TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

DF 22 マテイ ヨニッチ 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ

2019.10.6 (日) 15:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2019明治安田生命J1リーグ 第28節

試合詳細

ACL出場権獲得へ向けた大一番

 宿敵を破ってリーグ戦5連勝を達成したセレッソ。順位も4位に上げ、いよいよ来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の3位以内が間近に迫ってきた。しかしながら、まだまだ上位争いは大混戦。ここで歩みを止めるわけにはいかない。
 前節、ホームで迎えた大阪ダービーは、まさに会心の勝利だった。開始7分に丸橋祐介のクロスをブルーノ メンデスが頭で合わせて幸先良く先制すると、11分には前日練習で負傷したレアンドロ デサバトに代わって第8節以来のスタメン復帰を果たしたソウザのFKからマテイ ヨニッチが強烈ヘッドで追加点。その後は相手にボールを持たれるものの落ち着いた対応で決定機は作らせない。迎えた56分、前線でボールを奪ったブルーノのパスを受けた柿谷曜一朗が巧みなフェイントで相手DFをかわしてクロス。これを走り込んできた水沼宏太がジャンピングボレーで蹴り込み勝負を決定付ける3点目を奪う。終了間際に一瞬のから1点を失ったものの終始ライバルを圧倒し、3-1で快勝を飾った。
 最高の雰囲気で迎える今節、迎え撃つのは2位・鹿島アントラーズだ。両チームの勝点差は「6」。勝利すれば一気に肉薄できるが、逆に敗れればACL出場圏内が遠のく、まさに大一番だ。前回対戦では前半は優勢に試合を進めながら得点が奪えず、後半に流れをひっくり返されて0-2で敗戦を喫した。同じ轍を踏むわけにはいかない。まずは先手を奪い、今度こそ完全に主導権をつかみたい。
 そのために大切なのは守備でリズムを築くことだ。4試合連続得点中のセルジーニョを筆頭に伊藤翔、上田綺世ら危険なFWが揃う鹿島だが、リーグ最少失点を誇る組織的な守備に大きな隙はない。今節も守備で相手の特長を封じながら攻勢に転じるロティーナサッカーで勝利を手繰り寄せる。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 鹿島アントラーズ

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 22 マテイ ヨニッチ TODAY’S KEY PLAYER
DF 22 マテイ ヨニッチ

相手の攻撃を封じる桜の壁

 リーグ戦では7年半ぶりに勝利を手にした前節の“大阪ダービー”。試合後のヒーローインタビューでマテイ ヨニッチは絶叫して感情を露わにし、サポーターと喜びを分かち合った。試合後のミックゾーンでは、その時の気持ちについて「最後に全部の感情を出したら、あのような形になりました」と笑みを浮かべた。
 ピッチでは、攻守において大活躍。ソウザのFKから試合を優位に進める2点目を豪快に叩き出せば、守備でも隙を見せず、体を張ったシュートブロックも見せた。「5連勝はチーム一丸となったからこそできた。これからも勝つために必要なのは、チーム一丸になること」と語る背番号22。今節の相手は、勝点6差で追う2位の鹿島アントラーズ。勝って、その差を縮めるために。相手の攻撃を封じるべく、今節も分厚い壁を築く。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 圍 謙太朗
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 木本 恭生
  • 4 DF 藤本 康太
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 MF レアンドロ デサバト
  • 7 MF 水沼 宏太
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 都倉 賢
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ソウザ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 18 FW 鈴木 孝司
  • 19 FW 澤上 竜二
  • 20 FW ブルーノ メンデス
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 24 FW ウェリング ピアス
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 27 GK 丹野 研太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 DF 舩木 翔
  • 30 MF 大山 武蔵
  • 32 MF 田中 亜土夢
  • 33 FW タワン
  • 35 MF ポンラヴィチュ
  • 36 MF 斧澤 隼輝
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 MF 丸岡 満
  • 40 FW 安藤 瑞季
  • 45 GK 茂木 秀
  • 51 MF 西川 潤(JFA・Jリーグ特別指定選手/2種登録)
  • 出場停止選手
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ 選手リスト

  • 1 GK クォン スンテ
  • 2 DF 内田 篤人
  • 4 MF レオ シルバ
  • 5 DF チョン スンヒョン
  • 6 MF 永木 亮太
  • 8 MF 土居 聖真
  • 11 MF レアンドロ
  • 13 MF 中村 充孝
  • 15 FW 伊藤 翔
  • 16 DF 山本 脩斗
  • 18 MF セルジーニョ
  • 19 DF 山口 一真
  • 20 MF 三竿 健斗
  • 21 GK 曽ヶ端 準
  • 23 DF 小田 逸稀
  • 24 DF 伊東 幸敏
  • 25 MF 遠藤 康
  • 26 DF 小池 裕太
  • 27 DF ブエノ
  • 28 DF 町田 浩樹
  • 29 GK 川俣 慎一郎
  • 30 MF 名古 新太郎
  • 31 GK 沖 悠哉
  • 33 DF 関川 郁万
  • 34 MF 有馬 幸太郎
  • 35 DF 佐々木 翔悟
  • 36 FW 上田 綺世
  • 37 MF 小泉 慶
  • 38 GK 山田 大樹 ※2種登録選手
  • 39 DF 犬飼 智也
  • 41 MF 白崎 凌兵
  • 47 FW 相馬 勇紀
  • 出場停止選手

チームスタッツ

C大阪C大阪 鹿島 鹿島
1.2(12) ゴール 1.8(1)
9.7(17) ドリブル 10.7(13)
14.9(8) クロス 14.0(13)
468.3(10) パス 438.4(12)
2.3(9) インターセプト 2.3(9)
27.4(2) クリア 21.4(13)
18.5(12) タックル 20.8(4)
10.0(10) シュート 10.7(7)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 7 MF 水沼 宏太 11.64km
  • 2位 5 MF 藤田 直之 11.44km
  • 3位 25 MF 奥埜 博亮 11.04km
  • 4位 20 FW ブルーノ メンデス 10.94km
  • 5位 11 MF ソウザ 10.54km
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
  • 1位 37 MF 小泉 慶 11.63km
  • 2位 41 MF 白崎 凌兵 11.14km
  • 3位 18 MF セルジーニョ 10.75km
  • 4位 8 MF 土居 聖真 10.31km
  • 5位 26 DF 小池 裕太 9.58km

PICK UP

MF 5 藤田直之

MF 5 藤田直之 MF 5 藤田直之

「さらに上を目指していくことが大事」

――今節の鹿島アントラーズ戦に向けて意気込みを聞かせてください。
「ここで鹿島を叩けば、さらに上位に食い込んでいける。それは選手みんなが分かっています。難しい試合になるとは思いますが、僕たちは5連勝できているし、調子はいい。優勝争いに食らいつき、AFCチャンピオンズリーグ出場圏内に入っていくためにも、勝利が必要。ここで勝てるかどうかで、周囲からの期待度も変わる。今、僕たちは積み重ねてきたことが形になってきているので、それをしっかりと出せれば十分に勝機はあると思っています」
――前回対戦は0-2で敗れています。
「前半は狙いどおりのサッカーができました。ただ、点が取れず、後半にPKとミスから2失点してしまった。それが鹿島の強さだとは思うけど、僕たちの甘さが出た試合とも言えます。僕たち次第で勝つチャンスはありました。今節も、あの試合のようにいい入り方をして、なおかつ、決めるべきところで決めて、体を張るところで体を張って、無駄なファウルはしないという、今までやってきたことをしっかりできれば勝てると思います」
――前節はソウザ選手とのコンビでした。試合を振り返ると?
「ルヴァンカップで一度組んだくらいで、リーグ戦では初めてでした。ただ、僕がヴィッセル神戸にいた当時から彼の強みは知っていましたし、半年以上、一緒に練習しているので特長は分かっていました。スケールの大きな選手ですし、僕がバランスを取ればいいと思っていました。大きくバランスを崩すことなく、スムーズにできたと思います。FKなどのキック精度やサイドチェンジの質、ミドルシュート、ボール奪取力は、やはり強烈です」
――最後に、サポーターの皆さんへメッセージをお願いします。
「ダービーではすごくいい雰囲気を作ってくれて、感謝しています。あのような雰囲気の中で試合ができるのは、選手として幸せなことです。勝った後、一緒に喜びを分かち合えたことも最高でした。ただ、選手もサポーターもここで満足することなく、さらに上を目指していくことが大事。ダービーと同じ気持ちで選手たちは試合に臨みますので、サポーターの皆さんも同じ気持ちで、ともに戦ってください」

取材・文=小田尚史

ピッチ内外で垣間見えるキャプテンシー

 常に戦況を冷静に読み、ピッチでチームをオーガナイズしている藤田直之。攻守において、彼の舵取りが大きな役割を果たしているが、前節の大阪ダービーでは闘志むき出しで相手にぶつかっていく場面もあった。内に秘める気持ちの強さが伝わってくるシーンだった。さらには試合前、そして試合後と、サポーターが作り出す雰囲気に対して感謝を述べていた背番号5。加入1年目ながら、ピッチ内外で持ち前のキャプテンシーを存分に発揮している。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

11:30 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
12:30 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
12:00 セレッソバル オープン
13:00 スタジアム開門
14:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
14:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
15:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

ピンチで拡大できます

<1>「大宮ブランカフェ」フルーツクレープ 500円
トッピングにこだわり、いちごの美味しい時期に生のいちごを使用しています。果物によく合う吟味したホイップクリームとバニラビーンス入りのカスタードクリームの両方を加え、バランスの良い味に仕上げました。


<2>「トリヤマ社中」和牛キーマカレー 800円
水を使わず、素材の持つ水分で作るこだわりのカレーです。


<3>「初亀」ローディットポテト 500~800円
「ローディッド(loaded)」は、英語で「積み込んだ・積載した」という意味です。山盛りのポテトフライに明太子、マヨソース、ケチャップ、当店オリジナルBBQソースをかけてお召し上がりいただきます。また、人気のなが~いドイツソーセージもおすすめです。


<4>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと、中はトロリと美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<5>「まこと屋」牛じゃんラーメン 500円
1本5kgもある牛骨を特殊な大型圧力寸胴を使って炊き出した濃厚牛骨白湯スープが自慢です。創業以来、研究を重ねうまさを極めた味です。そこに合わせる麺は、小麦の風味にこだわった細ストレート麺に仕上げております。三段熟成されたコシのある細麺はスープがよく絡み、濃厚でクリーミーな牛スープと相性抜群です。お店の味をそのまま再現いたしました。ぜひ、ご賞味ください。


<6>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店ではこめ油を使用しています。食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけこんで、うまみを閉じ込めたやみつきになるうまさです。


<7>「PIZZA ROTOLO(ピッツァ・ロトロ)」マルゲリータ 700円
ナポリピッツァの定番マルゲリータ。イタリアから輸入した石窯で焼き上げます。飽きのこない人気で毎回でもサポーター様に食べていただけると思います。


<8>「SAKURA BAR(エースケータリング)」キャラメルポップコーン 500円
オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に! お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<9>「SAKURA KITCHEN」アイスドッグ 500円
コッペパンとバニラのコラボレーション! セレッソカラーのいちごソースやチョコソース、カラースプレーなどトッピングはお客様のお好みで♪


<10>「雀のお宿」とろ~り焼き 700円
「たこ焼き+お好み焼+焼きそば」=「当店発祥のとろ~り焼き」。かつおダシを丁寧にとり、生地にたっぷり練り込み、生麺を絶妙に茹で上げた麺を使用することでモチモチの食感と独自生地の食感、そしてオリジナルソースで召し上がっていただく、新しいスタイルの粉ものです。サクラエビもトッピングできます。


<11>「MMP」勝利の焼きそば 600円
“セレッソバルの焼きそば”「勝利の焼きそば」は、熱いサポーターとともに2019シーズンも頑張りたいと決意しています。麺にこだわった最高級の焼きそばをご提供します。


<12>「KOTORI DELI」手羽トロ唐揚げ 500円
手羽トロ唐揚げは当社の登録商標商品です。手羽元から骨だけ抜いた肉を手羽トロと名付け唐揚げにしました(1羽から2個しかとれない部位です)。見た目はモモ唐揚げにそっくりですが、プリプリとした食感とジューシーな肉汁が特徴です。味はしょうゆ、塩、カレー、梅の4種類をご用意。


<13>「串かつしんや」串かつセット 500円~
大阪名物串かつ。生パン粉で揚げることによりサクサクッとした食感はあっさりとしていて、女性にも人気のソウルフード。


<14>「ホルモン倶楽部」ホルモン丼 500円
ごく少ししかとれない部位で、長居に来ないと食べられないレアなホルモンです。セレサポにお腹いっぱいになっていただきたいので、低価格で提供しています。


<15>「肉の達人」やわらかサイコロ牛 800円
一つひとつ手切り調理をしています。焼き加減にはすごく気を入れ、お肉が一番柔らかく、おいしくなる状態を維持することを心掛けています。そのため、焼き直しなどもあるかと思います。


<16>「オムライス喜久屋」オムライス サクラ明太子ソース 700円
バター香るケチャップライスにふわとろ玉子をのせて、濃厚クリームに明太子を混ぜ合わせたソースをかけて提供します。


<17>「満腹食堂」蒸し鶏と季節野菜のフォー 800円
あっさりとしたヌードル、「フォー」を香味野菜とともに鶏ガラスープで煮込んだチキンスープに入れました。トッピングには季節の野菜と蒸し鶏で、満足感はありつつ、もたれないおいしい麺に仕上げています。


<18>「和牛工房ゆかり」勝利のさくら丼 1000円
肉卸直営店だから提供できる特選国産ハラミと国産豚ベーコンをはみ出るくらいにのせ、セレッソカラーであるピンクソース(ケチャップとマヨネーズを混ぜたソース)をかけています。個数限定販売です!!


<19>「洋食dining KIYO」こだわり洋食屋さんのオムそば 500円
洋食ならではのこだわった中濃ソースをブレンドし、焼きそばと絡ませた麺をふわふわ卵で巻き込んだオムそば。上からかけるソースはセレッソのホームカラー、ピンク色を明太子ソースでご用意させていただきました。これをオムそばと絡めて召し上がっていただくと絶品。


<20>「焼き鳥 渡鳥」さくら唐揚げ 600円
セレッソカラーであるピンク色の桜えびを衣にまぶすことで、風味も香ばしくなり、見た目も華やかになります。


<A>「エースキッチン」※C2、E3ゲート付近
セレッソサポーターに人気のエースキッチンがバラエティに富んだグルメと飲み物をご用意します。


<B>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・和風とりから 500円
・ホットドッグ 500円
・チキンスティック 400円
・ハートランドビール、キリン一番搾りスタウト(黒生ビール)、ハーフ&ハーフ いずれも550円


<C>「サーティワンアイスクリーム」※G2ゲート付近
フレーバーはオレンジソルベ、チョコレートミント、チップドチョコレート、キャラメルリボン、バニラ、ベリーベリーストロベリー、ポッピングシャワーの人気7種。各400円。


<D>「フットボールダイニング by TSURUSHIN」※G3ゲート付近
イチオシはローディットポテト。「ローディット」とは「山盛り」のこと。見た目の迫力からアメリカで話題のメニューです! イチボステーキ載せと、サーモンアボカド載せの2種類(各900円)です。また、暑い時期にすっきり爽やかなスムージーが新登場。ピーチとラムネの2種類(各400円)です。


<E>「しげちゃんのからあげ」※H2ゲート付近
・からあげ 500円
・生ビール 550円


<F>「鶴心」※I2ゲート付近
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、まろやかなシーザーソースにピンクペッパーがアクセントの「シーザーソースのピンクペッパー添え」(500円)です。


<G>「セレバー by TSURUSHIN」※I2ゲート横
ピンクの強炭酸ストロングセレチューハイ(500円)、好評のセレチョコサンデー(500円)を販売!

SAKURA SEAT専用ラウンジ

〇ラウンジ限定日本酒(各500円)

◎来福酒造 来福 純米吟醸 愛山 720ml
◎森島酒造 大観 純米吟醸 雄町 720ml

SAKURA DIARY

2年前からの成長を証明する勝利を

 鹿島アントラーズと対戦するたびに胸に渦巻くのは、「勝者のメンタリティーとは何か」という漠然とした問いかけだ。さかのぼること2年前。2017年のJ1第24節で迎えた鹿島との一戦は、当時首位の鹿島に対し、セレッソは2位。勝点差は「4」。2位につけるセレッソとしては、勝てばその差は「1」に縮まり、負ければ「7」に広がる、いわゆる“シックスポイントゲーム“だった。果たして、試合はセレッソが鹿島の倍以上のシュートを放ち、CKの数は9対1と圧倒。セレッソに決めるべきチャンスが何度も訪れたのに対し、鹿島の決定機は得点場面の一度だけ。それでも、0-1で敗れたのはセレッソだった。首位の背中が霞む、やり切れない一戦となった。
 あの試合から2年が経ち、その間、セレッソもルヴァンカップと天皇杯の二冠を獲得し、17年、18年と2年連続でリーグ戦一桁順位を達成。新監督を迎えた今シーズンも右肩上がりで結果を出し、現在は今シーズン最高の4位へ浮上した。着実に“勝者”への道を歩んでいることは間違いない。2年前と同じ、“シックスポイントゲーム”として迎える今節の鹿島戦。負けて学ぶことは、たくさんしてきた。今節こそ勝って、その差を縮めたことを証明したい。(文=小田尚史)

maishima topics

 今週は、試合に向けて5日間ある練習のうち、3日間が非公開。勝点6差で追う、2位・鹿島アントラーズとの一戦を前に、より集中力を高め、試合に挑むべく準備を重ねている。公開練習となったオフ明け初日、10月1日の練習では選手たちの生き生きとした表情が印象的だった。練習後、囲み取材に応じたソウザの表情も明るかった。今シーズンは控えに回ることの多い苦しいシーズンだが、ここから7試合、溜めてきた力を思う存分に発揮してほしい。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • 北海道コンサドーレ札幌
  • 0 1
  • セレッソ大阪
  • 01
    00
  • 柿谷 曜一朗 (6')

2019.10.18 (金) 19:03
札幌ドーム
観衆 12443人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • ギラヴァンツ北九州
  • 0 2
  • セレッソ大阪U-23
  • 00
    02
  • 丸岡 満 (61'), 藤尾 翔太 (62')

2019.10.6 (日) 14:03
ミクニワールドスタジアム北九州
観衆 5862人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

FAN SITE

クイズに答えて、本日の選手集合写真待ち受けをゲットしよう!


Jクラブ初の公式ファンサイト!
ついにオープン!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

STANDINGS

2019明治安田生命J1リーグ
順位表 (第27節終了時点)

順位 チーム名 勝点
2 鹿島 52 15 7 5
3 横浜FM 49 15 4 8
4 C大阪 46 14 4 9
5 川崎F 44 11 11 5
6 広島 44 12 8 7
7 札幌 40 11 7 9
順位 チーム名 勝点
1 FC東京 53 16 5 6
2 鹿島 52 15 7 5
3 横浜FM 49 15 4 8
4 C大阪 46 14 4 9
5 川崎F 44 11 11 5
6 広島 44 12 8 7
7 札幌 40 11 7 9
8 大分 39 10 9 8
9 神戸 35 10 5 12
10 清水 35 10 5 12
11 名古屋 32 8 8 11
12 仙台 32 9 5 13
13 浦和 32 8 8 11
14 G大阪 31 7 10 10
15 湘南 31 9 4 14
16 鳥栖 28 8 4 15
17 松本 25 5 10 12
18 磐田 21 5 6 16

TOP SCORERS

2019明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第27節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 ディエゴ オリヴェイラ FC東京 13
1 マルコス ジュニオール 横浜FM 13
3 ダビド ビジャ 神戸 12
4 セルジーニョ 鹿島 11
4 興梠 慎三 浦和 11
4 エジガル ジュニオ 横浜FM 11
4 ドウグラス 清水 11
8 小林 悠 川崎F 10
8 仲川 輝人 横浜FM 10
8 オナイウ 阿道 大分 10

※上位10名を表示