • 16 FW 吉岡 雅和
  • 17 MF 中原 彰吾
  • 18 MF ベン ハロラン
  • 19 FW 澤田 崇
  • 20 MF 中村 慶太
  • 21 GK 富澤 雅也
  • 22 GK 奥田 達朗
  • 23 MF 米田 隼也
  • 24 DF 香川 勇気
  • 25 DF 本多 琢人
  • 26 MF 碓井 鉄平
  • 27 MF 新里 涼
  • 28 MF 翁長 聖
  • 29 DF 福田 健介
  • 30 GK 徳重 健太
  • 31 FW 山本 廉 ※2種登録選手
  • 32 DF 徳永 悠平
  • 33 DF 北谷 史孝
  • 34 MF 名倉 巧
  • 35 DF 鹿山 拓真 ※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 37 FW 平松 宗
  • 39 DF チェ キュベック
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 長崎 長崎
1.4(5) ゴール 1.3(8)
12.5(11) ドリブル 13.1(9)
17.7(6) クロス 13.1(15)
446.2(10) パス 329.5(18)
2.9(3) インターセプト 2.0(11)
24.3(10) クリア 30.0(2)
18.2(17) タックル 21.4(15)
11.0(5) シュート 9.4(12)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
V・ファーレン長崎V・ファーレン長崎

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 43 MF オスマル 11.14km
  • 2位 14 DF 丸橋 祐介 10.72km
  • 3位 18 FW ヤン ドンヒョン 10.50km
  • 4位 2 DF 松田 陸 10.47km
  • 5位 6 MF 山口 蛍 10.31km
V・ファーレン長崎V・ファーレン長崎
  • 1位 19 FW 澤田 崇 13.09km
  • 2位 27 MF 新里 涼 12.50km
  • 3位 10 MF 黒木 聖仁 11.76km
  • 4位 3 MF 飯尾 竜太朗 11.67km
  • 5位 5 DF 田上 大地 11.17km

PICK UP

FW 28 中島 元彦

FW 28 中島 元彦 FW 28 中島 元彦

「一つひとつのプレーを大事に」

――U-18からトップ昇格した今シーズン、ここまでを振り返っていかがでしょうか?
「U-23としては、昨シーズン終盤に良い形になってきたところを今シーズンも継続できています。上位で戦えていますし、これを続けていきたいですね。チームの雰囲気もいいですし、団結してやれています。個人としては、昨シーズンは高校生だったんですけど、今シーズンはサッカーが仕事になったので、気持ちとしても、もっとやらないといけないと思っています。いつ選手生命が終わるか分からないですし、一つひとつのプレーを大事にして、U-23で結果を出して、トップチームに呼ばれるようにしたいです」
――U-23ではボランチでプレーしていますが、自身の良さも出せているのでは?
「結構、出せていますね。自分はキックも武器にしていて、ボランチになってボールをさばく機会が増えたので、そういった武器を出せています。FWだとボールが来ない時間帯もありますが、ボランチはボールを触らないとチームが動かないので、ボールを触る機会は増えました。ボールに触っていたら自分のリズムも良くなりますし、もっと自分が主導権を握ってプレーしていきたいですね。速く攻めるところ、緩く攻めるところ、今のチームはどっちもできるので、そこは自分がコントロールしたい気持ちもあります」
――その中で、ここまでJ3で2得点と得点力も発揮しています。
「どちらもミドルシュートを決めることができました。それに、2点ともいい時間帯に決めることができたと思います。チームが苦しい時間帯で追加点を取れたことは、チームとしても良かったと思います」
――緊張感のある、いいシーズンを送れているのでは?
「そうですね。J3でいい戦いができて、結果も出ているので、1年目からいいシーズンを送れているなと思います。ピッチ外でも、U-23のメンバーは一緒にゲームをしたり、年上、年下にかかわらず、みんなの仲も深まっています。このまま1年間を通してU-23で結果を出して、自分のプレーももっと良くして、トップチームで出られるようにやっていきたいです」

取材・文=小田尚史

U-15からの仲間と組む中盤は要注目

 U-18時代は攻撃的なポジションを務めることが多かった中島だが、プロとして迎えた今シーズン、U-23ではボランチとして新たな一面を披露している。コンビを組むのは一学年下の喜田陽であることが多い。「走れるし、ボールにも触れるのでやりやすい」と喜田とのプレーに手応えを感じている中島。U-15からともにプレーしているだけあって「普段から仲もいいですよ」という。「陽も周りからイジられるだけじゃなく、たまにはイジってきます(笑)」と、一見おとなしそうな後輩の意外な(?)一面も明かした。今後も、彼ら2人が司るU-23の中盤に注目だ。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

10:30 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
10:30 セレッソバル オープン
10:30~11:00 レッドヒーローショー(午前の部)
11:30 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
12:00 スタジアム開門
12:00~ 第1回 #勝ちダンス プロジェクト
13:00~ 第2回 #勝ちダンス プロジェクト
13:15~13:45 レッドヒーローショー(午後の部)
13:30~ 第3回 #勝ちダンス プロジェクト
14:00~ 第4回 #勝ちダンス プロジェクト
14:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
14:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
15:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

<1>「たこ焼道楽 わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと中はとろり美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<2>「オムライス喜久屋」オムライス デミグラスソース 600円
玉ねぎとバターの風味で味付けされたケチャップライスに絶妙なとろみの焼卵をのせ、お好きなソースを選んでいただきご提供いたします。


<3>「洋食Dining KIYO」三元豚のトルティーヤ巻き 500円
おいしい三元豚のローストポークトルティーヤ巻き♪


<4>「神戸名物そばめし屋」ぼっかけそばめし 800円
和牛ホルモンを使用、コンニャクと牛スジホルモンを丁寧に煮込みました。そばとご飯をいため合わせソースで味付、神戸名物の牛スジとコンニャクの煮込みをトッピングします。


<5>「串かつ しんや」串かつ 特選海鮮4本セット 450円
海老・キス・鰯・貝柱、当店人気の特選海鮮4本セット。特製極細生パン粉はとってもヘルシーで何本でも食べられる軽いサクサクとした軽い食感は女性にも大人気。旨み凝縮の「二度漬けごめんだれ」でお召し上がりください。


<6>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
「こめ油」を使用し、食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけ込んで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<7>「ココロ焦がれ」壺漬けハラミ丼 1,000円
極上の旨みを誇るハラミを丸ごと鉄板で焼き肉汁と旨みを閉じ込める。 カットしたハラミを自家製壺漬けダレと絡めてご飯へ。 ハラミの旨みと自家製ダレの旨みが抜群の相性です。


<8>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
どこにもないホルモン、一度食べたらやみつきになる味。是非ご賞味下さい。


<9>「肉の達人」国産牛しゃぶ焼き 800円
サッとジューシーな味わい。 柔らかい薄切りスライスなので老若男女問わず食べやすい一品となっております。


<10>「M.M.P」勝利の焼きそば 500円
やきそばはあまり目立たない存在ですが、無ければ寂しい、そんなポジションを守りたいです。 「この焼きそばを食べると負けない」そんなやきそばを目指します。


<11>「麺sクラブ」イタリアンやきそばペペ 700円
麺にこだわり、やきそばを洋風にアレンジしています。


<12>「初亀」ドイツソーセージ 500円
オクトーバーフェストで販売中のビールとの相性ぴったりのボリュームのあるソーセージと二種類の味が楽しめる二種盛りをお手軽価格でご用意しております。是非この機会に!


<13>「やまびこ」フレーバーポテト 400円
フライドポテトに数種類のフレーバーを用意してお客様の好みに合わせます。


<14>「おやつ亭」ミルク焼き(ベビーカステラ) 500円
オクトーバーフェストで販売中のビールとの相性ぴったりのボリュームのあるソーセージと二種類の味が楽しめる二種盛りをお手軽価格でご用意しております。是非この機会に!


<15>「SAKURA BAR」キャラメルコーン 500円~
 ※アフターバル店舗 オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に!お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<16>「和牛工房ゆかり」和牛焼きそば 600円
宮崎牛を100%使用し、肉の旨味、甘味が味わえます。 麺との絡みも最高の一品。


<17>「ビッグダイナー」佐世保バーガー 900円~ ※アフターバル店舗
オリジナルブレンドの生地を使用し、外はさっくり、中はもちもちとしたチュロスです。 このチュロスをポップカラーのアイシングやチョコスプレー、コーンフレーク、マシュマロ等をトッピングすることにより、バラエティ豊かなチュロスを作り上げています。


<18>「コメソウドウ」ビビンバ風キムチからあげ丼 800円 ※アフターバル店舗
辛いのが好きな方は是非これを!!手仕込みのトリ肉のからあげ、キムチ、ナムル、水菜、温玉、と刻みのり。これに自家製の辛旨タレをかけて提供します。


<A>エースキッチン 
人気のエースキッチンがバラエティに富んだグルメと飲み物をご用意します!


<B>「SABROSO(サブロッソ)」
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>「サーティワンアイスクリーム」
フレーバーは、オレンジソルベ、チョコレートミント、チップドチョコレート、キャラメルリボン、バニラ、ベリーベリーストロベリー、ポッピングシャワーの人気7種。各400円


<D>「鶴心」からあげ 500円 ※I2ゲート付近
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、長崎ちゃんぽんの具とからあげが美味しい合体!「長崎ちゃんぽん風ソース」(500円)。 ※ヤンマースタジアム時はフードパークには鶴心は出店しません。


<D>「鶴心」 ※G3ゲート付近
イチオシは、大人気の2018日本ハムセット(800円)
※セレッソバルにも出店します。
※からあげはゴール裏の売店では販売しません。


<E>松葉寿司(なにわあきんど塾同友会)
鯛づけ丼 600円 タコ唐揚げ 300円


<F>なにわだんご(なにわあきんど塾同友会)
みたらし団子 1本 250円

SAKURA SEAT専用ラウンジ

〇ラウンジ限定日本酒(各500円) ◎重家酒造 横山五十 純米大吟醸 うすにごり生 ◎今里酒造 六十餘洲 純米吟醸 ◎黄桜   S(エス) 純米大吟醸 ※なくなり次第終了となります。

スクール生の皆さまへ

セレッソ大阪サッカースクール生観戦チケットは「ホームサポーター自由席」です。 10:30より総合チケットセンター「サッカースクール生受付」で「セレッソ大阪スポーツクラブ会員証」をご提示ください。
※予定枚数が終了した場合、引換および優待販売を終了させていただきます。会員証をお忘れの場合はチケットをお渡しできませんので、必ずご持参ください。

SAKURA DIARY

“ホーム感”を作り上げ、3戦ぶりの勝利を

 J1第5節・湘南ベルマーレ戦からスタートした春の大型連戦。セレッソは今節のV・ファーレン長崎戦を残すのみとなった。その連戦では公式戦5連勝と絶好のスタートを切ったものの、その後は1勝2分2敗と失速気味。リーグ戦の直近2試合はいずれもアウェイでの戦いとなる中、第11節はジュビロ磐田と、第12節は名古屋グランパスと引き分け、思うように勝点を積み重ねることができなかった。磐田戦はチケット完売のスタジアムが生み出すサックスブルーの熱気。名古屋戦もリーグ戦9連敗阻止に燃えるスタジアム全体のチームへの後押し。改めて、アウェイで勝つことの難しさを痛感した2試合となった。(もっとも、アウェイでも多くのセレッソサポーターが最後まで声を枯らして応援し続けていたことは付け加えておきたい)。
 それだけに、ホームに戻って迎える連戦のラストゲームとなる今節は、ぜひともスタジアムと選手が一体となる“ホーム感”を作り上げ、長崎を迎え撃ちたい。また、チームとしては磐田戦と名古屋戦では、走行距離でも相手を上回ることができなかった。今節の長崎もチーム全体の意思統一された戦術理解と、最後までアグレッシブに走り抜く運動量に特長があるだけに、セレッソとしても今一度、最後まで戦い抜く姿勢を発揮し、ホームスタジアムを埋めるサポーターとともに、リーグ戦3試合ぶりとなる勝利をつかみたい。(文=小田尚史)

maishima topics

 前節の名古屋グランパス戦で復帰を果たしたオスマルに加え、長期離脱していた澤上竜二もすでに全体練習に合流しており、ソウザや田中裕介らしばらく戦列を離れていた選手たちも完全合流間近。舞洲の練習場に新たな活気をもたらしている。連戦の中で思うようにプレーできなかった彼らは、試合に飢えている。その思いを、長いシーズンの今後へとつなげてほしい。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • サンフレッチェ広島
  • 0 2
  • セレッソ大阪
  • 00
    02
  • 高木 俊幸 (81'), 高木 俊幸 (84')

2018.5.20 (日) 16:03
エディオンスタジアム広島
観衆 20219人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 1 1
  • ギラヴァンツ北九州
  • 魚里 直哉 (32')
  • 10
    01
  • フェホ (83')

2018.5.6 (日) 14:03
キンチョウスタジアム
観衆 1159人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

STANDINGS

順位 チーム名 勝点
5 浦和 51 14 9 11
6 FC東京 50 14 8 12
7 C大阪 50 13 11 10
8 清水 49 14 7 13
9 G大阪 48 14 6 14
10 神戸 45 12 9 13
順位 チーム名 勝点
1 川崎F 69 21 6 7
2 広島 57 17 6 11
3 鹿島 56 16 8 10
4 札幌 55 15 10 9
5 浦和 51 14 9 11
6 FC東京 50 14 8 12
7 C大阪 50 13 11 10
8 清水 49 14 7 13
9 G大阪 48 14 6 14
10 神戸 45 12 9 13
11 仙台 45 13 6 15
12 横浜FM 41 12 5 17
13 湘南 41 10 11 13
14 鳥栖 41 10 11 13
15 名古屋 41 12 5 17
16 磐田 41 10 11 13
17 39 12 3 19
18 長崎 30 8 6 20

TOP SCORERS

2018明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第7節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 ディエゴ オリヴェイラ FC東京 5
1 ファン ウィジョ G大阪 5
3 ウーゴ ヴィエイラ 横浜FM 4
3 ガブリエル シャビエル 名古屋 4
5 柿谷 曜一朗 C大阪 3
5 石原 直樹 仙台 3
5 西村 拓真 仙台 3
5 金崎 夢生 鹿島 3
5 東 慶悟 FC東京 3
5 金子 翔太 清水 3

※上位10名を表示

INFORMATION

三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞

今節の賞品は、かる~く使えて排気もキレイ。吸引力が長続きするサイクロン式。「三菱サイクロン式掃除機Be-K(ビケイ)」(1名様)です。

お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。

お名前、ニックネーム(必ずカタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、キックオフまでに送信してください。抽選の上、当選者にはメールでお知らせするとともに、ハーフタイムにニックネームを発表します。
※当選メールは上記アドレスでパソコンから送信します。受信できる設定にしてください。

当選された方は、試合終了後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、当日の試合チケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。

セレッソサポーターの皆さん、「三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞」にぜひご応募ください!