TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

FW 9 杉本 健勇 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ

2018.11.10 (土) 14:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2018明治安田生命J1リーグ 第32節

試合詳細

ピッチで全力を出し尽くせ!

 いよいよ残り3試合となった2018シーズン。セレッソは後半戦で思うように勝点を積み上げられず、上位進出は困難になった。それでもチームの誇り、そして後押ししてくれるサポーターのためにも、残り試合を全力で戦う姿を見せたい。
 6日には台風の影響により延期となっていた第28節で名古屋グランパスと激突。キンチョウスタジアム改修前の最後の一戦となったが、立ち上がりからミスが相次ぎリズムをつかめない時間が続く。後半もその流れは変わらず、53分には先制点を許す。試合終盤にこそセットプレーやゴール前の混戦からソウザや柿谷曜一朗らがゴールに迫る場面もあったが、最後までゴールを割ることはできず。0-1で敗れ、リーグ戦2連敗となった。
 ホーム連戦となる今節は、川崎フロンターレを迎え撃つ。言わずもがなの圧倒的な攻撃力に加え、今シーズンは守備面の安定感も増し、ここまで首位を独走。結果次第では、今節にも優勝決定の可能性がある。しかし、セレッソとしては歓喜の瞬間を見せつけられる屈辱を味わうつもりは毛頭ない。確かに、シーズン後半戦は攻守の歯車が噛み合わず、また集中力や勝利への執念に欠けた試合が少なからずあったことも事実だが、本来の姿を取り戻せば、昨シーズン見せつけたようにどんな相手でも打ち破る力は十分にある。
 「ピッチの中で100パーセントやることが一番大事」。名古屋戦後、悔しさを滲ませながら話した山口蛍の言葉にすべてが詰まっている。残り試合へのモチベーション、ピッチ内外の様々な意見、選手間の連係……懸念材料は少なくない。だが、何よりも大事なのは、まずピッチで全力を出し尽くすこと。その上で課題を一つひとつ乗り越えていくしか成長への道はない。苦しんだ2018シーズンを未来への糧にするためにも、まずは今日、首位を相手にプレーも、気持ちも、100パーセントの力で戦い抜く。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 川崎フロンターレ

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 9 杉本 健勇 TODAY’S KEY PLAYER
FW 9 杉本 健勇

「燃える」一戦で待望のゴールを

 今節は川崎フロンターレにとって勝てば地力で優勝、リーグ連覇を達成できる一戦だ。当然、セレッソとしては目の前でその瞬間を見届けるわけにはいかない。(仮に川崎Fに勝ったとしても、サンフレッチェ広島の結果次第では川崎F優勝決定の可能性もあるが……)。2015年に1年間、川崎Fでプレーした杉本健勇も、「目の前での優勝だけは阻止しないといけない」と闘志を燃やす。
 直近のリーグ戦2試合、セレッソはいずれも0-1で敗戦を喫した。「後ろは耐えてくれているので、前が点を取らないといけない」。杉本は、責任の重さを自覚する。クロスにダイレクトで合わせる形、右45度の角度から巻いたシュートでコースを狙う形、独力での抜け出し、GKとの一対一を決める形。昨シーズン、J1で22得点を決めた杉本のゴールパターンは実に多彩だった。しかし、今シーズンはリーグ戦4得点。「何で点が取れないんやろうという思いはある」と悩みを深める背番号9だが、「きっかけというか、いいゴールが入れば、また乗っていく」と悲観的になり過ぎてもいない。
 クラブ初のタイトル獲得となった、川崎Fとの昨シーズンのルヴァンカップ決勝では、開始直後に杉本が挙げた先制点が流れをグッと引き寄せた。今シーズンのリーグ戦は残り3試合となったが、首位・川崎Fは「きっかけ」を得るには最高の相手だ。得点力、チームの勢い、選手個々の状態など、現時点では様々な要素で川崎Fに優位に立たれている感は否めないが、「だからこそ燃える」一戦で、杉本のゴールがチームに火をつける。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 永石 拓海
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 茂庭 照幸
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 DF 田中 裕介
  • 6 MF 山口 蛍
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 杉本 健勇
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 MF 木本 恭生
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 18 FW ヤン ドンヒョン
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 DF 酒本 憲幸
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 MF 山村 和也
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 33 FW 米澤 令衣
  • 34 FW 山田 寛人
  • 35 MF 沖野 将基
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 37 DF 森下 怜哉
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF チャウワット
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 42 DF 瀬古 歩夢
  • 43 MF オスマル
  • 44 FW ウェリング ピアス
  • 45 GK 茂木 秀
  • 出場停止選手
  • なし
川崎フロンターレ
川崎フロンターレ

川崎フロンターレ 選手リスト

  • 1 GK チョン ソンリョン
  • 2 DF 登里 享平
  • 3 DF 奈良 竜樹
  • 5 MF 谷口 彰悟
  • 6 MF 田坂 祐介
  • 7 DF 車屋 紳太郎
  • 8 MF 阿部 浩之
  • 9 FW 赤﨑 秀平
  • 10 MF 大島 僚太
  • 11 FW 小林 悠
  • 14 MF 中村 憲剛
  • 16 MF 長谷川 竜也
  • 17 DF 武岡 優斗
  • 18 DF エウシーニョ
  • 19 MF 森谷 賢太郎
  • 20 FW 知念 慶
  • 22 MF 下田 北斗
  • 23 DF エドゥアルド
  • 24 GK 安藤 駿介
  • 25 MF 守田 英正
  • 26 DF タビナス ジェファーソン
  • 27 MF 鈴木 雄斗
  • 28 MF 脇坂 泰斗
  • 29 DF 舞行龍ジェームズ
  • 30 GK 新井 章太
  • 31 GK ポープ ウィリアム
  • 32 MF 田中 碧
  • 33 FW 宮代 大聖 ※2種登録選手
  • 34 MF 三笘 薫 ※※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 35 FW 旗手 怜央 ※※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 37 MF 齋藤 学
  • 41 MF 家長 昭博
  • 44 MF カイオ セザール
  • 出場停止選手
  • なし

チームスタッツ

C大阪C大阪 川崎F 川崎F
1.2(13) ゴール 1.7(2)
12.5(11) ドリブル 12.3(12)
17.4(5) クロス 12.5(17)
477.3(8) パス 672.3(1)
2.6(4) インターセプト 2.5(6)
23.5(12) クリア 21.2(16)
18.7(17) タックル 22.4(4)
11.5(5) シュート 13.7(1)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
川崎フロンターレ川崎フロンターレ

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 7 MF 水沼 宏太 11.11km
  • 2位 6 MF 山口 蛍 10.59km
  • 3位 14 DF 丸橋 祐介 10.35km
  • 4位 5 DF 田中 裕介 10.30km
  • 5位 11 MF ソウザ 10.27km
川崎フロンターレ川崎フロンターレ
  • 1位 8 MF 阿部 浩之 11.63km
  • 1位 22 MF 下田 北斗 11.63km
  • 3位 25 MF 守田 英正 11.21km
  • 4位 2 DF 登里 享平 10.31km
  • 5位 18 DF エウシーニョ 10.10km

PICK UP

MF 11 ソウザ

MF 11 ソウザ MF 11 ソウザ

「相手の状況に関係なく、ホームで強い姿を」

―─まずは川崎フロンターレ戦への意気込みを聞かせてください。
「川崎Fは首位のチームですし、僕たちにとって非常に厳しい試合になると思います。ただ、自分たちのホームで試合をするので、もちろん勝利を目指して戦いますし、モチベーションを高めて、ゴールを求めて、チャレンジしていかないといけません」
―─川崎Fの印象は?
「パスがうまく、いつも試合を支配しようとするチームですし、試合のリズムを作ろうとするチームですね。質の高さもあります。だから、自分たちは相手のリズムを壊していかないといけません。試合を支配させないように強く当たりに行って、自由を与えず、壊していかないといけない。川崎Fは少しずつ順位を上げて、首位を走っていたサンフレッチェ広島に追いつき、追い越し、今、首位にいる。簡単な相手ではないことは確かですが、自分たちは勝ちにいきたいと思います」
―─川崎Fには、公式戦3連勝中と結果を出していますが?
「昨シーズンはアウェイで、1-5で負けた試合もありました。ただ、勝った試合も、負けた試合も過去のことなので、今回の試合には関係ないと思います」
―─相手は勝てばJ1優勝が決まります。試合の注目度も高まると思います。
「最近はチームとしていい試合ができていませんが、サッカーでは時に起こり得ることです。自分たちは自分たちの力を信じていますし、今節へ向けたモチベーションも高い。相手の状況に関係なく、ホームで強い姿を見せたいと思います」
―─それでは最後に、サポーターの皆さんへメッセージをお願いします。
「連敗中と厳しい状況ですが、ぜひ自分たちに力を与えてほしいです。この厳しい状況だからこそ、サポーターの皆さんの力が必要です。こういう時こそ、力を合わせてセレッソの力を見せましょう。ぜひ、川崎F戦のスタジアムに足を運んで、自分たちを応援してください」

取材・文=小田尚史

リスペクトする司令塔

 昨シーズン、リーグ戦のアウェイ川崎F戦後、中村憲剛とユニフォームを交換したソウザ。「2016年に日本に来て、当時セレッソはJ2だったけど、J1の川崎Fの試合を観て、いい選手だと思った」と、リスペクトの気持ちを抱いたようだ。Jリーグ屈指のトップ下とボランチの対決は、この試合の行方を占うトピックの一つになるだろう。司令塔と重戦車。目に焼きつけたいマッチアップだ。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

9:30 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
10:30 セレッソバル オープン
10:30 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
11:00 スタジアム開門
13:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
13:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
14:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

<1>「麺'sクラブ」イタリアンやきそば(ペペ) 700円
麺にこだわり、やきそばを洋風にアレンジしています。


<2>「M.M.P」勝利の焼きそば 500円
焼きそばはあまり目立たない存在ですが、なければ寂しい、そんなポジションを守りたいです。「この焼きそばを食べると負けない」そんな焼きそばを目指します。


<3>「串かつしんや」串かつ特選海鮮セット4本セット 600円
海老・キス・鰯・貝柱、当店人気の特選海鮮4本セット。特製極細生パン粉はとってもヘルシーで、何本でも食べられる軽いサクサクとした軽い食感は女性にも大人気。旨み凝縮の「二度漬けごめんダレ」でお召し上がりください。


<4>「コベントガーデン」ぼっかけそばめし 800円
和牛ホルモンを使用、コンニャクと牛スジホルモンを丁寧に煮込みました。そばとご飯をいため合わせソースで味付、神戸名物の牛スジとコンニャクの煮込みをトッピングします。


<5>「初亀」ドイツソーセージ 500円
オクトーバーフェストで販売中のビールとの相性ぴったりのボリュームあるソーセージ二種類の味が楽しめる二種盛りをお手軽価格でご用意しております。是非この機会に!


<6>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
「こめ油」を使用し、食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけ込んで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<7>「ココロ焦がれ」壺漬けハラミ丼 1000円
極上の旨みを誇るハラミを丸ごと鉄板で焼き肉汁と旨みを閉じ込める。 カットしたハラミを自家製壺漬けダレと絡めてご飯へ。 ハラミの旨みと自家製ダレの旨みが抜群の相性です。


<8>「肉の達人」国産牛しゃぶ焼き 800円
サッとジューシーな味わい。柔らかい薄切りスライスなので老若男女問わず食べやすい一品となっております。


<9>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
どこにもないホルモン、一度食べたらやみつきになる味。是非ご賞味ください。


<10>「洋食diningKIYO」トルティーヤ 500円
三元豚のローストポークトルティーヤ巻き。


<11>「オムライス喜久屋」オムライス デミグラスソース 600円
玉ねぎとバターの風味で味付けされたケチャップライスに絶妙なとろみの焼卵をのせ、お好きなソースを選んでいただきご提供いたします。


<12>「おやつ亭」ミルク焼き(ベビーカステラ) 500円~
誰もが知っているベビーカステラ。だからこそ、ごまかしが効かない。研究、試行錯誤を重ねて完成させたミルク風味たっぷりの納得のいく味。そして冷めても美味しい。


<13>「やまびこ」フレーバーポテト 400円
フライドポテトに数種類のフレーバーを用意してお客様の好みに合わせます。


<14>「食品デザイン」ソーセージ 500円
・ソーセージ 500円
・マッシュポテト 500円


<15>「和牛工房ゆかり」和牛焼きそば 600円
宮崎牛を100%使用し、肉の旨味、甘味が味わえます。麺との絡みも最高の一品。


<16>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を、特注の銅板で外はカリッと中はとろり、美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<17>「COLDSTONE EXPRESS」コールドストーンアイスクレープ 700円
アイス専門店として有名なCOLDSTONEのアイスクレープがセレッソバルで初登場♪ 店舗では販売していない幻メニューが1日限定で出店決定!


<18>「サバエドッグ」サバエドッグ 400円
福井名物ソースカツ丼をスティックタイプにした歩くソースカツ丼♪ 是非ご賞味ください!


<19>「コメソウドウ」ビビンバ風キムチからあげ丼 800円
辛いのが好きな方は是非これを! 手仕込みのトリ肉のからあげ、キムチ、ナムル、水菜、温玉、と刻みのり。これに自家製の辛旨タレをかけて提供します。


<20>「ビッグダイナー」クレイジーチュロス 500円
オリジナルブレンドの生地を使用し、外はさっくり、中はもちもちとしたチュロスです。このチュロスをポップカラーのアイシングやチョコスプレー、コーンフレーク、マシュマロ等をトッピングすることにより、バラエティ豊かなチュロスを作り上げています。


<21>「SAKURA BAR」キャラメルポップコーン 500円
オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に! お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近の
セレッソサポーターに人気のエースキッチンがバラエティに富んだグルメと飲み物をご用意します。


<B>「SABROSO」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り)500円
・和風とりから 500円
・ホッドドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>「サーティーワンアイスクリーム」※G2ゲート付近
フレーバーは、オレンジソルベ、チョコレートミント、チップドチョコレート、キャラメルリボン、バニラ、ベリーベリーストロベリー、ポッピングシャワーの人気7種。各400円。


<D>「鶴心」※G3、I2ゲート付近
イチオシは、好評のフライドポテトwithソース(400円)。カリッと揚げた皮付きポテトにお好みのソースを選んでいただきます。長居名物・鶴心秘伝のからあげ、今回の限定メニューはカルボナーラソースとからあげの衝撃の出会い! 「からあげボナーラ」です (500円)。


<E>「松葉寿司」※H2ゲート付近
・神奈川名産・蒸しあなごちらし寿司 600円
・タコの唐揚げ 400円

SAKURA SEAT専用ラウンジ

〇ラウンジ限定日本酒(各500円) ◎久保田酒造 相模灘 特別純米 美山錦55%精米 ◎川西屋酒造店 隆 情熱 純米吟醸(越後産五百万石) ※なくなり次第終了となります

SAKURA DIARY

首位を相手に最後の意地を

 J1第31節の結果によって、今節は川崎フロンターレのリーグ優勝(連覇)が懸かる大一番となった。思わぬ大舞台。もちろん、自分たちが優勝を決める立場にいることが望ましかったが、それは現時点では叶わぬ夢。今節は、“首位イジメ”ができるかどうかの一戦だ。
 川崎Fとは、昨シーズンのルヴァンカップ決勝で対戦した。互いに“勝てば初戴冠”というしびれる状況の中、見事にセレッソが勝利し、優勝カップを掲げた。その後、川崎Fはリーグ初制覇を成し遂げ、ルヴァンカップ優勝を逃した悔しさを晴らした。そして、今シーズンの開幕前には、富士ゼロックス・スーパーカップで再戦し、再びセレッソが勝利を収めた。昨シーズンから今シーズンにかけて、節目、節目で川崎Fとはぶつかってきた。ただし、今シーズンは時間が進むにつれ、チームの成熟度に大きな差がついていった。ここ数試合、川崎Fの強さには目を見張るモノがある。持ち前のパスワークだけでなく、前線からの守備が効いており、ショートカウンターの精度も高い。一方のセレッソは、直近のリーグ戦2試合では攻守の歯車が噛み合わず、AFCチャンピオンズリーグ優勝やJ1残留という明確な目標がある鹿島アントラーズと名古屋グランパスの勢いに押され、敗戦を喫した。そんな両者が対峙する一戦。流れは川崎Fにある─―。
 そう見られても仕方ないが、今節こそ、相手の高いモチベーションに抗い、勝利をつかみたい。苦しいシーズンとなった今シーズンだからこそ見せたい、最後の意地。洗練された川崎Fを相手に試合運びの意志統一ができるかどうかが、勝利のカギを握る。(文=小田尚史)

maishima topics

 第29節ガンバ大阪戦で負傷交代した松田陸が、先週から練習グラウンドに戻ってきた。「悔しかったし、チームに迷惑をかけた。本当に勝ちたかったので……」と大阪ダービーを振り返る。交代時には、目に光るモノもあった。「もう切り替えはできた。残り試合、少しでもチームの力になりたい」。完全復活は間近。再び、右サイドを活性化させる。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • セレッソ大阪
  • 0 3
  • 柏レイソル
  • 00
    03
  • 中山 雄太 (53'), 江坂 任 (58'), クリスティアーノ (84')

2018.11.24 (土) 14:03
ヤンマースタジアム長居
観衆 23110人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 6 0
  • FC琉球
  • 中島 元彦 (6'), 中島 元彦 (13'), 舩木 翔 (27'), 斧澤 隼輝 (46'), 米澤 令衣 (48'), 米澤 令衣 (54')
  • 30
    30

2018.11.11 (日) 14:03
ヤンマースタジアム長居
観衆 1012人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

STANDINGS

順位 チーム名 勝点
5 浦和 51 14 9 11
6 FC東京 50 14 8 12
7 C大阪 50 13 11 10
8 清水 49 14 7 13
9 G大阪 48 14 6 14
10 神戸 45 12 9 13
順位 チーム名 勝点
1 川崎F 69 21 6 7
2 広島 57 17 6 11
3 鹿島 56 16 8 10
4 札幌 55 15 10 9
5 浦和 51 14 9 11
6 FC東京 50 14 8 12
7 C大阪 50 13 11 10
8 清水 49 14 7 13
9 G大阪 48 14 6 14
10 神戸 45 12 9 13
11 仙台 45 13 6 15
12 横浜FM 41 12 5 17
13 湘南 41 10 11 13
14 鳥栖 41 10 11 13
15 名古屋 41 12 5 17
16 磐田 41 10 11 13
17 39 12 3 19
18 長崎 30 8 6 20

TOP SCORERS

2018明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第18節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 パトリック 広島 12
2 ディエゴ オリヴェイラ FC東京 10
3 興梠 慎三 浦和 9
4 西村 拓真 仙台 8
4 ウーゴ ヴィエイラ 横浜FM 8
4 ファン ウィジョ G大阪 8
7 鈴木 優磨 鹿島 7
7 江坂 任 7
7 北川 航也 清水 7
7 金崎 夢生 鳥栖 7

※上位10名を表示

INFORMATION

三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞

今回の賞品は、手軽でコンパクト。きれいな風ですみずみまでふとんを乾燥! さらに衣類やブーツ、靴まで乾かせる「三菱ふとん乾燥機」(1名様)です。

 お申し込みはメールで supo@cerezo.co.jp まで。

 お名前、ニックネーム(必ずカタカナ4文字以上+数字2ケタ以上)、お電話番号を明記いただき、キックオフまでに送信してください。抽選の上、当選者にはメールでお知らせするとともに、ハーフタイムにニックネームを発表します。
※当選メールは上記アドレスでパソコンから送信します。受信できる設定にしてください。

 当選された方は、試合終了後、インフォメーションで賞品をお受け取りください(試合終了30分後まで)。なお、賞品お渡し時には、当日の試合チケットまたはシーズンシートの情報カードなどをご提示いただきます。

 セレッソサポーターの皆さん、「三菱電機プレゼンツ セレッソ大阪ファミリー賞」にぜひご応募ください!