TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

FW 13 高木俊幸 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs FC東京 FC東京

2019.6.26 (水) 19:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2019JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦

試合詳細

成熟してきたサッカーで8強へ突き進む

 ベスト8進出を懸けたYBCルヴァンカップのプレーオフステージ。第1戦を0-1で落としたセレッソが目指すのは、もちろんホームでの逆転劇だ。公式戦6試合無敗を誇るヤンマースタジアム長居で強さを見せつけたい。
 先週末に開催されたJ1第16節ではジュビロ磐田をホームに迎えた。ルヴァンカップから中2日とタイトなスケジュールだったが、立ち上がりから高い集中力と積極性を発揮して主導権を握る。迎えた20分、丸橋祐介の正確なフィードに反応したブルーノ メンデスが裏に抜け出すと、一度は相手GKにシュートを弾かれるも、こぼれ球を自ら拾って流し込み先制点を決める。その後も試合の流れを渡さず、51分には藤田直之のロングスローから最後は水沼宏太がゴールネットを揺らしてリードを広げる。以降は、前掛かりに反撃を試みる相手に押される時間帯もあったが、好セーブを連発したGKキム ジンヒョンを筆頭に全員が粘り強い対応を続けてクリーンシートを達成。2-0で勝ち切り、暫定ながらリーグ戦の順位を一桁に上げた。
 この勢いに乗って逆転勝利を目指したいプレーオフステージ第2戦だが、相対するFC東京はリーグ戦で首位を快走している強敵だ。攻撃面では第1戦でゴールを許した永井謙佑やディエゴ オリヴェイラ、守備面では室屋成や森重真人を始め、攻守にタレントが揃う。それでもリーグ戦の前回対戦ではブルーノ メンデスの値千金の決勝弾で1-0と競り勝っており、勝機は十分にある。
 その中で特に警戒したいのはアウェイゴール、そして試合の入り方だ。0-1で第1戦を落としたセレッソとしては、FC東京にアウェイゴールを許せば、逆転には3点が必要になってしまう。だからといって、消極的な試合の入り方をすれば一気に主導権を奪われるだろう。そのためリスクを管理しつつ、アブレッシブさも失わない高度なプレーが求められる。もちろん簡単ではないが、直近の磐田戦ではそれを見事に体現してみせた。「すべての局面で、チームは成長している」と指揮官も手応えを口にするようにポジショナルサッカーの成熟度は高まっている。この一戦でもそれをピッチで存分に表現し、3年連続の8強へ突き進む。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs FC東京

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 13 高木 俊幸 TODAY’S KEY PLAYER
FW 13 高木 俊幸

“大仕事”を狙う桜の切り込み役

 YBCルヴァンカップで逆転でのベスト8進出を果たすためには、勝利が絶対条件となる一戦。得点が何より重要であり、FW陣には期待が懸かる。その一人が、高木俊幸だ。今シーズンはリーグ戦で1得点と必ずしも本調子ではないが、縦への推進力はチームでも1、2を争うレベルにあり、ルヴァンカップのグループステージ第5節と最終節では彼の突破からファウルを受け、そこで得たFKからスコアが動いている。プレーオフステージ突破が懸かった第2戦に向けて、「今シーズン、カップ戦のホームゲームはすべて勝っているし、いいイメージがある。ひっくり返したい。自分自身、こういうホーム&アウェイ方式のカップ戦は好きなので、そろそろ何かをやりたい」と力強く抱負を語る。チームに勢いをもたらす背番号13のプレーに注目だ。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 木本 恭生
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 MF レアンドロ デサバト
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 都倉 賢
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 福満 隆貴
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 FW ブルーノ メンデス
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 23 DF 山下 達也
  • 24 FW ウェリング ピアス
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 31 FW 山根 永遠
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 33 FW タワン
  • 34 FW 山田 寛人
  • 35 MF ポンラヴィチュ
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF 丸岡 満
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 45 GK 茂木 秀
  • 51 MF 西川 潤(JFA・Jリーグ特別指定選手/2種登録)
  • 出場停止選手
FC東京
FC東京

FC東京 選手リスト

  • 1 GK 児玉 剛
  • 2 DF 室屋 成
  • 3 DF 森重 真人
  • 5 DF 丹羽 大輝
  • 6 DF 太田 宏介
  • 8 MF 髙萩 洋次郎
  • 9 FW ディエゴ オリヴェイラ
  • 10 MF 東 慶悟
  • 11 FW 永井 謙佑
  • 13 GK 波多野 豪
  • 16 FW ジャエル
  • 17 MF ナ サンホ
  • 18 MF 橋本 拳人
  • 19 MF 宮崎 幾笑
  • 20 DF チャン ヒョンス
  • 21 MF ユ インス
  • 22 DF 中村 拓海
  • 23 FW 矢島 輝一
  • 24 FW 原 大智
  • 25 DF 小川 諒也
  • 27 FW 田川 亨介
  • 28 MF 内田 宅哉
  • 29 DF 岡崎 慎
  • 31 FW ナッタウット
  • 32 DF 渡辺 剛
  • 33 GK 林 彰洋
  • 35 MF 鈴木 喜丈
  • 36 MF 安部 柊斗 ※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 39 MF 大森 晃太郎
  • 40 MF 平川 怜
  • 44 MF 品田 愛斗
  • 45 MF アルトゥール シルバ
  • 46 MF 紺野 和也 ※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 出場停止選手

PICK UP

MF 32 田中 亜土夢

MF 32 田中 亜土夢 MF 32 田中 亜土夢

「今シーズン、一番強い気持ちで試合に臨む」

――FC東京とのプレーオフステージ第2戦、どういった試合にしたいですか?
「勝つことだけを考えて試合に臨みます。アウェイの第1戦は負けてしまったけど、次はホームですし、まだまだ突破の可能性は十分あります。グループステージを振り返っても、大分トリニータにはアウェイで負けた後、ホームでは勝つことができました。そういういい流れもあるので、チーム全員で勝ちにいきたいです」
――第1戦も決して悲観する内容ではなかったですし、第2戦に向けても自信を持って挑めるのでは?
「(第1戦の結果を)ネガティブに考える必要はないですね。ただ、『もっとうまくできたのでは?』と思うところもあったので、そのあたりの第1戦で課題として出たところは改善していきたいです」
――ホーム&アウェイで勝ち上がりが決まるカップ戦ならではの醍醐味を味わいたいところです。
「そうですね。やっぱりサポーターの皆さんが期待しているのは、逆転で勝ち上がる姿。楽しみに観に来てくれるサポーターの期待に応えたいし、ここを乗り越えたら、チームとしてもまた一つステップアップできます。チーム全体の勢いや気持ちも高まりますし、それはリーグ戦にもつながります」
――ここまで、田中選手はYBCルヴァンカップでは全試合に出場されています。チームを引っ張る姿も印象的です。
「あとは結果で引っ張ることですね。ここで結果を出せば、チームとしても、自分自身もリーグ戦につながる。カップ戦で結果を残した選手がリーグ戦にも出ているので、そういう流れを継続させていきたいです。今シーズン、一番強い気持ちで試合に臨みます」
――では最後に、サポーターの皆さんに向けてメッセージをお願いします。
「期待して、勝利を求めてスタジアムに来てくれるサポーターに対して結果で応えたいですし、セレッソを応援してくださる皆さんに笑顔を届けられるような試合にしたいと思います。ともに戦いましょう! 応援よろしくお願いします」

取材・文=小田尚史

日増しに高まる存在感

 加入2年目の今シーズン、その個性的なキャラクターも浸透し、ピッチ内外で存在感が増している田中亜土夢。サポーターからの声援も日増しに高まっているが、「そういう(キャラクターが伝わる)のも試合に出てこそ。やっぱり試合に出ることにこだわりたいし、前線の選手なので得点にもどんどん絡んでいきたい」と本人は語る。YBCルヴァンカップではここまで全試合に出場。味方を鼓舞するとともに、グループステージ第4節ヴィッセル神戸戦ではスーパーゴールも決めた。この試合でも、チームをベスト8進出に導くプレーに期待したい。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

16:00 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
16:30 セレッソバル オープン
17:00 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
17:30 スタジアム開門
18:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
19:00 キックオフ

イベント情報

スタジアムグルメ情報

ピンチで拡大できます

<1>「トリヤマ社中」和牛キーマカレー 800円
水を使わず、素材の持つ水分で作るこだわりのカレーです。


<2>「初亀」ローディットポテト 500~800円
「ローディッド(loaded)」は、英語で「積み込んだ・積載した」という意味です。山盛りのポテトフライに明太子、マヨソース、ケチャップ、当店オリジナルBBQソースをかけてお召し上がりいただきます。また、人気のなが~いドイツソーセージもおすすめです。


<3>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと、中はトロリと美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<4>「まこと屋」牛じゃんラーメン 500円
1本5kgもある牛骨を特殊な大型圧力寸胴を使って炊き出した濃厚牛骨白湯スープが自慢です。創業以来、研究を重ねうまさを極めた味です。そこに合わせる麺は、小麦の風味にこだわった細ストレート麺に仕上げております。三段熟成されたコシのある細麺はスープがよく絡み、濃厚でクリーミーな牛スープと相性抜群です。お店の味をそのまま再現いたしました。ぜひ、ご賞味ください。


<5>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店ではこめ油を使用しています。食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけこんで、うまみを閉じ込めたやみつきになるうまさです。


<6>「PIZZA ROTOLO(ピッツァ・ロトロ)」マルゲリータ 700円
ナポリピッツァの定番のマルゲリータ。イタリアから輸入した石窯で焼き上げます。飽きのこない人気で毎回でもサポーター様に食べていただけると思います。


<7>「SAKURA BAR(エースケータリング)」キャラメルポップコーン 500円
オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に! お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<8>「おやつ亭」ミルク焼き 500円~
誰もが知っているベビーカステラ。だからこそ、ごまかしが効かない。研究、試行錯誤を重ねて完成させた納得のいく味です。


<9>「雀のお宿」とろ~り焼き 700円
「たこ焼き+お好み焼+焼きそば」=「当店発祥のとろ~り焼き」。かつおダシを丁寧にとり、生地にたっぷり練り込み、生麺を絶妙に茹で上げた麺を使用することでモチモチの食感と独自生地の食感、そしてオリジナルソースで召し上がっていただく、新しいスタイルの粉ものです。サクラエビもトッピングできます。


<10>「やまびこ」チキンケバブサンド 500円~
オリジナルのタレに一日漬け込んで、大きい塊にしている鶏肉を目の前でグリルし、焼けたところから削いでいきます。パン(2種類)とソース(5種類)を選んでいただき、サニーレタス、トマト、オニオンの野菜と一緒にサンドしています。


<11>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
ごく少ししかとれない部位で、長居に来ないと食べられないレアなホルモンです。セレサポにお腹いっぱいになっていただきたいので、低価格で提供しています。


<12>「肉の達人」霜降り牛肉 900円
一つひとつ手切り調理をしています。焼き加減にはすごく気を入れ、お肉が一番柔らかく、おいしくなる状態を維持することを心掛けています。そのため、焼き直しなどもあるかと思います。


<13>「和牛工房ゆかり」勝利のさくら丼 1000円
肉卸直営店だから提供できる特選国産ハラミと国産豚ベーコンをはみ出るくらいにのせ、セレッソカラーであるピンクソース(ケチャップとマヨネーズを混ぜたソース)をかけています。個数限定販売です!!


<14>「洋食dining KIYO」こだわり洋食屋さんのオムそば 500円
洋食ならではのこだわった中濃ソースをブレンドし、焼きそばと絡ませた麺をふわふわ卵で巻き込んだオムそば。上からかけるソースはセレッソのホームカラー、ピンク色を明太子ソースでご用意させていただきました。これをオムそばと絡めて召し上がっていただくと絶品。


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近
セレッソサポーターに人気のエースキッチンがバラエティに富んだグルメと飲み物をご用意します。


<B>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>「フットボールダイニング by TSURUSHIN」※G3ゲート付近
イチオシはローディットポテト。「ローディット」とは「山盛り」のこと。見た目の迫力からアメリカで話題のメニューです! イチボステーキ載せと、サーモンアボカド載せの2種類(各900円)です。日本ハムセット2019(800円)も好評販売中です。また、暑い季節にピッタリのセレ玉イチゴフラッペ(600円)も販売。


<D>「しげちゃんのからあげ」※H2ゲート付近
・からあげ 500円
・生ビール 550円


<E>「カプリスのチーズホルモン」※H2ゲート付近
・チーズホルモン 650円
・生ビール 550円


<F>「バラエティシロップかき氷」※H2ゲート付近
・バラエティシロップかき氷 500円
※いちご、マンゴー、黒蜜きな粉、抹茶の4種類


<G>「鶴心」※I2ゲート付近
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、バジルとチーズがまろやかな味わいの「バジル&チーズソース」(500円)です。


<H>「セレバー by TSURUSHIN」※I2ゲート横
ピンクの強炭酸、ストロングセレチューハイ(500円)を販売! 大人気タピオカドリンクも販売。ミルクティー、ストロベリー各400円。

SAKURA DIARY

相手を飲み込む迫力を

 今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、決勝に進出したリヴァプール、トッテナムともに、準決勝では大逆転劇を見せて決勝進出を果たした。特にリヴァプールは、アウェイでの第1戦を0-3で落としながら、ホームでの第2戦を4-0で勝利しての勝ち上がり。“UCL史上最大級の逆転劇“、“アンフィールドの奇跡”とも形容されたが、このような逆転劇こそホーム&アウェイの“180分”で勝敗が決するカップ戦の醍醐味だ。さすがに3点差をひっくり返すことは並大抵のことではないが、時にそういった“奇跡”が起こり得るのがサッカー。
 カップ戦の頂点に登りつめるために平坦な道などないことは、国内外、過去の戦いからも証明されている。YBCルヴァンカップのプレーオフ第1戦に敗れたセレッソとしても、ここで下を向く必要は全くない。逆転での突破を信じて、ホームで迎える第2戦を戦い抜くのみだ。今シーズン、ルヴァンカップでのホーム戦は3戦全勝。いずれも無失点と、結果を残している。この試合でも、スタジアム全体で“逆転”への機運を高め、相手を飲み込む迫力を出していきたい。そして上り調子にあるチームがさらに勢いづく、逆転でのルヴァンカップベスト8進出を果たしたい。(文=小田尚史)

maishima topics

 2-0で快勝したJ1第16節ジュビロ磐田戦の翌日。舞洲の練習グラウンドに姿を現した選手たちの表情は明るく、お互いに言葉を交わし合うなど、活気に満ちていた。その磐田戦では、この日が誕生日だった藤田直之がロングスローから得点を演出すれば、試合当日に第一子が誕生した松田陸も攻守に奮闘。明るい話題が多かった。そういったリーグ戦での内容と結果も追い風に、YBCルヴァンカップでもプライムステージ進出を目指す。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • 湘南ベルマーレ
  • 0 2
  • セレッソ大阪
  • 00
    02
  • 奥埜 博亮 (51'), 清武 弘嗣 (83')

2019.6.30 (日) 19:03
Shonan BMW スタジアム平塚
観衆 12821人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • 福島ユナイテッドFC
  • 1 1
  • セレッソ大阪U-23
  • イスマイラ (76')
  • 01
    10
  • 澤上 竜二 (21')

2019.6.30 (日) 15:03
とうほう・みんなのスタジアム
観衆 539人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。