TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

MF 7 水沼 宏太 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 名古屋グランパス 名古屋グランパス

2019.4.10 (水) 19:30 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2019JリーグYBCルヴァンカップ 第3節

試合詳細

貪欲な気持ちを前面に出して勝点3を奪う

 YBCルヴァンカップはここまでアウェイ戦2試合を戦って1分1敗。ホーム初戦となるこの一戦で、巻き返しの狼煙を上げる勝利をつかみたい。
 先週末のリーグ戦では、敵地で川崎フロンターレと激突。序盤は相手にボールを保持されるも粘り強い守備で対応すると、先にスコアを動かしたのはセレッソだった。22分、丸橋祐介のパスを受けた柿谷曜一朗が豪快に右足を一閃。鋭い弾道のシュートで先制点を奪った。その後は冷静な守備で相手に決定機を作らせなかったが、後半開始直後の49分に一瞬の隙を突かれて同点に。そこからは守勢に回る展開が続く。それでも守護神キム ジンヒョンが好セーブを連発するなど勝ち越しは許さず、1-1のまま試合終了。リーグ王者を相手に貴重な勝点1を手にした。
 第5節ベガルタ仙台戦、前節の川崎F戦とリーグ戦では今シーズン取り組むポジショナルサッカーの浸透ぶりを見せつつあるが、メンバーを入れ替えて臨んでいるルヴァンカップではここまで思うように攻撃の形を作れていない。しかしながら、リーグ戦も開幕直後は戦術の吸収に苦しんだだけに、このホームゲームを流れを変える契機にしたいところだ。
 相対するのは、J1リーグ第2節で0-2と敗れた名古屋グランパス。風間八宏監督のもと、ポゼッションスタイルを追求して3年目の難敵だ。リーグ戦でも押し込まれたように、ボールを保持する技術という点では名古屋に一日の長がある。それでも、セレッソはロティーナ監督のもとで相手に応じた組織的な守備戦術も磨き上げており、うまく特長を封じることができれば勝機は必ず訪れる。そこでリーグ戦のように複数選手がテンポ良く絡む崩しを見せられるかが勝点3へのポイントとなるだろう。
 リーグ戦のスタメンが固定されつつある今、控えに回っている選手たちにとっては絶好のアピールの舞台であるルヴァンカップ。水沼宏太や藤田直之ら経験豊富なベテランから舩木翔や瀬古歩夢ら成長著しい若手まで、全員が訪れたチャンスに対して貪欲な気持ちを前面に出し、自身の存在価値を示す“結果”を、そして勝利を奪い取る。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 名古屋グランパス

セレッソ大阪
セレッソ大阪
MF 7 水沼 宏太 TODAY’S KEY PLAYER
MF 7 水沼 宏太

期する思いをピッチで表現する

 「ここで勝たないと、グループステージ突破が難しくなる」。そう多くの選手が話す今節。これまでの2試合を踏まえると、試合に出る選手はリーグ戦から大きく変わる見込みだ。「リーグ戦に出たくても、出られていない選手もいて、いろいろな思いを持っている選手が多くいる。そういう選手たちの思いをピッチで表現できるようにやっていきたい」と名古屋戦に向けて話したのは水沼宏太だ。
 自身の誕生日でもあったリーグ開幕戦ではスタメンとしてピッチに立つも、以降はリーグ戦での出場から遠ざかっている彼にしても、期する思いはあるだろう。ホームで迎える“必勝戦”。今シーズンの副キャプテンでもある背番号7が先頭に立ち、「団結したチームとしての戦いを示していきたい」。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 木本 恭生
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 MF レアンドロ デサバト
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 都倉 賢
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 FW ブルーノ メンデス
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 FW ウェリング ピアス
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 34 FW 山田 寛人
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF 丸岡 満
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 45 GK 茂木 秀
  • 51 MF 西川 潤(JFA・Jリーグ特別指定選手/2種登録)
  • 出場停止選手
名古屋グランパス
名古屋グランパス

名古屋グランパス 選手リスト

  • 1 GK ランゲラック
  • 2 MF 米本 拓司
  • 3 DF 櫛引 一紀
  • 4 MF 小林 裕紀
  • 5 DF 千葉 和彦
  • 6 DF 宮原 和也
  • 7 FW ジョー
  • 8 MF ジョアン シミッチ
  • 9 MF 長谷川 アーリアジャスール
  • 10 FW ガブリエル シャビエル
  • 11 FW マテウス
  • 13 FW 大垣 勇樹
  • 14 DF 秋山 陽介
  • 15 MF 伊藤 洋輝
  • 16 GK 武田 洋平
  • 17 DF 丸山 祐市
  • 18 GK 渋谷 飛翔
  • 19 MF 青木 亮太
  • 20 DF 中谷 進之介
  • 21 MF エドゥアルド ネット
  • 22 GK 三井 大輝 ※2種登録選手
  • 23 DF 吉田 豊
  • 24 DF 菅原 由勢
  • 25 FW 前田 直輝
  • 26 MF 杉森 考起
  • 27 FW 相馬 勇紀
  • 28 MF 榎本 大輝
  • 29 MF 和泉 竜司
  • 30 MF 渡邉 柊斗
  • 31 DF 金井 貢史
  • 32 FW 赤﨑 秀平
  • 33 DF 成瀬 竣平
  • 34 DF 藤井 陽也
  • 35 MF 児玉 駿斗 ※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 出場停止選手

PICK UP

MF 5 藤田 直之

MF 5 藤田 直之 MF 5 藤田 直之

「強い気持ちを持って、チーム全体で戦いたい」

―─YBCルヴァンカップはここまで1分1敗です。大事な一戦となる名古屋戦に向けた意気込みをお願いします。
「“負けたら終わり”というわけではないですが、ここで勝たないとグループステージ突破がかなり厳しくなります。もちろん、これまでの2試合も結果にこだわって戦っていましたが、より結果にこだわらないといけない試合です。ここでルヴァンカップでの1勝を挙げたいです」
─―これまでのルヴァンカップの2試合を振り返ると?
「どちらに転んでもおかしくない試合だったと思います。特に大分トリニータ戦は、89分まではリードしていたわけで。最後にやられたことは、チームとしての甘さがあったということ。ヴィッセル神戸戦にしても、勝てた試合でもあったと思います。紙一重というか、どちらに転んでもおかしくない試合が続いていて、名古屋戦もそういう試合になる可能性が高い。だからこそ細かいところにこだわって、より強い気持ちを持って、チーム全体として戦いたいと思います」
─―シーズンが開幕して約1カ月半が経ちましたが、チーム全体についてはどう見ていますか?
「新しい監督、新しいやり方で戦っている中、まだまだ攻撃面ではやろうとしていることを出し切れていない試合もありますが、守備の意識は良くなっているし、守備のベースはできてきたと思います。ただ、守備に重点を置き過ぎて、攻撃に枚数をかけ切れていないところもあるので、そのあたりのバランスをより良くしていけば、もっと結果もついてくると思います」
─―移籍1年目の今シーズンですが、個人として、ここまでを振り返ると?
「リーグ戦に出ることができていないので、そこは自分自身、難しい時間を過ごしていますが、だからこそルヴァンカップで結果を出さないといけない。名古屋戦は、ルヴァンカップのグループステージを突破するためにも大事な試合ですし、個人としてリーグ戦に向けてアピールするためにも大事な試合。結果を出すか出さないかで、印象も変わります。結果を出せるように、いい準備をしたいと思います」

取材・文=小田尚史

目指すべき“先”を明確に見据える背番号5

 正確なビルドアップとボール支配の向上に努める今シーズンのセレッソ。「奪った後にどうパスをつなぐか。どうプレスを回避するか。そのあたりは、これからより明確になっていくと思う。相手に“プレスを仕掛けても取れないな”と思わせるところまでいくことで、精神的に優位に立てる」と話す背番号5。昨シーズンまで在籍していた神戸で一足早くポゼッションサッカーにチャレンジしていた藤田の目には、ここから先、セレッソが歩むべき道筋もしっかりと見えている。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

16:30 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
17:00 セレッソバル オープン
17:30 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
18:00 スタジアム開門
18:45 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:50 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
19:30 キックオフ

スタジアムグルメ情報

ピンチで拡大できます

<1>「まこと屋」牛じゃんラーメン 500円
1本5kgもある牛骨を特殊な大型圧力寸胴を使い炊き出した濃厚牛骨白湯スープが自慢です。創業以来、研究を重ね、旨さを極めた味です。そこに合わせる麺は小麦の風味にこだわった細ストレート麺に仕上げております。三段熟成されたコシのある細麺はスープがよく絡み、濃厚でクリーミーな牛スープと相性抜群です。お店の味をそのまま再現いたしました。ぜひ、ご賞味ください。


<2>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店ではこめ油を使用しています。食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけこんで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<3>「PIZZA ROTOLO(ピッツァ・ロトロ)」マルゲリータ 700円
ナポリピッツァの定番のマルゲリータ。イタリアから輸入した石窯で焼き上げます。飽きのこない人気で毎回でもサポーター様に食べて頂けると思います。


<4>「やまびこ」チキンケバブサンド 500円~
オリジナルのタレに一日漬け込んで、大きい塊にしている鶏肉を目の前でグリルし、焼けたところから削いでいきます。パン(2種類)とソース(5種類)を選んでいただき、サニーレタス、トマト、オニオンの野菜と一緒にサンドします。


<5>「SAKURA BAR(エースケータリング)」キャラメルポップコーン 500円
オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に! お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<6>「おやつ亭」ミルク焼き 500円~
誰もが知っているベビーカステラ。だからこそ、ごまかしが効かない。研究、試行錯誤を重ねて完成させた納得のいく味。


<7>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと、中はとろり美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<8>「初亀」ローディットポテト 500~800円
「ローディッド(loaded)」は、英語で「積み込んだ・積載した」という意味です。山盛りのポテトフライに明太子、マヨソース、ケチャップ、当店オリジナルBBQソースをかけてお召し上がりいただきます。また、人気のなが~いドイツソーセージもおすすめです。


<9>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
ごく少ししかとれない部位で、長居に来ないと食べれないレアなホルモンです。セレサポにお腹いっぱいになっていただきたいので、低価格で提供しています。


<10>「肉の達人」霜降り牛肉 900円
一つひとつ手切り調理をしています。焼き加減にはすごく気を入れ、お肉が一番柔らかく、美味しくなる状態を維持することを心掛けています。そのため、焼き直しなどもあるかと思います。


<11>「洋食dining KIYO」こだわり洋食屋さんのオムそば 500円
洋食ならではのこだわった中濃ソースをブレンドし、焼きそばと絡ませた麺を、ふわふわ卵で巻き込んだオムそば。上からかけるソースはセレッソのホームカラー、ピンク色を明太子ソースでご用意させていただきました。これをオムそばと絡めて召し上がっていただくと絶品。


<12>「和牛工房ゆかり」勝利のさくら丼 1000円
肉卸直営店だから提供できる特選国産ハラミと国産豚ベーコンをはみ出るくらいにのせ、セレッソカラーである「ピンクソース(ケチャップとマヨネーズを混ぜた)」をかけています。個数限定販売です!


<13>「トリヤマ社中」和牛キーマカレー 800円
水を使わず、素材の持つ水分で作るこだわりのカレーです。


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近
セレッソサポーターに人気のエースキッチンがバラエティに富んだグルメと飲み物をご用意します。


<B>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>「鶴心」※G3、I2ゲート付近
G3ゲート付近の売店イチオシは、新商品「ローディットポテト」。「ローディット」とは「山盛り」のこと。見た目の迫力からアメリカで話題のメニューです! イチボステーキ載せと、サーモンアボカド載せの2種類(各900円)を販売。また、長居名物・鶴心秘伝のからあげ、今回の限定メニューはみその風味がからあげに相性抜群の「田楽みそ味」です(500円)。


<D>「しげちゃんのからあげ」※H2ゲート付近
・からあげ 500円
・だし巻き 600円
・生ビール 550円


<E>「セレバー」※I2ゲート付近
大人気タピオカドリンクを販売。ミルクティー、ストロベリー各400円。

SAKURA SEAT専用ラウンジ

〇ラウンジ限定日本酒(各500円) ◎満乗酒造 醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦 EAU DU DESI(希望の水) 720ml 1本 ◎山崎合資会社 奥 純米吟醸原酒 夢山水十割 720ml 1本 ※なくなり次第終了となります

SAKURA DIARY

内容の向上を、勝利につなげる

 今シーズンのルヴァンカップとしては初のホームゲームとなる今節。相手は、風間八宏監督率いる名古屋グランパスだ。セレッソが所属するCグループは、他にもフアン マヌエル リージョ監督が率いるヴィッセル神戸。片野坂知宏監督が率いる大分トリニータと、いずれも“自ら主導権を握りながらボールを動かしていくサッカー”を目指しているチームばかりだ。「厄介なグループに入ったな」というのが率直な感想だったが、逆に言えば、試合を通してロティーナ監督が目指すスタイルを成熟させていく上で、この上ない相手が揃った組み合わせとも言える。
 実際、これまでに戦った2試合でも、互いにボールを握る時間を増やして試合を進めていきたいチーム同士のせめぎ合いともなる中、内容では互角に渡り合っており、戦術面での浸透が進んでいる相手に対しても何ら引けを取っていない。その部分では、自信を持って「いい戦いができている」と言っていいだろう。その中で迎える今節。グループステージとしては3試合目となるこの試合は、グループステージ突破への望みをつなげるためにも勝点3が求められる一戦だ。リーグ戦で見せている“内容の向上を勝利につなげていく”循環を、カップ戦でも発揮していきたい。(文=小田尚史)

maishima topics

 J1リーグ第6節川崎フロンターレ戦の翌日、川崎F戦に先発出場した選手たちはリカバリーで練習を終えたが、それ以外の選手たちは約2時間、みっちりとグラウンドで汗を流した。そして、おそらくはその面々が今節の名古屋グランパス戦のピッチに立つだろう。「団結する気持ちやプレーは、この2年間で培ってきた。そういう思いをプレーで表現できたらいい」と話すのは水沼宏太。リーグ戦では思うように出場機会を得られていない選手たちの奮闘に期待したい。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • セレッソ大阪
  • 0 1
  • 北海道コンサドーレ札幌
  • 00
    01
  • 進藤 亮佑 (80')

2019.4.13 (土) 15:03
ヤンマースタジアム長居
観衆 15125人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 3 2
  • ザスパクサツ群馬
  • 山田 寛人 (51'), 安藤 瑞季 (76'), 安藤 瑞季 (83')
  • 01
    31
  • 加藤 潤也 (45+2'), 青木 翔大 (50')

2019.4.14 (日) 14:03
ヤンマースタジアム長居
観衆 669人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。