TOPICS & MATCHDAY
PROGRAM

MF 23 乾 貴士 画像ダウンロード

MATCH PREVIEW

vs 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ

2021.9.26 (日) 15:00 キックオフ
ヨドコウ桜スタジアム
2021明治安田生命J1リーグ 第30節

試合詳細

ハードワークで相手を凌駕し、連戦のラストを白星で飾る!

 小菊昭雄監督体制となって1カ月が経過。「チームの一体感は増している(進藤亮佑)」という言葉どおり、結束は強まりつつある。ここからさらに上昇し、終盤戦へと向かっていきたい。
 4日前の22日には前倒し開催となった第32節サンフレッチェ広島戦を戦った。ケガから復帰を果たした進藤が右サイドバックに入った一戦は、序盤からセレッソが主導権をつかむ。組織的なプレッシングと、サイド攻撃が機能し、アダム タガートや坂元達裕らが広島ゴールに襲いかかる。20分には乾貴士のフリックから小池裕太が抜け出してクロス。タガートのフィニッシュは惜しくもゴール左に逸れた。攻勢をかけながらも先手は奪えず、スコアレスのまま後半に突入したが、55分、ついに均衡を破る。原川力のミドルパスを進藤が胸でパス。これを坂元が収めたが、少しもたつく間に進藤が意表を突いてシュート。自らの復帰戦でゴールを挙げ、歓喜を爆発させた。直後には広島が3枚代えに出て攻撃の圧力を強めていく。セレッソはプレッシングの強度を保ちながら耐え続け、1-0のままタイムアップ。リーグ3戦ぶりとなる白星をつかみ取った。
 会心の勝利の余韻が残る中で迎える、今節の鹿島アントラーズ戦。ここ5試合を3勝2敗とやや安定感を欠いている鹿島だが、難敵であることに疑いはない。ともに9ゴールを挙げている荒木遼太郎と上田綺世をはじめ若手に勢いがあり、ファン アラーノ、ディエゴ ピトゥカら、ブラジル人選手の活躍も光る。連動したプレス、コンビネーションから繰り出す多彩なアタック、攻守両面において組織力が際立っている上に勝負強さも併せ持つ。セレッソとしてはまず広島戦で見せた前からのプレスを機能させられるかどうかが大きなポイントになる。高い位置で奪う回数を増やせれば自ずとチャンスは増えていく。ただ、プレスがうまくハマらなければ劣勢に立つことになり、セットプレーやカウンターから活路を見いだす展開になるだろう。いずれにしても、90分間ハードワークしながら集中力を切らさず戦い抜きたい。
 5月以来となる15時キックオフのゲームは気温が高いと消耗戦になるが、気持ちの面では絶対に鹿島を凌駕したい。怒涛の13連戦のラスト、有終の美を飾るためにも選手、スタッフ、ファン・サポーターが一体となって戦い、必ず勝利を奪い取る。


TODAY’S MATCH

セレッソ大阪
vs 鹿島アントラーズ

セレッソ大阪
セレッソ大阪
MF 23 乾 貴士 TODAY’S KEY PLAYER
MF 23 乾 貴士

10年ぶりに帰還した桜のテクニシャン

 この夏、約10年ぶりにセレッソへ帰還した“永遠のサッカー小僧”。ルヴァンカップ準々決勝第2戦で国内復帰戦となるピッチに立つと、続くJ1第19節北海道コンサドーレ札幌戦では後半から出場し、大久保嘉人のゴールをアシスト。早速、結果を残した。直近では、公式戦4試合連続で先発を果たすなど、すでにチームになくてはならない存在となっている。その技術力の高さは健在。細かいタッチでのドリブルに加え、針の穴を通すようなスルーパス、味方をうまく使うフリックなど、攻撃に新たな彩りを加えている。リーグ戦では3試合ぶりに勝点3をつかんだ前節の良い流れを受けて迎える今節の鹿島アントラーズ戦。新体制でのホーム初勝利を目指す一戦だが、そのためには彼の活躍は必要不可欠。復帰後初ゴールも含め、背番号23の躍動に期待したい。(文=小田尚史)

セレッソ大阪 選手リスト

  • 1 GK ダン バン ラム
  • 2 DF 松田 陸
  • 3 DF 進藤 亮佑
  • 4 MF 原川 力
  • 5 MF 藤田 直之
  • 6 DF チアゴ
  • 9 FW アダム タガート
  • 10 MF 清武 弘嗣
  • 13 FW 高木 俊幸
  • 14 DF 丸橋 祐介
  • 15 DF 瀬古 歩夢
  • 16 DF 新井 直人
  • 17 MF 坂元 達裕
  • 18 MF 西川 潤
  • 19 MF 為田 大貴
  • 20 FW 大久保 嘉人
  • 21 GK キム ジンヒョン
  • 22 FW 松田 力
  • 23 MF 乾 貴士
  • 24 DF 鳥海 晃司
  • 25 MF 奥埜 博亮
  • 26 DF 小池 裕太
  • 28 FW 中島 元彦
  • 29 FW 加藤 陸次樹
  • 30 MF 喜田 陽
  • 32 FW 豊川 雄太
  • 33 DF 西尾 隆矢
  • 34 FW 山田 寛人
  • 37 MF 新井 晴樹
  • 50 GK 松井 謙弥
  • 出場停止選手
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ 選手リスト

  • 1 GK クォン スンテ
  • 2 DF 安西 幸輝
  • 4 MF レオ シルバ
  • 6 MF 永木 亮太
  • 7 MF ファン アラーノ
  • 8 MF 土居 聖真
  • 9 FW エヴェラウド
  • 11 MF 和泉 竜司
  • 13 MF 荒木 遼太郎
  • 14 DF 永戸 勝也
  • 15 DF ブエノ
  • 17 MF アルトゥール カイキ
  • 18 FW 上田 綺世
  • 19 FW 染野 唯月
  • 20 MF 三竿 健斗
  • 21 MF ディエゴ ピトゥカ
  • 22 DF 広瀬 陸斗
  • 23 DF 林 尚輝
  • 24 MF 小川 優介
  • 25 MF 遠藤 康
  • 26 MF 須藤 直輝
  • 27 MF 松村 優太
  • 28 DF 町田 浩樹
  • 29 GK 早川 友基
  • 31 GK 沖 悠哉
  • 32 DF 常本 佳吾
  • 33 DF 関川 郁万
  • 34 MF 舩橋 佑
  • 38 GK 山田 大樹
  • 39 DF 犬飼 智也
  • 出場停止選手

チームスタッツ

C大阪C大阪 鹿島 鹿島
1.3(7) ゴール 1.7(3)
9.6(11) ドリブル 9.2(14)
15.9(3) クロス 14.9(5)
462.1(12) パス 454.9(13)
1.3(20) インターセプト 1.5(16)
18.5(15) クリア 18.2(17)
16.2(19) タックル 18.2(9)
10.8(5) シュート 12.8(3)

※試合平均値。 () 内はリーグ順位

RADAR CHART

セレッソ大阪セレッソ大阪
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

走行距離ランキング

セレッソ大阪セレッソ大阪
  • 1位 25 MF 奥埜 博亮 12.16km
  • 2位 4 MF 原川 力 11.15km
  • 3位 3 DF 進藤 亮佑 10.63km
  • 4位 17 MF 坂元 達裕 10.41km
  • 5位 33 DF 西尾 隆矢 9.91km
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
  • 1位 20 MF 三竿 健斗 11.40km
  • 2位 13 MF 荒木 遼太郎 11.28km
  • 3位 21 MF ディエゴ ピトゥカ 11.07km
  • 4位 22 DF 広瀬 陸斗 9.88km
  • 5位 7 MF ファン アラーノ 9.45km

TODAY'S MATCH TRIVIA

トリビア① J1リーグでの“対鹿島”は8戦未勝利中
鹿島とのJ1での通算成績は14勝5分24敗(39得点57失点)と大きく負け越している。特に近年、相性の悪さは顕著であり、最後に勝った2017年の第6節以降、J1リーグでは8戦未勝利中(1分7敗)。ホームで最後に勝ったのは2010年の第10節まで遡る必要がある。ここ数年では、13年や17年、20年と、セレッソが上位につけていたシーズンでことごとく行く手を阻まれてきた“天敵”だが、今節こそ“対鹿島”の未勝利記録をストップさせたい。

トリビア② 鹿島のセットプレーには要注意
両チームの特長の一つに挙げられるのが、セットプレーからの得点率が高いこと。特に鹿島は50点中21得点がセットプレーから。全体の42%という割合だ。セレッソとしては、カウンターに気をつけるとともに、極力、相手のセットプレーの機会も減らしたい。ちなみに、セレッソも39点中15得点がセットプレーから。原川、藤田、丸橋と優れたキッカーを擁するだけに今節もチャンスがあれば狙っていきたい。

トリビア③ “五輪代表対決”に注目
直近の互いの先発を見ると、鹿島は東京五輪代表の上田とパリ五輪世代の荒木が2トップを組み、セレッソは東京五輪代表の瀬古とパリ五輪世代の西尾がセンターバックでコンビを組んでいる。瀬古と上田は昨シーズンからの主力だが、西尾と荒木もレギュラーをつかみつつあり、今シーズンの活躍はJ全体を見渡してもセンセーショナルと言える。互いに連戦のため、先発が変わる可能性もあるが、この4人の対決が実現すれば注目だ。セレッソとしては、しっかり彼ら2人を抑えたい。また、鹿島の守備の要は東京五輪代表の町田であり、セレッソにはパリ五輪世代の西川がいる。西川には、今後も含めて荒木に負けない活躍に期待したい。

(文=小田尚史)

SAKURA DIARY

様々な出来事があった13連戦。ラストを勝利で締めくくりたい

 43日間で公式戦13試合が組まれた大型連戦も、いよいよ今節がラスト。身体的な厳しさはありつつも、チームは団結力を高め、厳しい連戦を戦い抜いてきた。終了間際に失点を喫して敗れたJ1第24節アビスパ福岡戦から始まった13連戦だが、この間、実に様々な出来事があった。カップ戦では、ACLこそラウンド16で敗退するも、天皇杯とルヴァンカップは勝ち上がっており、17年以来となる2冠の可能性も残している。リーグ戦では4勝をつかみ、J2降格圏から大きく離れ、一桁順位も狙える位置まで浮上した。スタッフにも大きな変動があった。完敗した第26節湘南ベルマーレ戦の翌日にレヴィー クルピ前監督が退任し、コーチから昇格する形で小菊昭雄新監督が就任。“新生セレッソ”がスタートした。
 選手もここまでの12連戦の中で、GK松井謙弥、ダン バン ラム、ケガから復帰した新井直人を除く全選手がプレー。チームの底上げが図られ、チームの一体感は日に日に増している。連戦中に季節はすっかり夏から秋へと移り変わろうとしているが、桜の熱い戦いはまだまだ続く。タイトルを目指す“実りの秋”へつなげていくためにも、6勝6敗で迎えた13連戦ラスト、9月最後となる今節を勝利で飾り、勝ち越して連戦を締めくくりたい。(文=小田尚史)

タイムスケジュール

12:00 総合チケットセンター/インフォメーション オープン
12:30 セレッソバル オープン
13:00 特別先行入場(SAKURA SOCIOプライム会員)→先行入場(SAKURA SOCIO会員)
13:30 スタジアム開門
14:15 ゴールキーパー ウォーミングアップ
14:20 フィールドプレーヤー ウォーミングアップ
15:00 キックオフ

スタジアムグルメ情報

<1>「cotof KITCHEN」選手プロデュースメニュー第3弾 清武弘嗣のやわらか鶏天丼ひつまぶし風 1000円
cotofKITCHENでは、皆さんが「元気」になれるメニューを提供してまいります。美味しいものを食べてテンションを上げて、ともにセレッソ大阪を盛り上げていきましょう!


<2>「やまびこ」ミルク焼き(ベビーカステラ)500円~
誰もが知っているベビーカステラ。だからこそ誤魔化しが効かない。研究・試行錯誤を重ねて完成させた納得のいく味。出来立てはフワフワ、冷めてもしっとりして美味しい。ミルクの風味たっぷりのベビーカステラをどうぞ!


<3>「鶴心」秘伝のからあげ 500円
「Jリーグスタジアムグルメ大賞ベストイレブン」に輝き、サポーター・選手にも人気の鶴心のからあげは、秘伝のタレにじっくり漬け込み、カリッとジューシーに揚がったセレッソ大阪のスタジアムグルメ名物です! 全11種類のソースからトッピングをお選びいただけます


<4>「My Cookcar」マジカレー(プレーン) 700円
日本一のカレーを決める大会、「神田カレーグランプリ」を創業7カ月で優勝! 東京・神田神保町は400店舗以上のカレー店が密集し、「カレーの聖地」と言われております。 2018年第8回大会にて優勝したこだわりの味を、キッチンカーにてご提供させていただきます!


<5>「WISTERIA FOODS」赤身ステーキ 900円
適度な霜降り具合のジューシーなビーフステーキ。高たんぱくでビタミンB1・カルニチンといった成分も多く含まれており赤身肉がお好きな方には「たまらない」逸品です。自家製シャリアピンソースで仕上げたステーキ、ジューシーステーキ丼をぜひともご賞味ください。


<6>「SAKURA BAR」キャラメルポップコーン 500円
オリジナルバケットを購入いただくと、キャラメルポップコーンの「おかわり」が可能に! お土産に最適なプレミアムポップコーンも販売しております。


<7>「エースケータリング」フレーバーポテト各種 400円
みんな大好きポテトフライに、コンソメ・醤油バター・BBQ・のり塩の4種類のフレーバーをトッピング! 何味がお好みか食べ比べてください。女性やお子様に人気のチュリトスもどうぞ。


<8>「ヤンマー×エースケータリング」カレーソース(日替わり) 500円~
シンプルな材料と3種のスパイスだけを使用していますので、食べた時はスパイシーですが、後味はスッキリ!! がっつり食べてももたれにくく、がっつり応援もできます。爽やかな辛さがいろいろなメニューをグッと引き立て、温かい時はもちろん、冷めてもずっと美味しさが続きます!!


<9>「Plaisir」ルーローまぜそば レギュラー/レディース 600円/450円
「お好みバーガー」や「ルーローまぜそば」など、当店でしか味わえない絶品創作メニューを豊富にご用意しております。今季から登場の「九条ネギの焼肉丼」は早くもリピーター続出の一押しメニューです! ぜひお試しください♪


<10>「PIZZA ROTOLO」マルゲリータ 700円
ナポリの薪窯で焼く本格ピッツァ。ナポリシェアNo.1の小麦粉、カプートを使った自家製生地。人気のマルゲリータに季節の食材を組み合せたオリジナルピッツァもオススメです!


<11>「とんかつ喫茶ブタとエスプレッソと」超ブタカレー 1000円
当店の看板メニューの一つ、超ブタカレー。風車豚三元豚の豚バラ肉250g以上の肉塊が、スプーンだけで食べられる不思議な食感をお楽しみください! 当店名物のトンテキもご用意。我々の提供させていただくフードを食べ、選手たちにパワーを送ってください!


<12>「ととりべファーム」ひんやりイチゴパウチ 500円
ととりべファームは生産・加工・販売まで自社で一貫して行っております。自社農園で収獲した、いちご・ぶどう・桃などを使ったフルーツサンドやパフェ・カップスイーツなどを販売しています。食パンやクリームも一流の素材を使ったこだわりの逸品です。暑い時期には、「ひんやりイチゴパウチ」と「ひんやり削りイチゴパウチ」がオススメ♪


<13>「空とぶからあげ」空とぶからあげ 500円
当店のからあげは、秘伝のみそにニンニクを加え、塩ダレにじっくり漬け込んだからあげです。酸化しにくい米油で揚げておりますので、冷めても美味しくお召し上がりいただけます。


<14>「初亀」初亀ちゃんこ 500円
立浪部屋直伝の本格ちゃんこ鍋。ヤンマースタジアムの人気商品がセレッソバルに初登場です。


<15>「たこ焼道楽わなか」たこ焼き 500円~
わなかオリジナルブレンドのミックス粉を特注の銅板で外はカリッと中はとろ~り、美味しさを閉じ込めたたこ焼をお召し上がりください。


<A>「桜kitchen」
・各種アイス 200円~
・揚げたこ焼き 500円


<B>「ザ・グリルふじ」
・赤身ステーキプレート 900円
・赤身ステーキ丼 1000円


<C>「ガァウタイ」
・ガパオライス 800円
・タイ式焼きそば・パッタイ 600円


<D>「エースダイニング」
・スタジアムカレー 800円
・肉盛り焼きそば 600円


<E>「STADIUM BAR」
・チュリトス 500円
・サンデー 500円


<F>「SABROSO」
・純水かき氷 400円
・スタジアムドッグ 550円


<G>「初亀」
・ちゃんこ鍋 500円
・焼き鳥 250円


<H>「FOOD&DRINK STAND」
・フランクフルト 300円
・フライドポテト 400円


※売店メニューは完売または予告なく変更となる場合があります。

LATEST MATCH

  • 大分トリニータ
  • 1 0
  • セレッソ大阪
  • 町田 也真人 (34')
  • 10
    00

2021.10.3 (日) 16:03
昭和電工ドーム大分
観衆 6989人

試合詳細

SOCIAL MEDIA

SNSでは様々な情報を発信中!ぜひフォローしてください!

みんなで楽しいスタジアムをつくろう。J1、J2、全クラブ共通の観戦マナーです。

STANDINGS

2021明治安田生命J1リーグ
順位表 (第32節終了時点)

順位 チーム名 勝点
9 福岡 43 12 7 10
10 広島 39 9 12 9
11 C大阪 39 10 9 11
12 札幌 39 11 6 12
13 33 10 3 16
14 G大阪 30 8 6 15
順位 チーム名 勝点
1 川崎F 72 22 6 1
2 横浜FM 65 20 5 4
3 名古屋 54 16 6 8
4 神戸 51 14 9 5
5 鳥栖 51 14 9 6
6 浦和 51 15 6 8
7 鹿島 50 15 5 10
8 FC東京 46 13 7 10
9 福岡 43 12 7 10
10 広島 39 9 12 9
11 C大阪 39 10 9 11
12 札幌 39 11 6 12
13 33 10 3 16
14 G大阪 30 8 6 15
15 清水 29 6 11 12
16 湘南 27 5 12 12
17 徳島 23 6 5 18
18 仙台 22 4 10 15
19 大分 21 5 6 18
20 横浜FC 18 4 6 19

TOP SCORERS

2021明治安田生命J1リーグ
得点ランキング (第32節終了時点)

順位 選手名 現所属 得点
1 前田 大然 横浜FM 15
1 古橋 亨梧 神戸 15
3 レアンドロ ダミアン 川崎F 14
4 アンデルソン ロペス 札幌 12
4 ディエゴ オリヴェイラ FC東京 12
4 オナイウ 阿道 横浜FM 12
7 小林 悠 川崎F 10
7 チアゴ サンタナ 清水 10
9 荒木 遼太郎 鹿島 9
9 上田 綺世 鹿島 9

※上位10名を表示