TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

DF 29 舩木 翔 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 大分トリニータ 大分トリニータ

2019.5.22 (水) 19:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2019JリーグYBCルヴァンカップ 第6節

試合詳細

戦う姿勢を貫き、グループステージ突破を決める

 YBCルヴァンカップのグループステージはいよいよ最終節。首位を走るセレッソは引き分け以上でプレーオフステージに進めるが、やはり勝ち切って気持ち良くグループステージ突破を決めたい。
 先週末に行われたJ1第12節はアウェイで宿敵・ガンバ大阪と火花を散らした。大阪ダービー独特の空気がスタジアム全体を包み込む中、立ち上がりから球際で激しい攻防が繰り広げられ、試合は一進一退の展開に。55分に先制を許したセレッソは、攻勢に転じるべく70分に柿谷曜一朗、79分には田中亜土夢を投入。さらにフォーメーションも変更しながら反撃を仕掛けたが、最後までチャンスを生かせず0-1のままタイムアップ。またしてもダービーで苦汁を舐め、公式戦の連続無敗も「5」でストップした。
 ダービー敗戦の悔しさを晴らすため、そしてステージを勝ち進むためにも結果にこだわりたい今節は大分トリニータと相まみえる。昇格組ながらリーグ戦で3位と躍進する実力にもはや疑いの余地はない。事実、セレッソもルヴァンカップの前回対戦では終了間際の連続被弾で1-2と逆転負けを喫し、リーグ戦でも主導権を奪い切れず0-0のドローで終えている。最終ラインから全員でビルドアップするポゼッションはもちろん、リーグ2位の失点数の少なさを誇る堅守も特長であり、厳しい戦いになることは間違いないだろう。
 だが、そういった難敵を倒し続けなければ“上”は見えてこない。ダービーで味わった悔しさ、そして大分との過去2戦で得た教訓を今節にぶつけたいところだ。G大阪戦後、キャプテンの清武弘嗣は「もう一度、戦える集団になりたい」と決意を口にした。ダービーがそうだったように、拮抗した試合では“いかにチームとして戦い抜けるか”が勝敗を大きく左右する。そして、その戦う気持ちを体現してきたのがカップ戦メンバーたちだけに、今一度その姿勢を90分間ピッチで貫き、グループステージ首位通過を決める勝利をもぎ取る。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 大分トリニータ

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 29 舩木 翔 TODAY’S KEY PLAYER
DF 29 舩木 翔

首位突破を期すサイドのキーマン

 今シーズンここまでYBCルヴァンカップで全試合に出場している舩木翔。もっとも、途中出場となった初戦のアウェイ大分トリニータ戦では、試合終盤に自身が前につけたパスを相手にカットされて失点につながる、ほろ苦い経験もした。ただし、第2節からはフル出場を続け、前節の名古屋グランパス戦ではヘディングからゴールも決めた。
 「チャレンジした中でミスを減らしていくことが今の自分の課題。2戦目からはスタメンで出させてもらって、負けたくない気持ちで戦ってきた」とここまでの戦いを振り返る。勝てば首位でのグループステージ通過が決まる今節。サイドの攻防もカギを握る一戦に向けて「勝って、グループステージ首位通過を決めたい」と抱負を語る背番号29の左足から目が離せない。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 木本 恭生
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 MF レアンドロ デサバト
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 都倉 賢
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 FW ブルーノ メンデス
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 FW ウェリング ピアス
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 33 FW タワン
  • 34 FW 山田 寛人
  • 35 MF ポンラヴィチュ
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF 丸岡 満
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 45 GK 茂木 秀
  • 51 MF 西川 潤(JFA・Jリーグ特別指定選手/2種登録)
  • 出場停止選手
大分トリニータ
大分トリニータ

大分トリニータ 選手リスト

  • 1 GK 高木 駿
  • 3 DF 三竿 雄斗
  • 4 MF 島川 俊郎
  • 5 DF 鈴木 義宜
  • 6 DF 福森 直也
  • 7 MF 松本 怜
  • 8 MF 丸谷 拓也
  • 9 FW 後藤 優介
  • 10 FW 藤本 憲明
  • 11 MF 馬場 賢治
  • 14 MF 小塚 和季
  • 16 DF 岡野 洵
  • 18 FW 伊佐 耕平
  • 19 DF 星 雄次
  • 20 MF 小手川 宏基
  • 21 GK 小島 亨介
  • 22 GK ムン キョンゴン
  • 23 FW 高山 薫
  • 25 MF 小林 成豪
  • 27 FW 三平 和司
  • 28 MF 坂井 大将
  • 29 DF 岩田 智輝
  • 30 FW 吉平 翼
  • 31 GK ポープ ウィリアム
  • 32 MF 前田 凌佑
  • 38 MF 高畑 奎汰
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 40 MF 長谷川 雄志
  • 41 DF 刀根 亮輔
  • 42 DF 矢野 太一 ※2種登録選手
  • 43 MF 西城 響也 ※2種登録選手
  • 44 MF ティティパン
  • 45 FW オナイウ 阿道
  • 46 MF 伊藤 涼太郎
  • 47 MF 工藤 大雅 ※2種登録選手
  • 49 DF 羽田 健人 ※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 出場停止選手

PICK UP

GK 1 圍 謙太朗

GK 1 圍 謙太朗 GK 1 圍 謙太朗

「無失点で抑えて、勝ちたい」

――今節の大分トリニータ戦はYBCルヴァンカップのグループステージ突破を懸けた一戦です。
「勝って、グループステージを首位通過したいです。『引き分けでもいい』ということは考えていません。前節は2失点してしまったので、自分としては無失点で抑えて、勝ちたいです」
――今シーズンのルヴァンカップは逆転負けからのスタートとなりましたが、そこから2勝2分と盛り返し、首位通過も可能な状態で最終節を迎えました。ここまではチームの一体感が感じられる戦いぶりを示していると思います。
「カップ戦は、最初はリーグ戦で出られない選手が出る形になることが多いですが、『アピールしよう』という強い気持ちを持って、モチベーションを落とさずにプレーできています。みんなリーグ戦に出ることを目指していますが、出られなくても、カップ戦でしっかりと自分のプレーを発揮しようと臨んできましたし、それがリーグ戦にもつながると信じて戦ってきた。グループステージを突破しないと試合数も減るし、自ずとアピールチャンスも減ります。そういった意味でも、グループステージは必ず突破したい。今節に向けても、いい雰囲気で練習ができているので、いつもどおりやれればいいプレーを出せると思います」
――圍選手自身、ルヴァンカップでは第2節から3試合連続での無失点もありました。前回在籍時の2017年から成長した姿も見せられているのでは?
「いや、『少し見せたくらいで(満足してはいけない)』という思いが自分の中にはあります。GKは年間を通して(評価されるポジション)というところもあるので、シーズンが終わった時にどう評価されるか。シーズン中の今、自己評価はしたくないです。日々成長するためにやっていますし、タイトルを獲るために(セレッソに)帰ってきたという気持ちもあるので、毎試合プレーで表現することが大事だと思っています」
――最後に、サポーターの皆さんへメッセージをお願いします。
「試合前だけではなく、試合中もサポーターの皆さんの声は聞こえています。特に前半は近くにいるので、一緒に守っているような気がしています。自分自身、全力でプレーするので、全力でサポートしてくださるとうれしいです。必ず結果で恩返しをします」

取材・文=小田尚史

ストイックに自身と向き合う背番号1

 インタビューからも分かるように、日々の練習からストイックに自己研鑽に励んでいる圍だが、ベンチから試合を観たリーグ戦の前節・大阪ダービーで、さらなる刺激を受けたようだ。「GKの重要性を感じた試合でした。ガンバの勝利も東口(順昭)さんが呼び込んだと言っても過言ではなく、(キム)ジンヒョンさんも一対一の場面を止めていました。特に東口さんは、その前の試合で自分のミスから失点して、気持ちの持っていき方を含めて難しい試合だったはずですが、オーラを感じました。お手本にする部分ですし、吸収していかないといけない。試合でのああいったプレーは、練習中から『1本も決めさせない』という強い気持ちでやっているからこそ、だと思います。自分自身、もっともっと成長する余地はあると思うし、あのレベルに達するために、練習から謙虚に、しっかりやっていきたいと思います」。そう熱く語る姿に、GKとしてまだまだ伸びていくスケールの大きさを感じた。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

16:00 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
16:30 セレッソバル オープン
17:00 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
17:30 スタジアム開門
18:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
19:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

ピンチで拡大できます

<1>「まこと屋」牛じゃんラーメン 500円
1本5kgもある牛骨を特殊な大型圧力寸胴を使い炊き出した濃厚牛骨白湯スープが自慢です。創業以来、研究を重ね旨さを極めた味です。そこに合わせる麺は、小麦の風味にこだわった細ストレート麺に仕上げております。三段熟成されたコシのある細麺はスープがよく絡み、濃厚でクリーミーな牛スープと相性抜群です。お店の味をそのまま再現いたしました。ぜひ、ご賞味ください。


<2>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店ではこめ油を使用しています。食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけこんで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<3>「PIZZA ROTOLO(ピッツァ・ロトロ)」マルゲリータ 700円
ナポリピッツァの定番のマルゲリータ。イタリアから輸入した石窯で焼き上げます。飽きのこない人気で毎回でもサポーター様に食べていただけると思います。


<4>「やまびこ」チキンケバブサンド 500円~
オリジナルのタレに一日漬け込んで、大きい塊にしている鶏肉を目の前でグリルし、焼けたところから削いでいきます。パン(2種類)とソース(5種類)を選んでいただき、サニーレタス、トマト、オニオンの野菜と一緒にサンドします。


<5>「SAKURA BAR」キャラメルポップコーン 500円 オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に! お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<6>「おやつ亭」ミルク焼き 500円~
誰もが知っているベビーカステラ。だからこそ、ごまかしが効かない。研究、試行錯誤を重ねて完成させた納得のいく味。


<7>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと、中はトロリと美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<8>「初亀」ローディットポテト 500~800円
「ローディッド(loaded)」は、英語で「積み込んだ・積載した」という意味です。山盛りのポテトフライに明太子、マヨソース、ケチャップ、当店オリジナルBBQソースをかけてお召し上がりいただきます。また、人気のなが~いドイツソーセージもおすすめです。


<9>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
ごく少ししかとれない部位で、長居に来ないと食べれないレアなホルモンです。セレサポにお腹いっぱいになっていただきたいので、低価格で提供しています。


<10>「肉の達人」霜降り牛肉 900円
一つひとつ手切り調理をしています。焼き加減にはすごく気を入れ、お肉が一番柔らかく、美味しくなる状態を維持することを心掛けています。そのため、焼き直しなどもあるかと思います。


<11>「洋食dining KIYO」こだわり洋食屋さんのオムそば 500円
洋食ならではのこだわった中濃ソースをブレンドし、焼きそばと絡ませた麺を、ふわふわ卵で巻き込んだオムそば。上からかけるソースはセレッソのホームカラー、ピンク色を明太子ソースでご用意させていただきました。これをオムそばと絡めて召し上がっていただくと絶品。


<12>「和牛工房ゆかり」勝利のさくら丼 1000円
肉卸直営店だから提供できる特選国産ハラミと国産豚ベーコンをはみ出るくらいに乗せ、セレッソカラーであるピンクソース(ケチャップとマヨネーズを混ぜた)をかけています。個数限定販売です!!


<13>「トリヤマ社中」和牛キーマカレー 800円
水を使わず、素材の持つ水分で作るこだわりのカレーです。


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近
セレッソサポーターに人気のエースキッチンがバラエティに富んだグルメと飲み物をご用意します。


<B>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>「鶴心」※G3、I2ゲート付近
G3ゲート付近の売店イチオシは、新商品「ローディットポテト」。「ローディット」とは「山盛り」のこと。見た目の迫力からアメリカで話題のメニューです! イチボステーキ載せと、サーモンアボカド載せの2種類(各900円)を販売。日本ハムセット2019(800円)も好評販売中です。また、長居名物・鶴心秘伝のからあげ、今回の限定メニューは青海苔の風味と塩ダレが相性抜群の「海苔塩ソース」(500円)です。


<D>「しげちゃんのからあげ」※H2ゲート付近
・からあげ 500円
・だし巻き 600円
・生ビール 550円


<E>「カプリスのチーズホルモン」※H2ゲート付近
・チーズホルモン 650円


<F>「バラエティシロップかき氷」※H2ゲート付近
・バラエティシロップかき氷 500円
※いちご、マンゴー、黒蜜きな粉、抹茶の4種類


<G>「セレバー」※I2ゲート付近
ピンクの強炭酸、ストロングセレチューハイ(500円)を販売! 大人気タピオカドリンクも販売。ミルクティー、ストロベリー各400円。

SAKURA SEAT専用ラウンジ

〇ラウンジ限定日本酒(各500円)

◎萱島酒造 西の関 手作り純米酒 720ml 1本
◎中野酒造 ちえびじん 純米吟醸 720ml 1本
※なくなり次第終了となります

SAKURA DIARY

若手の飛躍にも大いに注目

 「21歳以下の選手を1名以上先発に含める」という独自ルールが義務化されていることを見ても分かるように、YBCルヴァンカップは“若手の登竜門”としての立ち位置もある大会だ。U-21の選手に限定された「ニューヒーロー賞」には歴代、錚々たるメンバーが並んでいる。セレッソで言えば、初戴冠を成し遂げた2年前は大卒2年目の木本恭生がブレイクし、アカデミー出身の舩木翔や斧澤隼輝の活躍も目立った。そして、今シーズンは実質プロ1年目の瀬古歩夢が初戦から起用されると、そのプレーがロティーナ監督にも認められ、今ではリーグ戦のスタメンを獲得するに至っている。ここから先、誰がチャンスをつかんで飛躍の時を迎えるか興味は尽きないが、その舞台を閉ざしてしまわないためにも、今節の大分トリニータ戦ではグループステージ突破が求められる。
 U-23が参戦しているJ3の舞台では今シーズン、ここまで山田寛人が6得点、安藤瑞季が5得点と活躍。FWにボランチに、パンチのあるキック力を生かして奮闘している中島元彦のプレーも印象的だ。直近のJ3第9節いわてグルージャ盛岡戦では、そんなプロ2年目の彼らが揃って得点を決めた。今節のメンバー入りはなるか、そしてプレー機会をつかめるかにも注目したい。(文=小田尚史)

maishima topics

 痛恨の敗戦を喫したJ1第12節の大阪ダービー翌日。先発出場した選手たちはリカバリーで練習を終える中、それ以外の選手たちは2時間近くたっぷりトレーニングに励んだ。5対5のミニゲームでは、レアンドロ デサバトが素晴らしいゴールを立て続けに決め、柿谷曜一朗や田中亜土夢ら攻撃陣もネットを揺らした。引き分け以上でグループステージ突破が決まる今節。プレーに飢えている選手たちの活躍に期待したい。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • セレッソ大阪
  • 1 0
  • FC東京
  • ブルーノ メンデス (78')
  • 00
    10

2019.5.25 (土) 15:03
ヤンマースタジアム長居
観衆 24624人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • セレッソ大阪U-23
  • 0 3
  • ヴァンラーレ八戸
  • 03
    00
  • 谷尾 昂也 (12'), 三田 尚希 (29'), 中村 太一 (39')

2019.5.30 (木) 19:03
ヤンマースタジアム長居
観衆 1231人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。