TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

FW 18 鈴木 孝司 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 柏レイソル 柏レイソル

2020.9.2 (水) 19:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2020JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝

試合詳細

いつもどおりの堅守からリーグ戦の再現を期す

 8月の公式戦8試合を6勝1分1敗と好成績で終えたセレッソ。9月もリーグ戦、カップ戦と連戦が続くが、ここ一番で走り抜いて上位にとどまりたい。
 日曜日はリーグ戦で横浜FCと対戦。片山瑛一が今シーズンリーグ戦初スタメンを飾った一戦は、14分、高木俊幸のヒールパスを受けた清武弘嗣がドリブルで相手をかわすと、ゴール右隅に流し込んで先制点を奪う。幸先のいいスタートを切ったセレッソは、その後試合を支配し、58分に奥埜博亮のパスを受けたブルーノ メンデスがネットを揺らし、追加点を獲得。86分に失点を喫するも、落ち着いて試合を締めくくり、2-1で勝利。リーグ戦2連勝を果たした。
 今日の試合は、3年ぶり2度目の戴冠を狙うYBCルヴァンカップの準々決勝、柏レイソル戦だ。柏とはJリーグ第10節で対戦しており、メンデスやプロ初ゴールを決めた西川潤の活躍で3-1と快勝した。守備陣は、現在リーグ得点王のオルンガの怖さも身をもって体感している。直近のリーグ戦でも2得点を挙げるなど依然、絶好調を維持するケニア人FWを封じられるかどうかは勝敗を左右する大きなポイント。一瞬も気を抜けないタイトな守備が求められるが、いつもどおりの堅守を見せてリーグ戦の再現を狙いたい。
 この試合からセレッソはホーム3連戦を戦う。タイトル獲得に向けて非常に重要な3連戦を最高の形で終えるためには、サポーターの後押しも必要不可欠。新型コロナウイルスの影響で観客数、応援方法など制限はあるものの、あと一歩、選手が踏み出すためセレッソ・ファミリーの力を結集させて戦い抜きたい。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 柏レイソル

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 18 鈴木 孝司 TODAY’S KEY PLAYER
FW 18 鈴木 孝司

大ケガから復活を遂げた不屈のストライカー

 アキレス腱断裂の大ケガから復活を遂げ、昨シーズン途中にFC琉球から完全移籍で加入した不屈のストライカー。セレッソ2年目となる今シーズンは、J1リーグ第7節サガン鳥栖戦で途中出場し、初出場を果たすと、柔らかいタッチで坂元達裕の同点ゴールをアシスト。劣勢を打開する原動力となり、勝点1獲得に貢献した。その後はプレータイムを伸ばし、YBCルヴァンカップでは、第2節の浦和レッズ戦で先発。安定したポストワークで攻撃をけん引した。
「FWは人数が多いので、1日1日の練習から勝負。試合に出て満足するのではなく、FWとして、チームを勝たせるゴールを1点でも多く取りたい」と今シーズンに懸ける思いを口にする背番号18。一発勝負となるプライムステージ。チームをベスト4進出に導くゴールを目指す。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 永石 拓海
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 木本 恭生
  • 4 DF 小池 裕太
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 MF レアンドロ デサバト
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 都倉 賢
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 11 MF ルーカス ミネイロ
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 坂元 達裕
  • 18 FW 鈴木 孝司
  • 20 FW ブルーノ メンデス
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 24 FW ウェリング ピアス
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK アン ジュンス
  • 29 MF 島村 拓弥
  • 30 MF 喜田 陽
  • 31 FW 山内 寛史
  • 32 FW 豊川 雄太
  • 33 FW タワン
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 41 MF 松本 凪生
  • 42 FW 藤尾 翔太
  • 43 DF 西尾 隆矢
  • 44 MF 吉馴 空矢
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 DF 田平 起也
  • 47 MF 前川 大河
  • 49 MF 西川 潤
  • 出場停止選手
柏レイソル
柏レイソル

柏レイソル 選手リスト

  • 1 GK 桐畑 和繁
  • 2 DF 鎌田 次郎
  • 3 DF 高橋 祐治
  • 4 DF 古賀 太陽
  • 5 MF 小林 祐介
  • 6 DF 高橋 峻希
  • 7 MF 大谷 秀和
  • 8 MF ヒシャルジソン
  • 9 FW クリスティアーノ
  • 10 MF 江坂 任
  • 11 FW 山崎 亮平
  • 13 DF 北爪 健吾
  • 14 FW オルンガ
  • 15 DF 染谷 悠太
  • 16 GK 滝本 晴彦
  • 17 GK キム スンギュ
  • 18 FW 瀬川 祐輔
  • 19 FW 呉屋 大翔
  • 20 DF 三丸 拡
  • 22 MF マテウス サヴィオ
  • 23 GK 中村 航輔
  • 24 DF 川口 尚紀
  • 25 DF 大南 拓磨
  • 27 MF 三原 雅俊
  • 28 MF 戸嶋 祥郎
  • 33 MF 仲間 隼斗
  • 35 FW 細谷 真大
  • 36 MF 山田 雄士
  • 37 FW 鵜木 郁哉
  • 39 FW 神谷 優太
  • 41 GK 佐々木 雅士 ※2種登録選手
  • 50 DF 山下 達也
  • 出場停止選手

PICK UP

MF 49 西川 潤

MF 49 西川 潤 MF 49 西川 潤

「チャンスを逃さずに、結果を出したい」

――YBCルヴァンカップでは、グループステージ第2節浦和レッズ戦で、豊川雄太選手の決勝点をアシストしました。グループステージの1位突破にも大きく貢献するゴールとなりましたが、あのプレーを振り返ってください。
「後半から出たんですけど、入り方も良く、自分のボールのフィーリングも良かった。得点シーンは、キヨくん(清武弘嗣)が持った時、普段ならワイドに張っていたんですけど、自分的にも自信があったので、あの時は中で受けてドリブルで運んで、うまく引きつけて、トヨくん(豊川雄太)にパスを出した感じです。トヨくんは練習でもあのコースはよく決めているので、決めてくれて良かったです」
――ルヴァンカップは昨シーズンも出場されていますが、もちろん意識は違いますか?
「違いますね。昨シーズンは出ていましたけど、特別指定選手で出場時間も短かったので。今シーズンは出場時間も伸びて、さらに結果を出したい気持ちは強く持っています」
――その後、J1リーグ第10節の柏レイソル戦ではリーグ初ゴールも決めました。結果という意味で、8月は一歩前進ですね。
「そうですね。あの試合も途中出場でしたけど、自分がやるべき役割を把握して入れたと思いますし、結果を出すことが本来の目標でもあるので、これからも続けていきたいです」
――不測の事態による中断期間やケガもあり、プロとしての初ゴールが8月になってしまったことは、想定していたイメージとは違いましたか?
「本来の目標というか、イメージとは違いました。中断期間もあり、いざ再開という時にケガもしてしまい、焦りもありました。その間チームが勝ち続けていたので、巡ってきたチャンスを逃さないように、という気持ちはずっと持っていました」
――今シーズンは高卒ルーキーも続々とデビューし、結果も出していますが、周りの選手のことは気になりますか?
「知っている選手がほとんどなので、そういった意味でも、負けたくない気持ちはあります」
――では最後に、この試合に向けての意気込みをお願いします。
「予選ではないので、負けたら終わり。そこはしっかりと全員で把握しながら、自分自身、チャンスを逃さないように、結果を出していきたいです。タイトルも狙っていきたいです」
取材・文=小田尚史

日本を代表する選手に育ってほしい

 同世代の選手はU-23でプレーしており、日常の練習で接する選手は年上ばかりになるが、その中で普段からよく喋る選手は「トシくん(高木俊幸)」だという。「話もしますし、遊んでくれますね(笑)」と兄貴分として慕っているようだ。
 記者が練習場で取材できていた頃は、坂元達裕と一緒に帰る姿も何度か見られた。「練習中は結構バチバチな感じですけど(笑)、普段は普通ですし、(2人とも関東出身ということもあり)話が合うんですよ」とのこと。ピッチ内ではライバル関係も、ピッチを離れたら、気の置けない仲間。切磋琢磨した先に、2人ともに日本を代表する選手に育ってほしい。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

16:00 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
16:30 セレッソバル オープン
17:00 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
17:30 スタジアム開門
18:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
19:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

ピンチで拡大できます

<1>「エースケータリング」ロビーのピーチかき氷 500円
この夏初登場の果肉入りかき氷(500円)。暑い夏、熱い声援にヒンヤリ冷たいかき氷を食べて観戦しよう!


<2>「ととりべファーム」フレッシュいちご・葡萄・桃  500~800円
自社で生産したフレッシュいちごを冷凍し、パウチにしました。お好みのジュースを入れて潰しながら飲んでください。徐々にいちごが解けていくので、最後は潰して食べてください。


<3>「トリヤマ社中」キーマカレー 700円
水を使わず、素材の持つ水分で作るこだわりのカレーです。


<4>「やまびこ」フレーバーポテト各種 400円
揚げたてのフライドポテトに数種類のフレーバーを用意しております。「選んで楽しい、食べて美味しい」。セレッソ大阪の応援にぜひ!


<5>「鉄板舌笑」ハラミ串 600円
現地で生肉から1本1本焼き上げる絶品のハラミ串。焼き鳥(300円~)もお買い得。


<6>「PIZZA ROTOLO(ピッツァ ロトロ)」マルゲリータ 700円
ナポリピッツァの定番のマルゲリータ。イタリアから輸入した石窯で焼き上げます。飽きのこない人気で毎回でもサポーター様に食べていただけると思います。


<7>「ベルヴィル」パンケーキバーガープレーン 300円
自慢のパンケーキはひとつひとつメレンゲを立ててから、生地と合わせ焼成しますので、ふわふわ食感。北海道産自家製生クリームとパンケーキの相性は抜群♪


<A>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・とりから 500円
・ホットドッグ 550円
・モッツァレラチーズスティック 500円
・ベルギーポテト 350円
・牛すじ焼きそば 650円
・チキンスティック 400円 


<B>「フットボールダイニング by TSURUSHIN」※G3ゲート付近
・日本ハムセット 800円
・冷たいスープが絶品の初亀の冷やしちゃんこ 500円


<C>「鶴心」※I2ゲート付近
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、ガーリックの香ばしさがたまらない「アヒージョ風ソース」(500円)です。


<D>「セレバー by TSURUSHIN」※I2ゲート横
・ドイツソーセージ 500円
・大阪名物ミックスジュース 400円


※売店メニューは完売または予告なく変更の場合があります。

SAKURA DIARY

最高のシナリオ実現を願いながら……

 ある程度、固定されたメンバーで戦うリーグ戦とは異なり、誰が出場するか分からず、様々な選手のプレーや活躍が見られるのがYBCルヴァンカップの醍醐味だ。もっとも、今年は新型コロナウイルスの影響で大会方式が大幅に変更。試合数が減ったことで、選手たちのプレー機会が奪われたことは残念だが、それでも、カップ戦特有の新鮮な風は今シーズンも吹いた。
 第2節の浦和レッズ戦では西川潤のアシストから豊川雄太の決勝点で歓喜に沸き、第3節のベガルタ仙台戦では、ケガから復帰した高木俊幸がハツラツとしたプレーで復活を印象づけるゴールを決めた。小池裕太や庄司朋乃也、前川大河といった若手のプレーも見られるなど、新たな活力をチームにもたらした。
 ここからは一発勝負のトーナメント戦。タイトル獲得へ向け、よりシビアに結果が問われる試合において、ロティーナ監督がどうメンバーを編成するか。試合前からアレコレと想像を働かせることは、この試合に向けた楽しみ方の一つだろう。中2日のリーグ戦に挟まれたカップ戦。二兎を追う中で考え抜かれた選手起用。そして、起用に応える選手たちの活躍。その結果、チームはベスト4へ進出する。そんな最高のシナリオが実現することを願い、試合当日、ヤンマースタジアム長居へ向かう。(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • セレッソ大阪
  • 3 0
  • 浦和レッズ
  • 都倉 賢 (48'), オウンゴール (74'), 藤尾 翔太 (90+3')
  • 00
    30

2020.9.5 (土) 19:33
ヤンマースタジアム長居
観衆 4793人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • ヴァンラーレ八戸
  • 2 0
  • セレッソ大阪U-23
  • 秋吉 泰佑 (9'), 上形 洋介 (52')
  • 10
    10

2020.9.2 (水) 14:03
プライフーズスタジアム
観衆 388人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。