TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

DF 3 木本 恭生 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ

2020.9.19 (土) 18:00 キックオフ
ヤンマースタジアム長居
2020明治安田生命J1リーグ 第17節

試合詳細

好調・鹿島を迎え撃つ重要な一戦

 J1リーグは折り返しとなる17試合を消化し、12勝3分2敗の勝点39を積み上げたセレッソ。首位・川崎フロンターレとの勝点差は5と徐々に縮まってきた。この勢いのまま勝星を重ねて、首位を猛追したい。
 水曜日はアウェイでヴィッセル神戸と対戦した。今後のリーグ戦を見据え、清武弘嗣と坂元達裕を先発から外して臨んだ一戦は、序盤から相手にボール保持を許す展開に。セレッソはカウンターから活路を見いだしゴールに迫るが、33分に相手GKと接触した都倉賢が退場処分を受けてしまう。10人になったことで相手の攻勢がより強まり、自陣で守る時間が多くなるが、62分にレアンドロ デサバトのピンポイントクロスに柿谷曜一朗が頭で合わせ値千金の先制点を奪う。その後も堅い守備ブロックを敷いて守り抜き、2005年以来となるリーグ戦6連勝を達成。数的不利を跳ね返し、敵地で大きな勝点3を手にした。
 今節はリーグ戦5連勝とこちらも波に乗る鹿島アントラーズと対戦する。リーグ戦10得点のエヴェラウドを筆頭に、直近4試合で4ゴールの土居聖真など破壊力のある攻撃陣を擁している鹿島。その上、前節から中6日と休養十分なだけに、運動量を生かして主導権を奪いにくるはずだ。中2日のセレッソとしてはコンディション面で不安を残す厳しい戦いとなるが、やるべきことは何も変わらない。前節、60分近くを10人で戦うというタフな試合となったが、最後まで集中力を切らすことなく無失点に抑えた。加えて、劣勢でも試合をモノにする勝負強さも備えつつある。チャンスを確実にモノにし、堅守で守り切る――。好調・鹿島相手に必勝パターンを炸裂させ、自信をさらに深めるとともに連勝記録を7に伸ばせるか。今後を占う重要な一戦となる。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 鹿島アントラーズ

セレッソ大阪
セレッソ大阪
DF 3 木本 恭生 TODAY’S KEY PLAYER
DF 3 木本 恭生

ユーティリティー性でチームに貢献する桜のキーマン

 8月はケガで2週間ほど戦列から離れたが、復帰戦となった第12節のベガルタ仙台戦以降は試合出場を続けている。本職はセンターバックだが、第14節の浦和レッズ戦からは、4試合連続でボランチとして先発を果たし、レアンドロ デサバトや藤田直之が不在の試合でチームを助けている。
 直近のヴィッセル神戸戦では、前半に退場者を出したことで、ロティーナ監督は3バック(5バック)への変更を決断。ボランチから3バックの一角へポジションを落とし、堅守の一翼を担った。守備の強さに加えて高さがあり、つなぎでも貢献できるユーティリティー性は、チームにとって貴重な存在。リーグ戦7連勝を懸けて臨む今節も、どのような起用法でも必ずやチームの勝利に貢献するプレーを見せてくれるはずだ。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK 永石 拓海
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 木本 恭生
  • 4 DF 小池 裕太
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 MF レアンドロ デサバト
  • 8 FW 柿谷 曜一朗
  • 9 FW 都倉 賢
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 片山 瑛一
  • 17 MF 坂元 達裕
  • 18 FW 鈴木 孝司
  • 20 FW ブルーノ メンデス
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 DF マテイ ヨニッチ
  • 24 FW ウェリング ピアス
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 MF 秋山 大地
  • 27 GK アン ジュンス
  • 29 MF 島村 拓弥
  • 30 MF 喜田 陽
  • 31 FW 山内 寛史
  • 32 FW 豊川 雄太
  • 33 FW タワン
  • 38 MF 西本 雅崇
  • 39 DF 庄司 朋乃也
  • 41 MF 松本 凪生
  • 42 FW 藤尾 翔太
  • 43 DF 西尾 隆矢
  • 44 MF 吉馴 空矢
  • 45 GK 茂木 秀
  • 46 DF 田平 起也
  • 47 MF 前川 大河
  • 49 MF 西川 潤
  • 出場停止選手
  • 都倉 賢
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ 選手リスト

  • 1 GK クォン スンテ
  • 3 DF 奈良 竜樹
  • 4 MF レオ シルバ
  • 5 DF 杉岡 大暉
  • 6 MF 永木 亮太
  • 7 MF ファン アラーノ
  • 8 MF 土居 聖真
  • 9 FW エヴェラウド
  • 11 MF 和泉 竜司
  • 14 DF 永戸 勝也
  • 15 FW 伊藤 翔
  • 16 DF 山本 脩斗
  • 19 FW 染野 唯月
  • 20 MF 三竿 健斗
  • 21 GK 曽ヶ端 準
  • 22 DF 広瀬 陸斗
  • 24 DF 伊東 幸敏
  • 25 MF 遠藤 康
  • 26 MF 荒木 遼太郎
  • 27 MF 松村 優太
  • 28 DF 町田 浩樹
  • 30 MF 名古 新太郎
  • 31 GK 沖 悠哉
  • 33 DF 関川 郁万
  • 36 FW 上田 綺世
  • 37 MF 小泉 慶
  • 38 GK 山田 大樹
  • 39 DF 犬飼 智也
  • 41 MF 白崎 凌兵
  • 42 DF 常本 佳吾 ※JFA・Jリーグ特別指定選手
  • 出場停止選手

チームスタッツ

C大阪C大阪 鹿島 鹿島
1.5(8) ゴール 1.6(5)
9.4(15) ドリブル 10.0(10)
11.4(17) クロス 17.2(3)
454.0(13) パス 498.7(10)
1.9(12) インターセプト 2.1(9)
25.9(1) クリア 16.9(15)
14.1(18) タックル 22.1(1)
9.1(14) シュート 14.1(2)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 25 MF 奥埜 博亮 12.93km
  • 2位 6 MF レアンドロ デサバト 11.79km
  • 3位 3 DF 木本 恭生 11.15km
  • 4位 2 DF 松田 陸 10.77km
  • 5位 14 DF 丸橋 祐介 10.58km
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
  • 1位 20 MF 三竿 健斗 11.25km
  • 2位 5 DF 杉岡 大暉 11.13km
  • 3位 37 MF 小泉 慶 10.74km
  • 4位 39 DF 犬飼 智也 9.98km
  • 5位 4 MF レオ シルバ 9.65km

PICK UP

MF 44 吉馴 空矢

MF 44 吉馴 空矢 MF 44 吉馴 空矢

「トップチームは常に目標に置いている」

――プロ1年目の今シーズン、ここまでを振り返るといかがですか?
「正直、チーム(U-23)としても、個人としても、厳しい戦いが続いています。その中でも、何かつかもうともがいている最中です。練習から意識を高く持ってやれていると思います」
――個人としての取り組みについては?
「自分の武器である攻撃で何とかしようと、毎試合思っています。自分からどんどん仕掛けていきたいので。(課題の)守備でも、少しは整理して、対応できるようにはなってきました」
――「トップチームの松田陸選手がお手本」という話もされていましたが、トップチームの試合を見て感じることは?
「チーム一丸となって戦っているし、守備も堅いと思います。(同じチームとして)うれしい反面、悔しい気持ちもあります。やっぱり、トップチームの試合に出たい思いはあるので。ただ、そこまでのレベルに達していないから出られていないわけで、そこは力をつけていくしかありません。トップチームは、常に目標に置いています」
――やはり、試合は右サイドバックを中心に見ますか?
「そうですね。(松田の)動きやポジショニングは、常に見ています」
――そんな中、同期の藤尾翔太選手がトップチームでのデビュー戦で得点も決めました。その姿を見て、いろいろな思いもわいたのでは?
「刺激になったというか、翔太が決めた次の日、U-23も試合(アウェイでのブラウブリッツ秋田戦)があったんですけど、その試合では、『俺が点を取る』という気持ちでプレーしていました。チームとしても、一人ひとりがさらにトップチームを意識するきっかけになったと思います。翔太はFWで、得点という数字で示しやすいですが、ディフェンスなら無失点も目指しつつ、サイドバックでも、どんどん結果を残していきたいです」

取材・文=小田尚史

映像があれば大丈夫

 新型コロナウイルスにより、外出しにくい状況になっているが、「寮で映画を観たり、ゲームをしたり。インドア派なので、部屋にいることは苦ではないですね(笑)」とのこと。観る映画のジャンルを尋ねると、「特によく観るジャンルはないけど、恋愛映画も観ますよ」。最近、観た映画でオススメは、山崎賢人主演の「劇場」。「感動しましたね」と、屈託なく笑う。もちろん、サッカーも「見ますね。海外の試合が多いですけど、(川崎)フロンターレの試合も見ます」。オフは「映像があれば大丈夫」という吉馴選手だった。(文=小田尚史)

スタジアムMAP

ピンチで拡大できます

タイムスケジュール

15:00 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
15:30 セレッソバル オープン
16:00 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
16:30 スタジアム開門
17:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
17:20 フィールドプレイヤー ウォーミングアップ
18:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

ピンチで拡大できます

<1>「エースケータリング」ロビーのピーチかき氷 500円
この夏初登場の果肉入りかき氷(500円)。暑い夏、熱い声援にヒンヤリ冷たいかき氷を食べて観戦しよう!


<2>「ととりべファーム」ひんやりいちごパウチ 500円
自社で生産したフレッシュいちごを冷凍し、パウチにしました。お好みのジュースを入れて潰しながら飲んでください。徐々にいちごが解けていくので、最後は潰して食べてください。


<3>「SAKURA KITCHEN」セレッソドッグ 500円
ニッポンハムのシャウエッセンをパンに挟んだ「セレッソドッグ」トッピングはお好みにあわせて召し上がれ♪ 「セレッソドッグ」何本でも食べれる飽きない美味さ!ソーセージは食感にこだわった一品。今年のスタジアムグルメはこれで決まり!


<4>「やまびこ」フレーバーポテト各種 400円
揚げたてのフライドポテトに数種類のフレーバーを用意しております。「選んで楽しい、食べて美味しい」。セレッソ大阪の応援にぜひ!


<5>「雀のお宿」とろ~り焼き 700円
「たこ焼き+お好み焼+焼きそば」=「当店発祥のとろ~り焼き」。かつおダシを丁寧にとり、生地にたっぷり練り込み、生麺を絶妙に茹で上げた麺を使用することでモチモチの食感と独自生地の食感、そしてオリジナルソースで召し上がっていただく、新しいスタイルの粉ものです。サクラエビもトッピングできます。


<6>「ホルモン倶楽部」ホルモン焼 400円
ごく僅かしかとれない部位で、長居に来ないと食べられないレアなホルモンです。セレサポにお腹いっぱいになっていただくため、低価格で出しています。


<7>「串かつしんや」串かつ盛り合わせ 500円
大阪名物串かつ。生パン粉で揚げることによりサクサクッとした食感はあっさりとしていて、女性にも人気のソウルフード。


<8>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店ではこめ油を使用しています。食べ応えのある大ぶりの鶏肉のモモ肉を、木下オカンの秘伝の塩ダレにじっくりつけこんで旨みを閉じ込めたやみつきになる旨さです。


<9>「Plaisir」ルーローまぜそば 400円/600円
日本でも人気の台湾ソウルフード、ルーロー飯に着想を得た、当店オリジナルのまぜそばです。現地の味をリスペクトしながら日本人の味覚にも合うように試行錯誤を重ねて生まれた自信作です。


<10>「ベルヴィル」パンケーキバーガープレーン 300円
自慢のパンケーキはひとつひとつメレンゲを立ててから、生地と合わせ焼成しますので、ふわふわ食感。北海道産自家製生クリームとパンケーキの相性は抜群♪


<A>「SABROSO(サブロッソ)」※G2ゲート付近
・ソーセージコンボ(5種盛り) 500円
・とりから 500円
・ホットドッグ 550円
・モッツァレラチーズスティック 500円
・ベルギーポテト 350円
・牛すじ焼きそば 650円
・チキンスティック 400円 


<B>「フットボールダイニング by TSURUSHIN」※G3ゲート付近
・日本ハムセット 800円
・冷たいスープが絶品の初亀の冷やしちゃんこ 500円


<C>「鶴心」※I2ゲート付近
長居名物・鶴心秘伝のからあげ。今回の限定メニューは、コチュジャンの辛さと甘さがが絶妙で圧倒的なおいしさ、今年1番かも(店主談)の「ヤンニョムソース」です!


<D>「セレバー by TSURUSHIN」※I2ゲート横
・ドイツソーセージ 500円
・大阪名物ミックスジュース 400円


※売店メニューは完売または予告なく変更の場合があります。

SAKURA DIARY

今の勢いなら勝てる!

 朝晩がめっきり涼しくなり、秋の気配を感じる今日この頃だが、Jリーグの戦いはここからが本番、熱くなっていく……かどうかはセレッソ次第という状況に。川崎フロンターレが独走し、それに食らいつくセレッソ。直近のヴィッセル神戸戦はしびれた。勝って首位との差を縮めたい試合で、前半に一人退場……。これはマズイ。最低でも勝点1か……なんていう考えはチームにはなく、勝利だけを目指し、実際、10人で神戸に決定機を与えず、後半唯一の決定機を仕留め、勝点3を奪取! 会心の勝利を収めた。
 何かが起こる時は、こういう試合があるのでは? そして、試合後の柿谷曜一朗選手の言葉にもしびれた。「僕たちがついていかないと、川崎も面白くないと思うし、Jリーグとしても面白くないと思うので。追いつけるように、チーム一丸となってやっていきたいと思います」
 川崎Fがどう思っているか分からないが、Jリーグとしては、1チームの独走は間違なく面白くない! というわけで、Jリーグを面白くするのも、しないのも、今後のセレッソ次第という重大な役目を任されたわけだが、両者の直接対決は、10月3日の第20節。そこまで、あと3試合。その初戦が今節の鹿島アントラーズ戦。いつも、“ここぞ”で立ちはだかってくるのが鹿島。連勝を5で止められた昨シーズンの対戦も記憶に新しい。今年は6連勝で迎えることに。勝てば、05年以来のクラブタイ記録の7連勝。今の勢いなら勝てる! 昨シーズンのリベンジを果たし、川崎に食らいついていきましょう!(文=小田尚史)

LATEST MATCH

  • FC東京
  • 2 0
  • セレッソ大阪
  • ディエゴ オリヴェイラ (63'), アダイウトン (66')
  • 00
    20

2020.9.23 (水) 19:03
味の素スタジアム
観衆 4316人

試合詳細

U-23 LATEST MATCH

  • アスルクラロ沼津
  • 5 0
  • セレッソ大阪U-23
  • 前澤 甲気 (9'), 秋山 裕紀 (16'), 渡邉 りょう (43'), オウンゴール (64'), 鈴木 厚太 (82')
  • 30
    20

2020.9.22 (火) 15:03
愛鷹広域公園多目的競技場
観衆 613人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

STANDINGS

2020明治安田生命J1リーグ
順位表 (第25節終了時点)

順位 チーム名 勝点
1 川崎F 44 14 2 1
2 C大阪 39 12 3 2
3 FC東京 32 9 5 4
4 名古屋 27 8 3 4
5 鹿島 27 8 3 6
6 浦和 27 8 3 5
順位 チーム名 勝点
1 川崎F 44 14 2 1
2 C大阪 39 12 3 2
3 FC東京 32 9 5 4
4 名古屋 27 8 3 4
5 鹿島 27 8 3 6
6 浦和 27 8 3 5
7 26 8 2 6
8 横浜FM 24 7 3 8
9 G大阪 23 7 2 6
10 広島 21 6 3 6
11 神戸 20 4 8 6
12 大分 19 5 4 8
13 札幌 17 4 5 8
14 横浜FC 17 5 2 9
15 鳥栖 14 3 5 5
16 仙台 11 2 5 8
17 湘南 9 2 3 10
18 清水 9 2 3 12

TOP SCORERS

2020明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第25節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 オルンガ 16
2 エヴェラウド 鹿島 10
3 レオナルド 浦和 9
3 小林 悠 川崎F 9
3 マルコス ジュニオール 横浜FM 9
6 レアンドロ FC東京 8
6 レアンドロ ダミアン 川崎F 8
6 三笘 薫 川崎F 8
9 ディエゴ オリヴェイラ FC東京 7
9 レアンドロ ペレイラ 広島 7

※上位10名を表示