TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

FW 9 アダム タガート 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 横浜FC 横浜FC

2021.8.21 (土) 19:00 キックオフ
ヨドコウ桜スタジアム
2021明治安田生命J1リーグ 第25節

試合詳細

桜の誇りと意地が問われる一戦

 今節の横浜FC戦と来週ミッドウイークの湘南ベルマーレ戦とホーム連戦に挑むセレッソ。その後にはJ1リーグとルヴァンカップ準々決勝での“大阪ダービー3連戦”が待ち受けるだけに、今節はリーグ11戦未勝利という負のサイクルを断ち切り、復調のきっかけをつかみたい。
 3日前の18日には天皇杯4回戦でサガン鳥栖と激突した。リーグ4位につける難敵をヨドコウ桜スタジアムに迎えた一戦には3バックで臨み、両サイドハーフとして喜田陽、小池裕太が先発出場。序盤は鳥栖にボールを保持されるものの、セレッソは5バック気味に守り耐えしのぐ。34分には清武弘嗣のスルーパスに抜け出した加藤陸次樹が鮮やかにネットを揺らし先制に成功する。後半は攻める鳥栖、守るセレッソという構図で試合が進行。負けたら終わりのトーナメント、鳥栖は選手交代をしながら攻撃の圧力を強めるが、守護神キム ジンヒョンを中心に堅守を維持し、そのまま1-0でタイムアップ。坂元達裕、丸橋祐介らを温存した中でしっかりと勝ち切り、頂点に立った2017年以来となる準々決勝進出を果たした。
 決勝ゴールを決めた加藤は試合後、今節の横浜FC戦について「絶対に勝たなければいけない試合」と位置づけた。その思いは選手、スタッフ、サポーターの総意だが、負けられないのは横浜FCも一緒。最下位に沈む“背水の陣”だけに、残留へ向けて死に物狂いで向かってくるだろう。今夏には新守護神のブローダーゼン、新エース候補のフェリペ ヴィゼウら外国籍選手を一気に5人も獲得。その効果が表れ、ここ4試合は2勝2分と調子を上げている。セレッソとしては3バックを継続するのか、4バックに戻すのかが一つの注目ポイントになるが、いずれにしても攻撃的にアグレッシブに戦い、先取点を奪いたい。その点においては、天皇杯を休養しフレッシュな状態で臨める坂元達裕には期待がかかる。個で組織を破壊するドリブルから主導権をつかめれば勝利は近づくはずだ。
 今節、勝利できなければリーグにおける連続未勝利数がワーストタイ記録になってしまう。桜の誇りと意地が問われる一戦。ホームでの後押しを力に変えて、必ずや歓喜を手にしたい。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 横浜FC

セレッソ大阪
セレッソ大阪
FW 9 アダム タガート TODAY’S KEY PLAYER
FW 9 アダム タガート

ゴールラッシュの期待がかかる点取り屋

 前節のアビスパ福岡戦で、待望の瞬間が訪れた。前半アディショナルタイム、藤田直之のクロスにうまく入り、ヘディングでゴール。加入後、リーグ戦における初ゴールを決めた。過去にはAリーグでもKリーグでも得点王に輝いた実績を持つ豪州代表のストライカー。期待は大きかったが、コロナ禍による入国の遅れ、さらには自身の負傷も重なり、ここまで思うような活躍を見せることができずにいた。それでも、福岡戦の前日には、「ようやくプレーだけに集中できている。チームメートとの関係性も良くなってきた。近いうちにゴールは取れそうな気がする」と、前向きな言葉を残していた。そうした中で奪った“有言実行”の一撃。「1点さえ決めれば、そこからはスムーズにゴールを重ねていけると思う」とも話すだけに、今節での2戦連発、さらには今後の量産にも期待したい。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK ダン バン ラム
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 進藤 亮佑
  • 4 MF 原川 力
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 DF チアゴ
  • 9 FW アダム タガート
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 新井 直人
  • 17 MF 坂元 達裕
  • 18 MF 西川 潤
  • 19 MF 為田 大貴
  • 20 FW 大久保 嘉人
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 FW 松田 力
  • 24 DF 鳥海 晃司
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 DF 小池 裕太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 FW 加藤 陸次樹
  • 30 MF 喜田 陽
  • 32 FW 豊川 雄太
  • 33 DF 西尾 隆矢
  • 34 FW 山田 寛人
  • 37 MF 新井 晴樹
  • 50 GK 松井 謙弥
  • 出場停止選手
横浜FC
横浜FC

横浜FC 選手リスト

  • 1 GK 大内 一生
  • 2 DF マギーニョ
  • 3 DF 袴田 裕太郎
  • 4 DF 高橋 秀人
  • 5 DF ガブリエウ
  • 6 MF 瀬古 樹
  • 7 MF 松浦 拓弥
  • 8 MF 齋藤 功佑
  • 9 FW クレーベ
  • 10 MF 中村 俊輔
  • 11 FW 三浦 知良
  • 13 MF 小川 慶治朗
  • 14 FW ジャーメイン 良
  • 15 MF 安永 玲央
  • 17 DF 武田 英二郎
  • 19 DF 伊野波 雅彦
  • 21 GK 市川 暉記
  • 22 DF 岩武 克弥
  • 23 DF 前嶋 洋太
  • 24 DF 高木 友也
  • 25 MF 田部井 涼
  • 26 DF 韓 浩康
  • 27 DF 中塩 大貴
  • 28 GK 猿田 遥己
  • 30 MF 手塚 康平
  • 31 FW サウロ ミネイロ
  • 33 MF 近藤 友喜
  • 37 MF 松尾 佑介
  • 38 MF アルトゥール シルバ
  • 39 FW 渡邉 千真
  • 44 GK 六反 勇治
  • 45 DF 杉田 隼
  • 46 MF 山崎 太新 ※2種登録選手
  • 47 DF 増田 健昇
  • 49 GK スベンド ブローダーセン
  • 50 FW フェリペ ヴィゼウ
  • 出場停止選手

チームスタッツ

C大阪C大阪 横浜FC 横浜FC
1.3(8) ゴール 0.7(19)
9.3(14) ドリブル 8.1(19)
16.5(2) クロス 13.5(10)
457.7(13) パス 429.1(14)
1.2(20) インターセプト 1.3(18)
18.7(13) クリア 21.9(7)
16.6(19) タックル 18.6(7)
10.7(6) シュート 7.1(18)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
横浜FC横浜FC

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 25 MF 奥埜 博亮 11.79km
  • 2位 5 MF 藤田 直之 10.43km
  • 3位 17 MF 坂元 達裕 10.20km
  • 4位 10 MF 清武 弘嗣 10.06km
  • 5位 14 DF 丸橋 祐介 10.04km
横浜FC横浜FC
  • 1位 6 MF 瀬古 樹 11.88km
  • 2位 37 MF 松尾 佑介 11.45km
  • 3位 24 DF 高木 友也 10.96km
  • 4位 19 DF 伊野波 雅彦 10.68km
  • 5位 26 DF 韓 浩康 10.40km

TODAY'S MATCH TRIVIA

トリビア① リーグ戦での未勝利、ワースト記録に近づく
前節のアビスパ福岡戦での敗戦により、チームは現在、リーグ戦では11戦未勝利となった。クラブワーストは2006年に喫した12戦未勝利だが、仮に今節、引き分け以下に終わると、この記録に並んでしまう。それだけは何としても避けたい。今節は今シーズンの命運をも占う大一番だ。

トリビア② 今シーズン、ホームでの勝率は高い
上記のように、リーグ戦では勝てない試合が続いているが、今シーズン、ホームだけに限ると、リーグ戦は5勝5分2敗。12試合で『20』とハイペースで勝点を重ねている。天皇杯の3勝も加えると、ホームでの公式戦は8勝5分2敗。ヨドコウ桜スタジアムでは負けなしという追い風も背に、今節、リーグ戦でのヨドコウ桜スタジアム初勝利を手にしたい。

トリビア③ “元同僚対決”を制することがカギ
この夏、大型補強を敢行した横浜FC。その中で、フェリペ ヴィゼウとサウロ ミネイロ、2人のブラジル籍FWは、元セアラーSC。センターバックのチアゴにとっては、かつてのチームメートになる。今節、対峙する可能性が高く、彼らの激突は勝敗を分けるポイントの一つになる。互いの特徴を知るだけに、その駆け引きから目が離せない。

(文=小田尚史)

SAKURA DIARY

勝利を機に、リーグ戦でも反転攻勢をかけていきたい

 直近のリーグ戦、アビスパ福岡とのJ1第24節では、90+6分での失点により1-2で敗戦。90分以降に失点して勝点を失うのは、第2節FC東京戦、第18節徳島ヴォルティス戦、第14節ヴィッセル神戸戦に続き4度目。“試合の締め方”は、開幕以降、常に課題として問われ続けてきたが、福岡戦から中2日で行われた天皇杯4回戦サガン鳥栖戦では、1-0で迎えた試合終盤、選手たちは声を掛け続け、相手の攻撃を跳ね返した。この“成功体験”を今後のシーズンにも生かしていきたい。
 天皇杯では準々決勝進出が決定したが、すでにラウンド16に進んでいるACL、ガンバ大阪との準々決勝が待つルヴァンカップを含め、カップ戦はいずれもタイトルの可能性を残しており、これからのシーズンもまだまだ楽しみな試合は続いていく。もっとも、リーグ戦に目を向けると、11試合未勝利と結果が出ていない。この間、カップ戦での勝利も挟まれているため、実感は薄いのだが、クラブワーストタイまであと1試合に迫っている。今後のカップ戦を心から楽しむためにも、リーグ戦での順位も上げていかなければ。今節の勝利を機に、リーグ戦でも反転攻勢をかけていきたい。基盤は、リーグ戦にある。(文=小田尚史)

タイムスケジュール

16:00 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
16:30 セレッソバル オープン
17:00 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
17:30 スタジアム開門
18:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
18:20 フィールドプレーヤー ウォーミングアップ
19:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

<1>「PIZZA ROTOLO」マルゲリータ 700円
ナポリの薪窯で焼く本格ピッツァ。ナポリシェアNo.1の小麦粉、カプートを使った自家製生地。人気のマルゲリータに季節の食材を組み合せたオリジナルピッツァもオススメです!


<2>「とんかつ喫茶ブタとエスプレッソ」超ブタカレー 1000円
当店の看板メニューの一つ、超ブタカレー。暑い時期ですので、スパイスを調整(消化を助ける「カルダモン」などを増量)し、台湾のパイナップルや夏のフルーツもたくさん入れますので、お楽しみに! 名物トンテキやかき氷もご用意。我々の提供させていただくフードを食べ、選手たちにパワーを送ってください!


<3>「やまびこ」ミルク焼き(ベビーカステラ)500円~
誰もが知っているベビーカステラ。だからこそ誤魔化しが効かない。研究・試行錯誤を重ねて完成させた納得のいく味。出来立てはフワフワ、冷めてもしっとりして美味しい。ミルクの風味たっぷりのベビーカステラをどうぞ!


<4>「鶴心」秘伝のからあげ 500円
「Jリーグスタジアムグルメ大賞ベストイレブン」に輝き、サポーター・選手にも人気の鶴心のからあげは、秘伝のタレにじっくり漬け込み、カリッとジューシーに揚がったセレッソ大阪のスタジアムグルメ名物です! 全11種類のソースからトッピングをお選びいただけます。


<5>「ととりべファーム」ひんやりイチゴパウチ 500円
ととりべファームは生産・加工・販売まで自社で一貫して行っております。自社農園で収獲した、いちご・ぶどう・桃などを使ったフルーツサンドやパフェ・カップスイーツなどを販売しています。食パンやクリームも一流の素材を使ったこだわりの逸品です。暑い時期には、「ひんやりイチゴパウチ」と「ひんやり削りイチゴパウチ」がオススメ♪


<6>「エースダイニング」フレーバーポテト各種 400円
みんな大好きポテトフライに、コンソメ・醤油バター・BBQ・のり塩の4種類のフレーバーをトッピング! 何味がお好みか食べ比べてください。女性やお子様に人気のチュリトスもどうぞ。


<7>「Plaisir」ルーローまぜそば レギュラー/レディース 600円/450円
「お好みバーガー」や「ルーローまぜそば」など、当店でしか味わえない絶品創作メニューを豊富にご用意しております。今季から登場の「九条ネギの焼肉丼」は早くもリピーター続出の一押しメニューです! ぜひお試しください♪


<8>「My Cookcar」マジカレー(プレーン) 700円
日本一のカレーを決める大会、「神田カレーグランプリ」を創業7カ月で優勝! 東京・神田神保町は400店舗以上のカレー店が密集し、「カレーの聖地」と言われております。 2018年第8回大会にて優勝したこだわりの味を、キッチンカーにてご提供させていただきます!


<9>「自由多幸寿-LIBLE-」タコス3種セット 1000円
タコスはメキシコを代表する国民食で、世界中様々なスタイルで楽しまれています♪ 100%トウモロコシの生地(トルティーヤ)に様々な具材を乗せ、お好みのサルサを掛け手で包み頬張るのが一般的なスタイル。LIBREのタコスは具材であるお肉にこだわり、日本の方の味覚に合うよう日々研究しております! タコスの具の種類は3種類~ご用意しておりますので、ぜひ現地でお選びいただきご賞味くださいませ!


<10>「WISTERIA FOODS」赤身ステーキ 900円
適度な霜降り具合のジューシーなビーフステーキ。高たんぱくでビタミンB1・カルニチンといった成分も多く含まれており赤身肉がお好きな方には「たまらない」逸品です。自家製シャリアピンソースで仕上げたステーキ、ジューシーステーキ丼をぜひともご賞味ください。


<11>「まると」Tsukuneライス(つくねライス) 800円
“炭火焼き鳥 鳥べぇ”を営み、創業25年! 「ちょっとこだわり」をお店のコンセプトにしています。“鳥べぇ”自慢のつくねを、是非とも!! ご賞味ください。


<12>「初亀」初亀ちゃんこ 500円
立浪部屋直伝の本格ちゃんこ鍋。ヤンマースタジアムの人気商品がセレッソバルに初登場です。


<13>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円~
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと中はとろ~り、美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<14>「cotof KITCHEN」選手プロデュースメニュー第3弾 清武弘嗣のやわらか鶏天丼ひつまぶし風 1000円
cotofKITCHENでは、皆さんが「元気」になれるメニューを提供してまいります。美味しいものを食べてテンションを上げて、ともにセレッソ大阪を盛り上げていきましょう!


<15>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店のからあげは、秘伝のみそにニンニクを加え、塩ダレにじっくり漬け込んだからあげです。酸化しにくい米油で揚げておりますので、冷めても美味しくお召し上がりいただけます。


<A>「桜kitchen」
・各種アイス 200円~
・揚げたこ焼き 500円


<B>「ふじバル」
・赤身ステーキプレート 900円
・赤身ステーキ丼 1000円


<C>「ガァウタイ」
・ガパオライス 800円
・タイ式焼きそば・パッタイ 600円


<D>「エースダイニング」
・スタジアムカレー 800円
・肉盛り焼きそば 600円


<E>「STADIUM BAR」
・チュリトス 500円
・サンデー 500円


<F>「SABROSO」
・純水かき氷 400円
・スタジアムドッグ 550円


<G>「初亀」
・ちゃんこ鍋 500円
・焼き鳥 250円


<H>「FOOD&DRINK STAND」
・フランクフルト 300円
・フライドポテト 400円


※売店メニューは完売または予告なく変更となる場合があります。

LATEST MATCH

  • セレッソ大阪
  • 1 5
  • 湘南ベルマーレ
  • 清武 弘嗣 (84')
  • 03
    12
  • 古林 将太 (4'), タリク (27'), 茨田 陽生 (42'), 大橋 祐紀 (52'), 大岩 一貴 (67')

2021.8.25 (水) 19:03
ヨドコウ桜スタジアム
観衆 4508人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

STANDINGS

2021明治安田生命J1リーグ
順位表 (第24節終了時点)

順位 チーム名 勝点
11 広島 31 7 10 6
12 G大阪 29 8 5 11
13 C大阪 27 6 9 8
14 24 7 3 14
15 清水 24 5 9 10
16 徳島 23 6 5 13
順位 チーム名 勝点
1 川崎F 62 19 5 0
2 横浜FM 56 17 5 2
3 鹿島 41 12 5 7
4 鳥栖 41 11 8 5
5 神戸 41 11 8 4
6 名古屋 40 12 4 8
7 浦和 38 11 5 8
8 札幌 35 10 5 8
9 FC東京 35 10 5 9
10 福岡 33 9 6 9
11 広島 31 7 10 6
12 G大阪 29 8 5 11
13 C大阪 27 6 9 8
14 24 7 3 14
15 清水 24 5 9 10
16 徳島 23 6 5 13
17 湘南 21 4 9 11
18 仙台 19 3 10 11
19 大分 16 4 4 16
20 横浜FC 15 3 6 15

TOP SCORERS

2021明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第24節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 古橋 亨梧 神戸 15
2 レアンドロ ダミアン 川崎F 13
2 前田 大然 横浜FM 13
4 アンデルソン ロペス 札幌 12
4 オナイウ 阿道 横浜FM 12
6 ディエゴ オリヴェイラ FC東京 9
6 小林 悠 川崎F 9
6 山下 敬大 鳥栖 9
9 荒木 遼太郎 鹿島 8
9 三笘 薫 川崎F 8

※上位10名を表示